有意水準とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 水準 > 有意水準の意味・解説 

有意水準 level of significance; significance level

 統計的仮説検定を行う場合に,帰無仮説棄却するかどうか判定する基準。5% あるいは 1% がよく使用される。有意水準5% で検定を行うということは第 1 種の過誤をおかす危険率が 5% であることを意味する。すなわち,同様の調査検定を行うと,20 回に 1 回は得られた結論誤っていることを表す。「有意水準 α で検定すると有意な差が認められた」ということと,「危険率 α のもとで有意な差があるといえる」は同じような意味で使用される。
詳しくは,検定概念参照のこと。

有意水準


 作業仮説から帰無仮説と対立仮説決められ,調査デザインに合った検定法選択されると,次に決定すべきものは,有意水準である。
 調査データ基づいて帰無仮説正しいという条件のもとで,ある検定統計量計算されると,その統計量分布理論的求められる
 パラメトリック手法においては例えt 分布,χ2 分布F 分布正規分布がその代表的なものである
 ノンパラメトリックな手法においては帰無仮説の下で生ず全ての場合数え上げることによりその分布定められることが多い。
 いずれの場合でも,ある 1 回の調査により得られたデータから統計量計算し, その値以上の統計量が得られる確率(これを 有意確率 または P 値 という)を求めることがその本質である。
 もし,有意確率がある値より小さければ,“H0正しい”ということが疑わしくなる。 ひいては H1正当性支持されることになる。
 では,どの程度小さけれH0棄却H1採択)したらよいかという基準が 有意水準 と呼ばれるのである。これを α で表す。
 通常 α としては 0.05,0.01,0.001 のいずれかが用いられる。 α = 0.05 というのは,同じような状況下で検定を行うと 20 回に 1 回は決定を誤る危険性があることを意味する。 あるいは,1 回の決定H0正しいにもかかわらず誤って H0棄却する確率が 0.05 であるということである。
 この誤り第 1 種の過誤呼び,この誤り犯す 危険率 と呼ぶこともある。

有意水準

母集団母数パラメーター) 1母集団特徴づける数値である。統計的推定 2とはそのような母数標本から推定する手続をいう。このような推定値標本誤差 3影響を受け、標本誤差大きさ程度一般的に標準誤差 4によって与えられる時に信頼区間 5という用語が用いられ、あらかじめ定められた確率の下で推定値がその中に落ちると期待される範囲を示す。二つ数値の差が偶然によって生ず確率が、有意水準 7呼ばれる所与数値より小さ場合、その差は有意差 6呼ばれる。たとえば、偶然によって生じる確率が0.05未満場合、その差は5%水準有意であるという。標本誤差加えて観測誤差 8あるいは回答誤差 8推定値影響与える。これらの誤差には通常面接誤差 9含まれるが、それは基礎データ収集される際に面接調査員によってもたらされる系統的誤差である。


有意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/20 09:44 UTC 版)

(有意水準 から転送)

有意(ゆうい, significance)は、確率論統計学の用語で、「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」ことを指す。




「有意」の続きの解説一覧





有意水準と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

有意水準に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有意水準」の関連用語

有意水準のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




有意水準のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2014 統計学用語辞典 All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS