景表法とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > 景表法の意味・解説 

不当景品類及び不当表示防止法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/04 13:55 UTC 版)

(景表法 から転送)

不当景品類及び不当表示防止法(ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじぼうしほう、昭和37年5月15日法律第134号)は、日本法律である。「景品表示法」や「景表法」とも呼ばれる。


  1. ^ 懸賞による景品類の提供に関する事項の制限 昭和52年3月1日 公正取引委員会告示 第3号/平成8年2月16日 改正
  2. ^ 日本果汁協会『果実飲料等の表示に関する公正競争規約規則』 第4条(1)ア
  3. ^ 不動産公正取引協議会連合会 『不動産の表示に関する公正競争規約施行規則』 第11条(10)


「不当景品類及び不当表示防止法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「景表法」の関連用語

景表法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




景表法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不当景品類及び不当表示防止法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS