有とは?

[1] 【有】 〔 bhava〕

〘仏〙
存在存在物。事物実在。 ↔
苦が存し,生死輪廻(しようじりんね)のある世界。 → 三有(さんぬ)
一回輪廻生死四つに区切ったもの。 → 四有
有見(うけん) 」に同じ。

【う】[漢字]

【 右 】
⇒ ゆう〔右〕 [漢]
【 宇 】 [音] ウ
ひさし。のき。屋根。家。 「 屋宇殿宇
そら。広がり天地四方。 「 宇内(うだい)宇宙気宇八紘(はつこう)一宇
【 有 】
⇒ ゆう〔有〕 [漢]
【 羽 】 [音] ウ
のはね。 「 羽化羽毛
出羽(でわ)国」の略。 「 羽後羽州羽前奥羽陸羽
【 迂[音] ウ
うとい。時勢にくらい。 「 迂遠迂闊(うかつ)迂愚迂言迂拙
[音] ウ
あめ。 「 雨滴雨天雨量降雨慈雨驟雨(しゆうう)雷雨霖雨(りんう)
めぐみや恩恵のたとえ。 「 雨露慈雨
の降るように落ちもののたとえ。 「 弾雨
【 紆[音] ウ
【 烏[音] ウ ・オ
からす。 「 烏合烏兎(うと)
黒い。 「 烏鷺(うろ)

ゆう いう [1] 【有】

あること。存在すること。 「無から-を生じる」
持つこと。持ちもの。所有。 「わが-に帰する
〘仏〙 「 (う) 」に同じ。
漢語名詞の上に付いて,…があるという意を表す。 「 -資格者」
▽↔

【ゆう】[漢字]

【 友 】 いう [音] ユウ
とも。ともだち。 「 友愛友誼(ゆうぎ)友軍友情友人友邦畏友(いゆう)学友旧友交友師友知友朋友ほうゆう盟友
【 右 】 いう [音] ユウ ・ウ
みぎ。 「 《 ユウ左右座右 」 「 《 ウ 》 右岸右折右腕右大臣右往左往
政治的に)保守的反動的傾向があること。 「 《 ウ 》 右傾右派右翼
助ける。 「 右筆ゆうひつ
尊重する。重視する。 「 右文ゆうぶん
【 由 】 いう
⇒ ゆ〔由〕 [漢]
【 有 】 いう [音] ユウ ・ウ
ある。存在する。また,存在するもの。実在。 「 《 ユウ有益 ・有害 ・有効 ・有能 ・有望 ・万有有意義 」 「 《 ウ 》 有無希有(けう)(きゆう)) ・中有未曽有(みぞう)無何有(むかう)有象無象うぞうむぞう
もつ。たもつ。手中にある。 「 共有国有私有所有
さらに。その上に。 「 一年有半 ・十有五年 」
【 佑いう [音] ユウ
たすける。たすけ。 「 佑助神佑天佑
【 邑いふ [音] ユウ
むらざと。 「 城邑都邑辺邑
領地封土。くに。 「 采邑さいゆう封邑
【 酉いう [音] ユウ
十二支第一〇。とり。 「 辛酉
【 勇 】 [音] ユウ
いさましい。いさむ。 「 勇敢 ・勇気勇士勇将勇壮勇断勇武勇猛義勇剛勇大勇忠勇沈勇蛮勇武勇
【 宥いう [音] ユウ
ゆるす。大目に見る。 「 宥恕(ゆうじよ)宥免恩宥寛宥
【 幽 】 いう [音] ユウ
奥深い。 「 幽雅幽境幽玄幽谷幽邃ゆうすい幽静
死者世界。 「 幽界幽鬼幽魂幽明幽冥(ゆうめい)幽霊
世間に出ない。ひそむ。 「 幽居幽人幽棲ゆうせい
とじこめる。 「 幽囚幽閉
かすか。 「 幽光幽香
くらい。 「 幽暗幽幽
【 祐いう [音] ユウ
たすける。たすけ。特に,神の助け。 「 神祐天祐福祐
【 悠 】 いう [音] ユウ
はるか。とおい。 「 悠遠悠久
ゆとりがある。 「 悠然悠長悠悠悠揚
【 郵 】 いう [音] ユウ
宿場。 「 郵駅郵亭
文書物品などの運送。 「 郵券郵政郵送郵袋郵便
【 揖いふ [音] ユウ
両手を胸の前で組み合わせ挨拶あいさつする礼。また,へりくだること。 「 揖譲一揖長揖
【 游いう [音] ユウ
およぐ。うかぶ。 「 游泳游禽ゆうきん回游浮游
〔「遊」に同じ〕 あそぶ。たのしむ。ぶらぶらする。 「 游俠(ゆうきよう)游子游士
【 湧 】 [音] ユウ ・ヨウ
がわき出る。わく。 「 湧水湧泉湧出(ゆうしゆつ)(ようしゆつ)) 」
【 猶 】 いう [音] ユウ
疑いためらう。 「 猶予
「…と同じようだ」の意を表す。さながら。 「 猶子
【 裕 】 [音] ユウ
ゆたかである。ゆとりがある。 「 裕福寛裕富裕余裕
【 遊 】 いう [音] ユウ ・ユ
楽しむ。心をなぐさめる。あそぶ。 「 遊宴遊戯遊興遊芸遊楽豪遊遊園地園遊会
酒色を楽しむ。 「 遊客遊郭遊君遊女遊蕩ゆうとう遊里
はたらいていない。ぶらぶらしている。 「 遊休遊俠(ゆうきよう)遊民
家を離れる旅をする。 「 《 ユウ遊学遊吟遊子遊説ゆうぜい遊覧遊歴回遊外遊周遊巡遊漫遊来遊歴遊 」 「 《 ユ 》 遊行(ゆぎよう)(ゆうこう)) ・遊山
離れ存在する。所属固定ていない。 「 遊軍遊撃遊星遊牧遊弋ゆうよく遊離浮遊
【 雄 】 [音] ユウ
おす。 「 雄蕊ゆうずい雄性雌雄
おおしい。強い。 「 雄偉雄勁ゆうけい雄渾ゆうこん雄姿雄心雄大雄図英雄姦雄かんゆう梟雄(きようゆう群雄
【 誘 】 いう [音] ユウ
さそう。 「 誘引誘致誘導勧誘
おびきだす。 「 誘拐誘惑
ひきおこす。 「 誘因誘起誘発
【 憂 】 いう [音] ユウ
うれえる。心をいためる。 「 憂鬱ゆううつ憂愁憂色憂悶ゆうもん憂慮杞憂(きゆう)一喜一憂内憂外患
【 融 】 [音] ユウ
とける。 「 融化融解融合溶融熔融
心がとけあう。 「 融然融和
とおる。流通する。 「 融資融通金融
【 優 】 いう [音] ユウ ・ウ
ゆったりしている。 「 優然優長
やさしい。上品で美しい。 「 優雅優柔優美優麗
てあつい。 「 優渥ゆうあく優遇優賞優待
まさる。すぐれる。 「 優位優越優者 ・優秀 ・優勝 ・優等優良優劣
役者芸人。 「 女優男優俳優
梵語音訳字。 「 優曇華うどんげ優婆夷(うばい)優婆塞うばそく


名字 読み方
あり
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
あり
ありさき
たもつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/18 02:33 UTC 版)

(う、尤、bhava、bhaava、sat、astitaa sanskrit)とは、何かが有る状態。対義語は

※「う」と読むのは、「呉音」(ごおん)読みから。仏教では通常、漢字を呉音読みする。

三有

(さんう、(ssnskrit) trayo bhaavaH)(しばしば「さんぬ」と連音される)
生きものの生存状態、生存領域。十二因縁では第10番目の、欲界色界無色界三界衆生輪廻していく状態を指す。

四有

(しう、(sanskrit) catvaaro bhaavaH)
衆生が輪廻転生する過程の、一サイクルを4つに分けて説明するもの。倶舎論 などに説かれている。

  1. 死んでから次の生を受けるまでの期間である中有(ちゅうう、antaraa-bhava)
  2. それぞれの世界に生を受ける瞬間を意味する生有(しょうう、upapatti-bhava)
  3. 生を受けてから死ぬまでの一生の期間である本有(ほんぬ、puurva-kaala-bhava)
  4. 死ぬ瞬間を意味する死有(しう、maraNa-bhava)

存在

((sanskrit) bhaava、sat、astitaa)
存在するもの、ものが存在する状態、存在すること、存在、存在性。
についての仏教の考えは多様で、実体として存在する実有、車や林のように部分の集合体として存在する仮有(けう)・施設有(せせつう)、真俗二諦の考えを背景とした「世俗有」「勝義有」などがある。

関連項目


有限会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/10 05:04 UTC 版)

( から転送)

有限会社(ゆうげんがいしゃ)とは、日本において過去に設立が認められていた会社形態の1つである。2006年(平成18年)5月1日会社法施行に伴い根拠法の有限会社法が廃止され、それ以降、有限会社の新設はできなくなった。

会社法施行の際に存在していた有限会社は、以後は株式会社として存続するが、従来の有限会社に類似した経過措置・特則が適用される。かかる株式会社の詳細は「特例有限会社」を参照。また、社名の変更も強制されないため、現在も有限会社を名乗る企業が多数存在する。

以下の記述は、有限会社法に基づく有限会社に関する歴史的記載である。条文は有限会社法。

概要

有限責任社員のみが、出資している。出資者は、出資に応じて社員権を有する。株式会社における株券のように、社員権を表象する有価証券の発行は認められない。この有限会社の制度は、イギリスの私会社 (private company) を参考にドイツにおいて閉鎖会社のための「簡易な株式会社」として発明されたGesellschaft mit beschränkter Haftung (GmbH) を、1938年(昭和13年)に制定され1940年(昭和15年)に施行された有限会社法において導入したものである。家内工業的な小規模で持分(株式会社でいう株式)の譲渡を予定しない閉鎖的な企業を法人化する場合に適した形態である。これは同族会社や個人企業が多いという日本の企業風土に相性が良い。しかも有限会社法1条2項により法人と明記されているので社会保険にも加入資格があり、またそれは義務となっている。

このような閉鎖型の「簡易な株式会社」は、国によってさまざまな立法例がある。アメリカ合衆国各州においてはコーポレーションのうち、閉鎖型コーポレーション (closely-held corporation) は公開コーポレーション (publicly-held corporation) とは異なる規制に服しており、イギリスにおいては有限責任会社 (limited company) のうち公開会社 (public company) 以外のものは私会社 (private company) として、やはり異なる規制に服する。これに対して、ドイツオーストリアスイスフランスルクセンブルク、かつての日本などにおいては株式会社とは別の企業形態として有限会社が置かれたわけである。なお、現在の日本では株式会社の一種として公開会社でない会社が閉鎖型の株式会社として規定されている。

2005年(平成17年)4月現在で登記されている有限会社は189万社あり、休眠会社を除くと143万社が国税庁の把握する課税対象としての法人数であった[1]

日本においては小規模会社として有限会社制度が利用されていたが、株式会社の制度の柔軟性を高めたことから、非公開会社であり、取締役会非設置会社である株式会社と区別する意義が薄くなり、2005年(平成17年)の商法改正2006年(平成18年)5月1日施行)において廃止された。

略する場合は「(有)」(銀行振込の場合は「ユ」)と表記される。

株式会社との差異

有限会社と同様に、有限責任社員のみからなる会社の形態(物的会社といわれる)として、株式会社がある。両者は親子のような関係にあって類似する点が多いものの、株式の公開や社債発行により市場から広く資本を調達する大規模な企業を想定した株式会社と、市場を通じた資金調達を予定しない小規模の企業を想定して作られた有限会社では、そもそもの基本理念として異なる点もある。概して有限会社は株式会社に比べて社員(従業員ではなく、出資者という意味での社員)の個性が重要視され(社員の入れ替わりを嫌う)、閉鎖性が高く(持分が社員以外の者に譲渡されることを嫌う)、設立手続や機関構成が簡略化されている。

設立の方法

規模に応じた規制

有限会社の設立手続は、発起人が出資して設立する形式(株式会社にいう発起設立)のみであり、株式会社の募集設立に相当する設立方法(出資者を公募する方法)が存在しない。そもそも、出資の引受人を公募することは認められていないのであって、完全な非公開会社を前提とする。このことは会社の利害関係人が少ないことを意味するから、設立時の利害関係人を保護するための設立の際の各種の規定が緩和されている。

最低資本金

株式会社の最低資本金1990年(平成2年)までが35万円、その後は1000万円であったのに対して、有限会社の最低資本金は1990年(平成2年)までは10万円、その後は300万円となった。どちらも(株式会社と比較して)有限会社の設立に対しては小額の資本金を求めており、これは有限会社が小規模企業を意識した企業形態であることを端的に示している。 2003年2月に新事業創出促進法が改正され、特例措置として資本金1円での株式会社や有限会社の設立が法的には可能となり、旧商法や旧有限会社法を統合して2006年5月に施行された会社法では、最低資本金制度は廃止された。

社員の数

前述のように有限会社は比較的小規模な企業を想定している。そのため、社員の数が50人以下に制限されており(8条1項)、持分の譲渡によってこの制限を超えた場合、その持分譲渡は無効とすらされる(19条8項)。また、有限会社の社員以外への持分の譲渡は社員総会の決議が必要である。他方、株式会社の社員は、株主であり、株式を取得しさえすれば株主になりうるから、社員(株主)の数に制限はなく、株式の譲渡も原則として自由である。

機関構成

有限会社では機関構成も簡略化されており、取締役は1名以上いればよく(25条)、そのため株式会社のように通常の取締役と代表取締役による機能の分化も見られない(27条参照)。任期は無制限である。監査役も置くことはできるが、必須ではない(33条1項)。これに対し公開会社の株式会社の場合は、取締役会が必須の機関となるため、取締役は3名以上、監査役1名以上、と最低4人の役員が必要である。また、株式会社の役員は任期が定められている。

社員総会

権能

有限会社の社員総会は、完全に万能の機関であり、いかなる事項についてであっても決議することができる。他方、株式会社において社員総会に相当する機関である株主総会は、取締役会を設置している場合は商法及び定款の定める重大な事項についてしか決議することができない。また、有限会社では社員の個性を重視するため、株式会社の株主総会に比べて特別決議における議決要件が加重されている(48条)。このことは株式会社と同様に資本多数決を原則としながらも、定款で定めれば合名会社合資会社と同様に社員の属人的な取り扱いを認めていることにも現れている。

招集の方法

有限会社の社員総会の場合は、通知は1週間前まででよく、また、必ずしも書面による必要はない。さらに、総社員の同意があれば、招集手続を省略することができる。これに対し株式会社において株主総会を開催するに当たっては、2週間前までに書面によって招集を通知する必要がある。なお後者については株式会社でも判例上同様に招集手続の省略が認められる場合もある。

資金調達

有限会社では市場を通じて資金調達することが予定されていない。つまり、株式会社のように株式を発行することで広く出資を募り社員を公募することができない(52条3項)。同時に、社債も発行することができない。これに直接の規定はないが、合併や分割に際して存続する有限会社に償還すべき社債が残存することを許さない規定が置かれていることからそのように理解されている。なお、会社法においては全ての会社において社債の発行が自由化される。

また、持分(株式会社でいうところの「株式」に当たる)を社員以外の者に譲渡する場合には社員総会での承認を必要とするため、持分の流通性を制限している。よって、流通性を高めるために必須である社員権の有価証券化も禁止されている(21条)。

なお、会社が金融機関から資金を借り入れる際、取締役(社長)が連帯保証人となるのが通常である。このため、有限会社の有限責任は有名無実化している場合も多い。

記号

有限会社を表すが「全角括弧付き有」としてUnicodeに含まれている。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3232 1-13-75 ㈲
㈲
全角括弧付き有
PARENTHESIZED IDEOGRAPH HAVE

有限会社制度廃止への経緯

有限会社は日本の企業風土に適合するといわれながらも、あまり活用されなかった。「有限」という名称のイメージが悪かったとも、「株式会社」という名前のブランド力に勝てなかったからともいわれる。事実、公共の建物における何らかの工事を一社で請け負う場合、信用力の面から有限会社を敬遠する動きもあった。そのため無理に株式会社の形態を採用した企業があふれた。そうした小規模な株式会社では、本来ならば自由に譲渡できるはずの株式についてその譲渡を制限する定款規定を設けることが恒常化した。法律上も、法に定められた株主総会その他の規定を無視する小規模会社をある程度法的に容認するため、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律(商法特例法)において小会社を認めた。こうして小規模な株式会社と有限会社の差異は設立時の最低資本金の額程度となってしまったため、結果として有限会社は独自の意義を失うに至った。

このような背景を踏まえ、会社法制定において有限会社制度は廃止されることとなった(2005年(平成17年)7月26日公布、2006年(平成18年)5月1日施行)。

改正法施行後は、現存の有限会社は会社体制に変更を加えなくても株式会社に移行するが、そのような場合は特例有限会社として商号中に有限会社の文字を残さなければならず、株式会社の文字は使用できないなど各種の特例措置が施されている(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律2条、3条等)。

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:第162回衆議院法務委員会 2005年(平成17年)4月19日法務省民事局長答弁より

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





有と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

有に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

有のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地方自治法施行60周年記念 香川県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

骨粗しょう症

ヤスリ

91式戦車橋

カツラ

長坂用水

シェーク

キュロットペチコート





有のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2017 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有 (改訂履歴)、有限会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS