昭和天皇とは?

しょうわてんのう せうわ -わう 【昭和天皇】 ○

1901~1989一二四天皇在位1926~1989)。名は裕仁ひろひと幼名迪宮(みちのみや)大正天皇第一皇子1921年大正10摂政となり26年即位在位64年に及び史上最長

昭和天皇 武蔵野陵
(しょうわてんのう むさしののみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第124
天 皇 名 :昭和天皇
しょうわてんのう
御   父 大正天皇
御   母 貞明皇后
御 陵 名 武藏野陵
むさしのみささぎ
陵   形 :上円下方
所 在 地 東京都八王子市長房町  武蔵陵墓地
交通機関等 JR京王高尾北口下車  東へ1.5km
陵印保管場所 多摩陵墓監区事務所

昭和天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 00:37 UTC 版)

昭和天皇(しょうわてんのう、1901年明治34年〉4月29日 - 1989年昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇[注釈 1](在位: 1926年昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。




[ヘルプ]

出典

  1. ^ 昭和天皇実録 第1、41ページ
  2. ^ 『昭和天皇実録・第一』宮内庁編、東京書籍、2015年、p.10。
  3. ^ 実録・第1、11-12ページ
  4. ^ 英国官報ロンドン・ガゼット
  5. ^ 皇太子裕仁親王攝政ニ任ス(大正10年11月25日詔勅、Wikisource-logo.svg 原文
  6. ^ a b 日本記者クラブ記者会見 アメリカ訪問を終えて 昭和天皇・香淳皇后両陛下 (PDF)”. 日本記者クラブ (1975年10月31日). 2006年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。
  7. ^ 1989年2月23日 読売新聞「『昭和天皇』副葬品明らかに ご採集の貝標本、大相撲番付表、ご愛用顕微鏡」
  8. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 32317. p. 3737. 1921年5月9日2016年7月21日閲覧。
  9. ^ “「昭和天皇実録」完成 編さん24年、1万2000ページ”. 東京新聞. (2014年8月22日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014082202000122.html 2014年8月24日閲覧。 
  10. ^ 真鍋光之; 古関俊樹 (2014年8月22日). “皇室:「昭和天皇実録」完成 両陛下に提出 60冊1万2000ページ−−宮内庁”. 毎日新聞 (はてな). http://b.hatena.ne.jp/entry/mainichi.jp/shimen/news/20140822ddm001040179000c.html 2014年8月24日閲覧。 
  11. ^ 『山階宮三代』下、山階会 編、精興社1982年、291頁。
  12. ^ 高橋(1988年)「昭和46年(1971年)4月20日の記者会見」175頁。
  13. ^ 高橋(1988年)「昭和53年(1978年)12月3日、須崎ご用邸での記者会見」266頁。
  14. ^ 高橋(1988年)「昭和57年(1982年)9月7日、須崎ご用邸での記者会見」330-331頁。
  15. ^ a b 1989年1月7日 読売新聞「昭和天皇のご生涯 戦争の暗い時代から平和の象徴へ多難な軌跡」
  16. ^ 宮内庁『昭和天皇実録 第1』598ページ
  17. ^ a b c d e f 『陛下、お尋ね申し上げます —記者会見全記録と人間天皇の軌跡』高橋絃著、文春文庫[要ページ番号]
  18. ^ 『本庄繁日記』昭和11年(1936年)2月27日付。
  19. ^ 藤田 (1961)「天皇の終戦秘密工作」43-54頁。
  20. ^ 木戸幸一 「時局ニ関スル重臣奉答録」『木戸幸一関係文書』 木戸日記研究会 編、東京大学出版会1966年、495-498頁。ISBN 413030013X
  21. ^ 藤田 (1961)「陽の目を見た近衛上奏文」55-67頁。
  22. ^ トーランド(1984年)「七部 耐え難きを耐え 1 ポツダム宣言受諾」205-213頁。
  23. ^ 藤田 (1961)「聖断下る」118-136頁。
  24. ^ 藤田 (1961)「異例、天皇の心境吐露」207-208頁。
  25. ^ a b シロニー(2003年)312頁。
  26. ^ Amino & Yamaguchi, `The Japanese Monarchy and Women', p.57.[要文献特定詳細情報]
  27. ^ Kanroji, Osanaga (1975) (英語). Hirohito : an intimate portrait of the Japanese emperor (1 ed.). Gateway Publishers, distributed in the U.S. by Japan Publications Trading Co.. p. 108. ISBN 0914594044. 
  28. ^ 甘露寺受長 『天皇さま』 日輪閣、1965年、207頁。全国書誌番号:65005358
  29. ^ シロニー(2003年)313頁。
  30. ^ 細川隆元 『天皇陛下と語る』 山手書房、1982年12月全国書誌番号:83047901。2014年8月 [要ページ番号]閲覧。
  31. ^ 三浦朱門監修 『』 海竜社2005年8月、年表。ISBN 4759308962
  32. ^ 2006年7月21日東京新聞朝刊[要文献特定詳細情報]、他に靖国神社内の遊就館にも展示がある
  33. ^ a b c d e f 1988年9月29日 朝日新聞「陛下ご闘病で自粛ムード 派手な服もダメ 市民生活にも広がる」
  34. ^ 1988年12月31日 読売新聞「'88社会 冷えびえ流行語 自粛ムードもここまでにいたしとう…」
  35. ^ 1988年10月08日 朝日新聞「V竜にナゴヤ酔う 興奮と熱気が街包む ビールかけ合い中止」
  36. ^ 1988年10月15日 朝日新聞「京都国体が開幕 陛下ご闘病中の「自粛」、最小限にとどめ」
  37. ^ 1988年10月18日 朝日新聞「自衛隊観閲式と自衛隊音楽祭を中止 防衛庁」
  38. ^ 1988年11月13日 朝日新聞「米ソも郷に従う 横田基地とソ連大使館(自粛の街を歩く)東京」
  39. ^ 1988年9月29日 朝日新聞「番組“自粛”に視聴者は複雑(アングル・あんぐる)」
  40. ^ 1988年10月06日 朝日新聞「大学祭、天皇陛下のご病状配慮の自粛は少数」
  41. ^ 1988年12月27日 朝日新聞「印刷業界が見慣れぬ年賀状(自粛の街を歩く) 東京」
  42. ^ 1989年1月7日 読売新聞「歌舞音曲控えて 協力要請を閣議決定/天皇陛下崩御」
  43. ^ 1989年1月9日 読売新聞「[SEE・SAW]昭和天皇“崩御編成”に各局苦心 音楽会中止、舞台は手直し」
  44. ^ 1989年1月10日 読売新聞「昭和天皇崩御で戸惑う各地の成人式 「晴れ着は?」など電話殺到」
  45. ^ 1989年1月8日 読売新聞「昭和天皇崩御 『お供』と87歳男性が後追い自殺/和歌山」
  46. ^ 1989年1月9日 毎日新聞「『一兵士としてお供』と昭和天皇の後追い自殺-茨城」
  47. ^ 1989年1月13日 読売新聞「また昭和天皇の後追い自殺 38歳男性が割腹し/福岡・博多」
  48. ^ 1989年3月4日 朝日新聞「昭和天皇の後追い自殺 東京・大塚で短銃使い旧軍人」
  49. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 編 『NHK年鑑’89』 日本放送出版協会1989年、81-86頁。ISBN 4140071567
  50. ^ 小田部雄次 『天皇・皇室を知る辞典』211項(東京堂出版・2007年)
  51. ^ a b 早野透 「(97)昭和天皇」『100人の20世紀』下、朝日新聞社 編、朝日新聞社〈朝日文庫〉、2001年9月、445頁。ISBN 4022613513
  52. ^ 『皇族 天皇家の近現代史』小田部雄次 中公新書 2011
  53. ^ “米側の昭和天皇政治利用に外相が「迷惑千万」 外交文書公開”. MSN産経ニュース. (2013年3月7日). オリジナル2013年3月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130310040504/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030711450008-n1.htm 2013年3月7日閲覧。 
  54. ^ 2013年2月28日外務省公開日本外交文書 http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/k_i_column/kyoin/kyoin_hiroshimasuda_01.html
  55. ^ a b 1989年1月8日 朝日新聞「亡き陛下の思い出 - 側近らが語る」
  56. ^ 歴史秘話ヒストリア|2015/02/25(水)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年2月26日閲覧。
  57. ^ 吉田(1985年)254頁。
  58. ^ 吉田(1985年)208頁。
  59. ^ 橋本明 「1945年3月6日に皇太子へあてた手紙」『昭和抱擁 : 天皇あっての平安 : 戦後50年・年譜の裏面史』 日本教育新聞社、1998年4月ISBN 4890552081[要ページ番号]
  60. ^ 中曽根康弘 『自省録 : 歴史法廷の被告として』 新潮社2004年、71-72頁。ISBN 4-10-468701-4
  61. ^ 芦田均 「1947年7月18日、1947年7月22日」『芦田均日記』第2巻、進藤栄一下河辺元春編纂、岩波書店、1986年2月ISBN 4000087525[要ページ番号]
  62. ^ 2015年4月18日21時NHK総合放送NHKスペシャル『戦後70年 ニッポンの肖像 日本人と象徴天皇「第一回」』
  63. ^ 伊勢雅臣 (2000年). “JOG(136) 復興への3万3千キロ”. 2014年8月22日閲覧。
  64. ^ 2015年7月31日中日新聞朝刊4面「昭和天皇 蒋介石を支持 米文書で判明 異例の政治的発言」
  65. ^ 入江相政日記241頁
  66. ^ 城山英巳『中国共産党「天皇工作」秘録』8頁、文春新書
  67. ^ 佐藤振寿「不許可となった写真たち」 『一億人の昭和史10 不許可写真史』 毎日新聞社 1977年 243~247頁
  68. ^ 2007年5月1日・同2日 日本経済新聞「富田メモ抜粋」
  69. ^ 女性自身編集部 編 『昭和の母皇太后さま : 昭和天皇と歩まれた愛と激動の生涯 : 保存版』 光文社2000年7月、99頁。ISBN 4334900925
  70. ^ a b c 毎日新聞社 編「崩御昭和天皇 : 激動87年のご生涯のすべて」、『毎日グラフ』緊急増刊第2045号、毎日新聞社、1989年1月21日、 136-137頁。
  71. ^ 女性自身編集部 編 『昭和の母皇太后さま : 昭和天皇と歩まれた愛と激動の生涯 : 保存版』 光文社、2000年7月、138頁。ISBN 4334900925
  72. ^ 1990年1月17日 読売新聞「[天皇への道]5 誕生(中)万感の思い込め『よかったね』」
  73. ^ 高橋(1988年)「昭和62年(1987年)4月21日、吹上御苑での記者会見』383-384頁。
  74. ^ 1987年9月28日 読売新聞「麻酔からさめ、陛下最初のお言葉 『良宮は…』 手順後順調な回復」
  75. ^ 毎日新聞社 編「崩御昭和天皇 : 激動87年のご生涯のすべて」、『毎日グラフ』緊急増刊第2045号、毎日新聞社、1989年1月21日、 147頁。
  76. ^ 河出書房新社 編 『河出人物読本 天皇裕仁』 河出書房新社、1983年8月。[要ページ番号]
  77. ^ 『アサヒグラフ増刊 天皇皇后ヨーロッパご訪問の旅』(朝日新聞社、1971年)91頁。
  78. ^ a b 田代 (2012) 104-113頁。
  79. ^ 田代 (2012) 18頁。
  80. ^ a b 田代 (2012) 170頁。
  81. ^ 早野透 「(97)昭和天皇」『100人の20世紀』下、朝日新聞社 編、朝日新聞社〈朝日文庫〉、2001年9月、446-449頁。ISBN 4022613513
  82. ^ a b 早野透 「(97)昭和天皇」『100人の20世紀』下、朝日新聞社 編、朝日新聞社〈朝日文庫〉、2001年9月、449頁。ISBN 4022613513
  83. ^ 1987年9月24日 読売新聞「[よみうり寸評] 天皇陛下の好物」
  84. ^ 阿川弘之「軍艦長門の生涯」[要文献特定詳細情報]
  85. ^ 吉田 (2000)224頁。
  86. ^ 吉田 (2000)228頁。
  87. ^ 杉戸祐子; 野呂法夫 (2008年6月26日). “昭和天皇の生活描く 海軍侍従武官の手記発見”. 東京新聞. オリジナル2008年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080626043555/http://www.tokyo-np.co.jp/feature/essay/ 2014年8月23日閲覧。 
  88. ^ 半藤一利、御厨貴、原武史 『卜部日記・富田メモで読む人間・昭和天皇』 朝日新聞社、2008年3月ISBN 9784022504036[要ページ番号]
  89. ^ 「われらが遺言・五〇年目の二・二六事件」、『文芸春秋』第64巻第3号、文芸春秋、1986年3月[要ページ番号]
  90. ^ 河出書房新社 編 『河出人物読本 天皇裕仁』 河出書房新社、1983年[要ページ番号]
  91. ^ 昭和天皇も「刑事コロンボ」のファンだった - 芸能ニュース nikkansports.com 昭和天皇もファン 昭和天皇も「刑事コロンボ」の大ファンで、訪米された際にフォークさんとの対面を求めたが実現しなかった。
    “自分がコロンボだったことも忘れ… ピーター・フォークさん、アルツハイマーかなり悪化していた”. MSN産経ニュース. (2011年6月26日). オリジナル2011年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110629051219/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110626/ent11062613080008-n2.htm 2014年8月23日閲覧。 
    昭和天皇もコロンボのファンで、1975年に訪米された際は、実現こそしなかったがフォークさんが昼食会に招待されたこともあった。
  92. ^ 【再録】1975年、たった一度の昭和天皇単独インタビュー ワールド 最新記事 ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
    ――(日本で人気のあった)アメリカのドラマ『刑事コロンボ』を陛下も見るそうだが、どんなところを楽しんでおられるのか。
    時間の都合がつかず、私自身はその番組を見ることはできませんでしたが、一般の国民が非常に楽しんで見たと聞いています。
  93. ^ 『文芸春秋』第90巻第3号、文芸春秋、2012年3月P320の3段組み行配列のうち2段目の5行目から下3段目の3行目まで。奥野修司「「皇室アルバム」を救った昭和天皇の一言」より
  94. ^ 毎日新聞社『天皇とともに50年』[要文献特定詳細情報]
  95. ^ 「海上保安庁全船艇史」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 NAID 40005855317
  96. ^ 永積寅彦 『昭和天皇と私 : 八十年間お側に仕えて』 学習研究社1992年4月ISBN 405106218X[要ページ番号]
  97. ^ 『昭和天皇語録』 黒田勝弘、畑好秀 編、講談社〈講談社学術文庫〉、2004年1月、332頁。ISBN 4061596314
  98. ^ 山本雅人 『天皇陛下の全仕事』 講談社〈講談社現代新書 ; 1977〉、2009年1月ISBN 9784062879774[要ページ番号]
  99. ^ Paul Manning (1989). Hirohito: The War Years. Bantam Dell Pub Group. ISBN 0553347950. [要ページ番号]
  100. ^ Sterling Seagrave, Peggy Seagrave (2003). Gold warriors : America's secret recovery of Yamashita's gold. Verso. ISBN 1859845428. [要ページ番号]
  101. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 32317. p. 3737. 1921年5月9日2016年7月21日閲覧。
  102. ^ The London Gazette: no. 33619. p. 4028. 1930年6月27日2015年9月27日閲覧。
  103. ^ [1]
  104. ^ Boletin Oficial del Estado
  105. ^ Naval History: Hirohito Showa.

注釈

  1. ^ 世数は皇統譜による
  2. ^ このとき万歳の音頭をとったのは富美宮・泰宮の御養育主任であった林友幸であるが、これは「その年の元日の参賀に一番乗りした人物が男性であれば産まれるのは親王だろう」と女官らが予想していたところ、林が一番乗りを果たし、その後実際に親王が誕生したたことを、彼が祝宴の間、自分の自慢話として話していて、それなら、と宮内大臣に音頭を取るよう促されたためだった。
  3. ^ (昭和とは)別の元号(光文)を予定していたが、正式発表前に外部に漏れ、東京日日新聞に発表されてしまったので昭和に変更したとの説もある(光文事件)。
  4. ^ 1929年(昭和4年)以降は皇居内で田植えを行った。
  5. ^ 当時、NHKの記者であった橋本大二郎(後に高知県知事などを歴任)は、藤森昭一宮内庁長官(当時)や当時の皇室医務主管(兼侍医長)が発表した経緯から、多臓器不全の状態だったのではないか、と語っている。また、腫瘍の原発部位が十二指腸なのか膵臓なのかが分からなかったようだとも語っている。
  6. ^ 木戸幸一日記』一月六日(土)下巻 一一六四頁。一月三十日(火)下巻 一一六七頁によれば、近衛が木戸に斡旋を求めている。上巻 三一頁の「解題」(岡義武による序文)によれば、木戸と宮内大臣松平恒雄とが協議し、重臣が個々に拝謁することになった。
  7. ^ 木戸が参内を制限していたため、近衛文麿が運動して重臣との会談を実現させたという説があるが、昭和天皇の侍従長を務めた藤田尚徳はこれを信じていない[19]
  8. ^ 議論は午前10時半からの最高戦争指導会議から2回の閣議、御前会議を経て全て終了したのが翌10日午前2時20分であった。会議により出席者は異なるが、最高戦争指導会議では受諾賛成が鈴木(首相)、東郷外相)、米内海相)、受諾反対が阿南陸相)、梅津(参謀総長)、豊田(軍令部総長)であった。御前会議ではこれに平沼(枢密院議長)が加わる。鈴木が六閣僚に意見を聞くと、平沼が軍代表に質問した後に賛成に回り、3対3となった。このとき平沼も天皇に御聖断を求めている。2時間にわたる会議の末に鈴木が行動を起した。
  9. ^ 全国の地方部隊にも、行事の中止・派手なイベントの自粛を通達している。
  10. ^ 中止したのは大妻女子大学(校舎が皇居近くにあるため)、防衛医科大学校(防衛庁からの行事自粛通知)[40]
  11. ^ 代わりに「謹迎新年」「清嘉新春」が使用された[41]
  12. ^ 日本では癌などの重篤な病名を告知するか否かが医療現場で問題となっている。
  13. ^ 崩御時の新聞号外にこれらの断り書きが記されている。毎日新聞ほか。
  14. ^ 6時36分18秒に緊急放送チャイムとともに「臨時ニュース」と表示されて全波同時放送になり、7時55分の宮内庁長官藤森昭一の崩御発表を受けて緊急放送チャイムとともに黒地に白で「天皇陛下 崩御」と表示された。
  15. ^ 緊急放送チャイムとともに「新元号決まる」と表示され、教育テレビ・ラジオ第2・衛星第2でも放送される。
  16. ^ 総合テレビ・教育テレビ・ラジオ第1・ラジオ第2・FM・衛星第1・衛星第2
  17. ^ 1989年(昭和64年)1月7日のNHK朝の『ワイドニュース』(6時36分から3時間24分間)の平均視聴率は32.6%、大喪の礼の日(2月24日)のNHK『ニューススペシャル・昭和天皇大喪の日』(8時30分から4時間40分間)の平均視聴率は44.5%を記録した(視聴率はビデオリサーチ関東地区調べによる)。
  18. ^ 沖縄タイムス琉球新報は、昭和天皇の死に際して、沖縄県民の反天皇感情から「崩御」の文字を使うことは天皇の神聖視と映るため、反発を招くと判断したため、「ご逝去」という表現をした。また日本新聞協会加盟の新聞社では、前述2紙の他に苫小牧民報日本海新聞長崎新聞も「ご逝去」として報道した。
  19. ^ 宮内庁の正式な発表による午前7時55分の死去を含む。
  20. ^ 皇太子の外遊の初例は、明治40年(1907年)の嘉仁親王(後の大正天皇)による大韓帝国訪問である。この当時の大韓帝国は日韓協約により、事実上大日本帝国保護国であったが、正式にはまだ併合前の「外国」であった。
  21. ^ これ以前に実現しなかった理由には、国事行為の臨時代行に関する法律が整備されていなかったという事情もあった。なお、1973年(昭和48年)、1974年(昭和49年)にも訪米が計画されたが、調整不足もあって実現には至らなかった。
  22. ^ 日本についてのアメリカンジョークとしても同様の内容が伝わる。
  23. ^ 結果は2人ずつのチームのプレーで英国側が1upであった[78]
  24. ^ ただし、事変直後ではない[80]
  25. ^ 植物学者として多くの植物の命名を行なった牧野富太郎は「雑草という名の植物は無い」という発言をしており、これとの関連を指摘する意見もある。雑草#関連発言







昭和天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「昭和天皇」の関連用語

昭和天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハイダルカナイト

ユニホック

フェースギヤ

ボンジイボウミウシ

ネルドリップ

大型化学車

出雲日御碕灯台

石鎚国定公園





昭和天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
宮内庁宮内庁
Copyright © 2017 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昭和天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS