暴走温室効果とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 暴走温室効果の意味・解説 

暴走温室効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/05 04:24 UTC 版)

暴走温室効果(ぼうそうおんしつこうか、英:runaway greenhouse effect)とは、射出限界を超えて惑星に太陽放射が入射されたときに、水蒸気の増加などによって大気の光学的厚さが著しく増加し、大気圏を有する惑星気温の著しい上昇が起こるとする説である。




[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤公紀『地球温暖化―埋まってきたジグソーパズル』日本評論社 2003年 ISBN 4-535-04821-5
  2. ^ D. Titov, M. Bullock et al., Radiation in the atmosphere of Venus: p121-138, in Exploring Venus as terrestrial Planet (2007) ISBN 0875904416
  3. ^ 鈴木広大他, 金星大気放射における吸収係数の評価, 第22回大気圏シンポジウム (2008)
  4. ^ 光田千紘, 金星大気の鉛直温度構造 (2003)
  5. ^ 鈴木広大他, 金星大気放射における吸収係数の評価, 日本気象学会2008年度春季大会
  6. ^ Venus Atmosphere Temperature and Pressure Profiles
  7. ^ 大気温度はどのように決まるか
  8. ^ G. V. Chilingar et al. (2008). “Cooling of Atmosphere Due to CO2 Emission”. Energy Sources, Part A 30 (1): 1-9. doi:10.1080/15567030701568727. http://www.mitosyfraudes.org/Calen9/Chillingar_Atm_Cooling_due_to_CO2.pdf. 
  9. ^ G. V. Chilingar et al. (2009). “Greenhouse gases and greenhouse effect”. Environmental Geology 58 (6): 1207-1213. doi:10.1007/s00254-008-1615-3. http://ruby.fgcu.edu/courses/twimberley/EnviroPhilo/GreenhouseGasesGreenhouseEffect.pdf. 
  10. ^ L. F. Khilyuk et al. (2004). “Global warming and long-term climatic changes: a progress report”. Environmental Geology 46 (6-7): 970-979. doi:10.1007/s00254-004-1112-2. http://ruby.fgcu.edu/courses/twimberley/EnviroPhilo/ProgressReport.pdf. 
  11. ^ John T. Houghton (2005). “Global Warming”. Reports on Progress in Physics 68: 1343–1403. doi:10.1088/0034-4885/68/6/R02. http://iopscience.iop.org/0034-4885/68/6/R02. "There is no possibility of such runaway greenhouse conditions occurring on the Earth.(p1350)" 
  12. ^ John T. Houghton, Global Warming : The Complete Briefing, 2d ed., Cambridge University Press (1997) ISBN 0521620899
  13. ^ Ken Caldeira and James F. Kasting (1992). “The life span of the biosphere revisited”. Nature 360 (6406): 721-723. doi:10.1038/360721a0. http://www.geosc.psu.edu/~kasting/PersonalPage/Pdf/Nature360_92.pdf. "They pointed out that, despite the current fossil-fuel induced increase in the atmospheric CO2 concentration, the long-term trend should be in the opposite direction: as increased solar luminosity warms the Earth, silicate rocks should weather more readily, causing atmospheric CO2 to decrease. In their model1, atmospheric CO2 falls below the critical level for C3 photosynthesis, 150 parts per million (p.p.m.), in only 100 Myr, and this is assumed to mark the demise of the biosphere as a whole." 


「暴走温室効果」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暴走温室効果」の関連用語

暴走温室効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

922SH

出版記念

300形

ボア×ストローク

蹄鉄

五重の壁

PC-8001

笹かまぼこ





暴走温室効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴走温室効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS