暴露新聞とは?

暴露新聞

原題:Scandal for Sale
製作国:アメリカ
製作年:1932
配給:ユニヴァーサル
スタッフ
監督:Russell Mack ラッセル・マック
原作:Emile Gauvreau エミル・ゴーヴロー
脚色:Ralph Graves ラルフ・グレイヴス

Robert Keith ロバート・キース
撮影:Karl Freund カール・フロイント
キャスト(役名
Charles Bickford チャールス・ビックフォード (Jerry Strong
Rose Hobart ローズ・ホバート (Claire Strong
Pat O'Brien パット・オブライエン (Waddell
Claudia Dell クローディア・デル (Dorothy Pepper
J. Farrell MacDonald J・ファーレル・マクドナルド (Treadway)
Harry Beresford ハリー・ベレスフォード (Brownie
Tully Marshall タリー・マーシャル (Simpkins
Hans von Twardowski  (Affner)
Jack Richardson ジャック・リチャードソン (Prosecuting Attorney)
解説
エミル・ゴーヴロー執筆小説から「大飛行船」のラルフ・グレイヴス改作し、ロバート・キース脚色し「楽園の大河」「蹴球大学」のラッセル・マック監督にあたり、「新聞街の殺人」「魔人ドラキュラ」のカール・フロイント撮影した映画で、主な出演者は「氷原の彼方」「ボルネオの東」のチャールズ・ビックフォード、「リリオム」」「ボルネオの東」のローズ・ホバート、「彼女の名誉」のバット・オブライエン、クローディア・デルJ・ファーレル・マクドナルドハリー・ベレスフォードなどである。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ボストン新聞編集長ジェリイ・ストロングはジャーナリズムの上から戦慄的な煽情主義好み、いつもその方針すすんでいた。だがある殺人事件の起こった時、彼と意見異にする経営主と論争遂に辞職するのやむなきに至った。そこでストロング手下ワッデル引連れニューヨークへ赴き、そこのコメット新聞編集長として就任した。彼は入社の際、同社経営主に煽情主義を以て発行部数二倍にすると誓った。その一着手としてある美人投票の不正を暴露して読者を釣ろうとした。この不正投票というのはジェリイ殊更仕組んだ狂言だったが手先につかっていたドロシーという女が裏切ったためジェリーは彼女を脅迫し、反って拘引されて了つた。彼の妻クレヤーはこれを心配し放免された良人種々かき口説いて心を翻えさせようとしたが少しの効力もなかった。アフナーという飛行士大西洋横断企てているのを知ったジェリイ第二の手段としてこれを後援部下ワッデル同乗させることにした。だが飽くまでもセンセーショナル記事求める彼はこれを平凡な飛行にしては面白くない思い出発秘かに給油器の一部を傷け、故意難航させようと計った。間もなく横断機は壯途に上ったが、大洋の真ただ中へ出たころ果して給油器は故障起しはじめた。刻々状況報告していたワッデルもこの時ようやく身が危険に晒されていることを気づき、これがジェリイ悪辣から出ていることを感づいた。搭乗者は海中飛び込んだ。しかしこのお陰でコメット紙は大変な売行だった。ジェリイはこの手柄によって莫大な金を貰った。しかしそれを手にした彼が喜んで帰宅すると妻のクレヤーは荷造りをしていた。彼は妻が自分の遺り口に愛想をつかして去るのだということを知った。この意外な出来事彼の良心呼び覚ました。それ以来ジェリイ生まれ変わった男になった。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暴露新聞」の関連用語

暴露新聞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コマンダー

近江八景

ユニホック

口蓋骨

しらはま丸

間四ケン

堆肥

G 650 Xcountry





暴露新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2017 Weblio RSS