最小クリーク被覆問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 最小クリーク被覆問題の意味・解説 

最小クリーク被覆問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/30 13:36 UTC 版)

計算量理論において、最小のクリーク被覆(クリークひふく、: clique cover)を求めることは、グラフ理論NP完全問題である。クリーク被覆問題はリチャード・カープによるオリジナルの21問題の1つで、そのNP完全性は1972年の論文 "Reducibility Among Combinatorial Problems"(「組合せ論的問題間の還元可能性」)に示されている。




「最小クリーク被覆問題」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「最小クリーク被覆問題」の関連用語

最小クリーク被覆問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宇宙開発事業団

オジサン

グラーチェ

ラクレット

桑摘籠

マイチョコウミウシ

アーリー&コーラ ハーフロック

釧路湿原国立公園





最小クリーク被覆問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最小クリーク被覆問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS