映画_プリキュアオールスターズNewStage2_こころのともだちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 映画_プリキュアオールスターズNewStage2_こころのともだちの意味・解説 

映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/28 13:11 UTC 版)

映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』(えいが プリキュアオールスターズニューステージツー こころのともだち)は、2013年3月16日公開のアニメ映画。「プリキュアシリーズ」の歴代作品のクロスオーバー作品の第5作である。プリキュアシリーズの映画作品の第14作。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 前作『NewStage』に登場したキュアエコーを除く(なお、エコーに変身する坂上あゆみはモブキャラクターとしての登場)。
  2. ^ 声優はグレル役にはシリーズ初参加となる愛河里花子、エンエン役には『Yes!プリキュア5GoGo!』のモンブラン国王役などで過去のシリーズに出演経験がある玉川砂記子が起用される。
  3. ^ 再度アクセス、もしくは再読み込みをすることで見ることが可能。
  4. ^ TV本編ではこれとは異なり、ラケル・ランスと共に「生まれて直ぐ地球に来た」という設定となっている。
  5. ^ a b 本作品の映画パンフレットにて記載。
  6. ^ 相変わらず勉強ができないみゆきを「勉強した方が良いクル」と窘めるが、みゆきに「女王様の勉強は?」と返された。
  7. ^ 「どれどれ」を「どりどり」、「それは」を「そりは」と言うなど。
  8. ^ 着信メロディは『スマイルプリキュア!』の後期ED『満開*スマイル!』。
  9. ^ この場面で、みゆきが答案用紙を目の前に震え上がっているシーンでは、『スマイル』本編第16話の一部がインサートされている(ただし「ここ掘れワンワン」シーンはバックが変えられた)。
  10. ^ この中には、「DX3部作」での最終ボス(フュージョン、ボトム、ブラックホール)との大決戦シーンや、前作『NewStage』冒頭の再生フュージョンといった、過去に公開されたオールスターズ映画の一場面が記載されている。なお『NewStage』での再生フュージョンとプリキュア23名の戦いは、本編冒頭の「教習」場面にもインサートされた。
  11. ^ ただし、映画パンフレットなどでは『ドキドキ』のメンバーにも招待状が配られていた。なお、2014年3月に発売された『ドキドキ』の関連本「ドキドキ!プリキュア コンプリートファンブック」(学研パブリッシング)の「NewStage2」紹介頁には、パンフレットから流用した「『ドキドキ』メンバーが招待状を見る」場面が掲載されているため、断り書きを添えた。
  12. ^ 「TACO CAFE」「PANPAKAパン」「Doughnut Cafe」は『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』に、「Lucky Spoon」は『NewStage』にそれぞれ登場。
  13. ^ この「2段重ねのハートと2枚の羽根」は、プリキュア教科書の表紙や招待状にもあしらわれている。
  14. ^ この場面でも、『NewStage』プロローグでタルトがミラクルデコルライトを説明した場面がインサートされた。
  15. ^ 『ふたりはプリキュア / ふたりはプリキュア MaxHeart』から『フレッシュ』のシフォン、『ハートキャッチ』から『スマイル』のポップ。
  16. ^ 「影とグレルの会話を見たエンエンに、影が迫る」「坂上あゆみが級友と共に『PANPAKAパン』前を通る」「キュアサニーが『ドキドキスマイルミラクルボンバー!!』と叫ぶと、キュアロゼッタに突っ込まれる」など。また最後、グレル・エンエンの「絶対なれる!!」の台詞の場面はプリキュアパーティ場面に被され、その間の「グレル・エンエンが生徒妖精に囲まれる」「皆で学校を建て直す」場面も収録されていない。
  17. ^ なお、なぎさ(ブラック)の声ではなく、本名本人の声でナレーションを務めている。
  18. ^ 通常のプリキュア再放送枠(この時点では『フレッシュプリキュア!』)の放送を休止して放送。

出典

  1. ^ 月刊アニメージュ2013年4月号P.8
  2. ^ 『ドラえもん』がV2!『レ・ミゼラブル』はついに興収55億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年3月19日
  3. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  4. ^ [1][2]
  5. ^ 32人のプリキュアはいじめにどう立ち向かうのか「映画プリキュアASNS2」 梅澤淳稔Pに聞く1,エキレビ!,2013年3月15日
  6. ^ 公式ウェブサイト ストーリー
  7. ^ 月刊アニメージュ2013年4月号P.6
  8. ^ Berryz工房とプリキュアが緊急合体、日刊スポーツ、2013年3月3日
  9. ^ Berryz&プリキュアJR各駅に登場、日刊スポーツ、2013年3月5日
  10. ^ 「『映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』みどころいっぱいスペシャル!」より。
  11. ^ プリキュア新聞


「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「映画_プリキュアオールスターズNewStage2_こころのともだち」の関連用語

映画_プリキュアオールスターズNewStage2_こころのともだちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH002

ウォーレエメンタール8P

オペイク

天

ユニカール

William McKinley

古川享

きゃんべら丸





映画_プリキュアオールスターズNewStage2_こころのともだちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS