智月とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 智月の意味・解説 

智月

ちげつ

(~享保3年(1718)3月

智月

大津膳所門人膳所藩伝馬役川井佐左衛門<すけざえもん>の妻。なお、乙州は智月の弟であるが、彼女に実子がいなかったため養嗣子とした。
智月は、膳所滞在中の芭蕉身辺について何くれ無く面倒を見た芭蕉湖南での生活を好んだのは彼女のような親身支援してくれるサポーター存在があったためと思われる芭蕉が、智月を訪ねて詠んだ句「少将の尼の話や志賀の雪」がある。

智月宛書簡1(元禄3年1月19日)

智月宛書簡2(元禄3年7月23日)

智月宛書簡3(元禄3年9月10日)
智月宛書簡4(元禄4年1月19日)
智月宛書簡5  (元禄5年5月7日)

智月宛書簡4(元禄7年8月14日)

智月の代表作





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「智月」の関連用語

智月のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

智月

菅沼曲水

園女

宮崎荊口

坪井杜国

三上千那

谷 木因

高山伝右衛門





智月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2017 芭蕉DB All rights reserved.

©2017 Weblio RSS