星野源とは?

星野 源

星野源の画像 星野源の画像
芸名星野 源
芸名フリガナほしの げん
性別男性
生年月日1981/1/28
星座みずがめ座
干支酉年
出身埼玉県
身長168 cm
体重60 kg
URLhttp://hoshinogen.com/
靴のサイズ26.5 cm
プロフィール埼玉県出身。気の合う友人であった戸田修輔に校内上演する自主演劇に誘われ、役者としての初舞台を踏す。以後いくつかの学生演劇出演する。高校生の頃から、オリジナルの歌を作り始める。2000年、インストバンド「SAKEROCK」を結成2003年舞台ニンゲン御破産』のへの参加きっかけに、大人計画所属その後轟天VS港カヲル』『ウーマンリブ先生』『七人恋人』『七人僕の恋人』など、大人計画公演多数参加同年TVドラマウォーターボーイズ』に出演2007年には、自身弾き語り収録したCDフォトブック『ばらばら』を発表同年テレビ東京去年ルノアールで』にてTVドラマ主演を果たす。2009年山田一郎制作したSAKEROCKMVホニャララ』が、SPACE SHOWER Music Video Awards 09のBEST CONCEPTUAL VIDEO賞を受賞2010年NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房』にヒロインの弟、飯田貴司役で出演近年主な出演作は、NHKLIFE!人生捧げるコント~』、映画『聖☆おにいさん』、舞台サッちゃん明日』など。
代表作品1年2015
代表作品1ドラマコウノドリ
代表作品2映画『地獄でなぜ悪い
代表作品3映画『箱入り息子の恋
職種タレント俳優女優/音楽
趣味・特技ギター/マンダリン/パーカッション/マリンバ/和太鼓

» タレントデータバンクはこちら

星野源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 13:24 UTC 版)

星野 源(ほしの げん[1][2]1981年1月28日[1][2] - )は、日本シンガーソングライター[2]俳優[2]文筆家[1][6]埼玉県蕨市出身[1][7]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i PROFILE”. 星野源 オフィシャルサイト. HOSHINO GEN. 2016年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 星野源 ほしのげん”. 日本タレント名鑑. VIP TIMES. 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 木村隆志 (2016年11月15日). “星野源「非イケメン」なのに絶大な人気の理由 「逃げ恥」が好評!「才能なし」なんて関係ない”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). http://toyokeizai.net/articles/-/145059 2016年12月1日閲覧。 
  4. ^ “星野源と二階堂ふみに交際報道 所属事務所がコメント”. modelpress. (2015年10月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1537708 2016年12月1日閲覧。 
  5. ^ “星野源が「CDショップ大賞」受賞、準大賞は水カン&WANIMA”. natalie. (2016年3月9日). http://natalie.mu/music/news/179177 
  6. ^ a b c 「文筆家」星野源 特集!【ダ・ヴィンチ2015年10月号】”. WEBダ・ヴィンチ ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA CORPORATION (2015年9月5日). 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ 星野源、NHK『SONGS』出演決定。川口市の母校を訪ねる”. rockin'on RO69. rockin'on holdings (2015年11月12日). 2016年12月1日閲覧。
  8. ^ a b c SAKEROCK”. SAKEROCKオフィシャルサイト. 2015年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  9. ^ a b c 星野源 所属事務所移籍のお知らせ”. 星野源オフィシャルサイト. 2015年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  10. ^ a b 『ばかのうた』星野 源 インタビュー - CINRA.NET
  11. ^ 星野源 ブレークの余波…ファン殺到で実家ジャズバー閉店!”. 女性自身 (2016年11月30日). 2016年11月30日閲覧。
  12. ^ “SAKEROCK10年の10大事件をメンバーみずから解説!”. http://tower.jp/article/series/2010/12/20/72995/73167 2015年2月17日閲覧。 
  13. ^ “細野晴臣 テレビブロスで新連載スタート”. http://natalie.mu/music/news/3218 2015年2月17日閲覧。 
  14. ^ “MVA 2009”. http://mva.jp/about/history/2009/ 2015年2月17日閲覧。 
  15. ^ “「CDショップ大賞」入賞作品にandymori、サカナ、かまってちゃん、世界の終わり、The Mirrazら”. Ro69. (2010年12月2日). http://ro69.jp/news/detail/43650 
  16. ^ “エピソード 星野源 ORICON STYLE”. http://www.oricon.co.jp/prof/324291/products/930733/1/ 2015年2月17日閲覧。 
  17. ^ “第4回CDショップ大賞”. http://www.cdshop-kumiai.jp/?page_id=2688 2015年2月17日閲覧。 
  18. ^ “いつも星野源を応援して下さっている皆様へ” (プレスリリース), 星野源 オフィシャルサイト, (2012年12月22日), http://www.hoshinogen.com/news/2012/12/post_33.html 2012年12月22日閲覧。 
  19. ^ くも膜下出血で手術の星野源が復帰/芸能速報/デイリースポーツ online - デイリースポーツ online 2013年2月28日
  20. ^ a b “星野源、病気治療のため再び活動休止”. ナタリー. (2013年6月24日). http://natalie.mu/music/news/93498 
  21. ^ 『星野源のラディカルアワー』6月28日(金)の放送をもって番組終了のお知らせ”. 2013年6月24日閲覧。
  22. ^ “星野源、再手術成功で退院 医師の「完治」報告に感激”. (2013年9月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2029072/full/ 2015年2月17日閲覧。 
  23. ^ “星野源、〈第5回TAMA映画賞〉最優秀新進男優賞を受賞”. (2013年10月10日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000182-bark-musi 2013年11月28日閲覧。 
  24. ^ “星野源『演出も自身で手がけた、復帰後初の日本武道館公演について語る!』”. (2014年2月25日). http://www.oricon.co.jp/special/955/ 2015年2月17日閲覧。 
  25. ^ 星野源「オールナイトニッポン」50周年記念ジングル制作”. 音楽ナタリー. 2017年1月4日閲覧。
  26. ^ a b c d 星野源「夢の外へ」インタビュー (1/4) - 音楽ナタリー Power Push” (2012年). 2014年9月22日閲覧。
  27. ^ 特集 ユニコーン、CDジャーナル、2009-02-25
  28. ^ 星野源、シークレットゲストも登場した横浜アリーナ公演をレポート!
  29. ^ 2014年6月21日放送回
  30. ^ 同級生のAV出演エピソードも!自由すぎる星野源の深夜ラジオ番組は今週も……”. M-ON! Entertainment Inc. (2016年9月11日). 2016年12月9日閲覧。
  31. ^ ミュ〜コミ+2014年6月16日放送分より。[1]
  32. ^ ミュ〜コミ+2014年6月16日放送分より。[2]
  33. ^ 第13回
  34. ^ 第15回
  35. ^ 星野源、不調でANN欠席 Mステではタモリの名前間違いに好対応もミュージックヴォイス 2016年9月20日配信
  36. ^ 星野源「なぜ“源”のあとに“太”を…」タモリ謝罪メールに感激ミュージックヴォイス 2016年9月27日配信
  37. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  38. ^ 第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞”. シネマトゥデイ (2014年1月21日). 2014年1月21日閲覧。
  39. ^ 2013年日本映画個人賞”. 第35回ヨコハマ映画祭. 2013年1月21日閲覧。
  40. ^ もっとも優れた男性ソロアーティストに授与される賞
  41. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  42. ^ 第8回CDショップ大賞2016”. 全日本CDショップ店員組合 (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  43. ^ 年間で最も優れたミュージックビデオに授与される賞
  44. ^ 【コンフィデンスアワード・ドラマ賞】「逃げ恥」が6部門独占 新垣結衣は2度目の主演女優賞TOKYO POP LINE(2017年1月20日), 2017年1月20日閲覧。
  45. ^ 伊丹十三賞 第9回受賞者(2017年)”. 伊丹十三記念館. 2017年4月17日閲覧。
  46. ^ 第9回伊丹十三賞 受賞スピーチ全文”. デイリースポーツ online (2017年4月17日). 2017年4月17日閲覧。
  47. ^ 星野源、第54回ギャラクシー賞 ラジオ部門「DJパーソナリティ賞」受賞決定”. ニッポン放送 (2017年4月28日). 2017年4月28日閲覧。
  48. ^ 2017年5月度月間賞”. 放送批評懇談会 (2017年6月20日). 2017年6月23日閲覧。
  49. ^ “星野源、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣と“契約結婚””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年8月17日). http://natalie.mu/music/news/198400 2016年8月17日閲覧。 
  50. ^ “星野源、“薬物前科者”役でWOWOW初主演「最もだらしなくてダメな人」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2087531/full/ 2017年3月16日閲覧。 
  51. ^ Generation Of Animation
  52. ^ 映画『箱入り息子の恋』公式サイト”. 2013年5月21日閲覧。
  53. ^ 星野源×尾野真千子×栗田貫一…『チェブラーシカ』監督の新作が来年2月に東北先行公開!”. シネマトゥデイ (2015年12月31日). 2016年1月6日閲覧。
  54. ^ “星野源、尾野真千子が声の出演「ちえりとチェリー」7月にチェブラーシカと同時上映”. 映画ナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/eiga/news/188882 2016年5月30日閲覧。 
  55. ^ 星野源×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」劇場アニメ化、「四畳半」メンバー再集結” (2016年12月15日). 2017年1月26日閲覧。
  56. ^ “星野源がフジテレビ「新堂本兄弟」に出演! オンエアは来年1月23日(土)23:15~”. Ro69. (2010年12月15日). http://ro69.jp/news/detail/44982 
  57. ^ 星野源、初出演「タモリ倶楽部」でエログロ発禁本談義”. 音楽ナタリー (2013年6月5日). 2017年9月2日閲覧。
  58. ^ 星野源、タモリ倶楽部で世界の珍スポット「奇界遺産」学ぶ”. 音楽ナタリー (2014年5月7日). 2017年9月2日閲覧。
  59. ^ 星野源、3度目の「タモリ倶楽部」で“マイナー急患対応マニュアル”学ぶ”. 音楽ナタリー (2015年8月6日). 2017年9月2日閲覧。
  60. ^ 斉藤和義と星野源が「タモリ倶楽部」お尻オーディションの審査員に”. 音楽ナタリー (2016年8月9日). 2016年12月21日閲覧。
  61. ^ 星野源、2週連続で『タモリ倶楽部』出演&「空耳アワード」の審査員に”. rockinon.com (2017年8月9日). 2017年9月2日閲覧。
  62. ^ 「スマスマ」で星野源×SMAPコラボ、三戸なつめもビストロに登場(ナタリー・2015年12月3日)
  63. ^ 星野源が『徹子の部屋』に出演!黒柳徹子の“恋ダンス”ポーズにびっくり”. TVLIFEweb (2017年4月7日). 2017年4月9日閲覧。
  64. ^ 星野源TV初の冠番組『おげんさんといっしょ』、長男役に細野晴臣 生セッションも披露”. Real Sound (2017年5月2日). 2017年5月4日閲覧。
  65. ^ “星野源、J-WAVEのラジオ番組「RADIPEDIA」のナビゲーターに”. Ro69. (2010年12月23日). http://ro69.jp/news/detail/45301 
  66. ^ 2016年9月19日の放送は、体調不良のため急遽Perfumeが代理で出演した。
  67. ^ 星野源、本人出演ユーキャンCM曲歌う”. ORICON STYLE (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  68. ^ a b 星野源「SUN」がアサヒビールTVCMでOA、声の出演も”. 音楽ナタリー (2016年1月3日). 2016年1月6日閲覧。
  69. ^ “星野源「ウコンの力」片手にダンス!新CM本日よりオンエア”. 音楽ナタリー. (2016年12月1日). http://natalie.mu/music/news/211468 2016年12月1日閲覧。 
  70. ^ “星野 源、5/27に新作リリース決定! 痛快ダンスナンバー『SUN』を発売”. Ro69. (2015年4月1日). http://ro69.jp/news/detail/121493 
  71. ^ “星野源、フジ『ノンストップ!』の新テーマ曲を担当”. ORICON STYLE. (2016年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2079228/full/ 2016年9月30日閲覧。 
  72. ^ 映画「森山中教習所」主題歌は星野源、劇伴はグッドラックヘイワ”. 音楽ナタリー (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  73. ^ フリーライター・ポルノ鈴木の結婚式の二次会のために製作した楽曲であり、作詞は山岸聖太が担当、歌はファミ通WAVE元編集長のルパン小島で、星野本人が歌ったバージョンも存在する。
  74. ^ 選抜高校野球:入場行進曲は星野源さんの「恋」”. 毎日新聞 (2017年1月11日). 2017年1月11日閲覧。
  75. ^ 星野源の“恋”が「春のセンバツ」行進曲に「やるぞという気持ちになってもらえたら」”. RO69 (2017年1月11日). 2017年1月11日閲覧。
  76. ^ “星野源 @ 渋谷クラブクアトロ”. Ro69. (2010年7月12日). http://ro69.jp/live/detail/37218 
  77. ^ “星野源、12月5日に東京キネマ倶楽部でワンマンライブ開催”. Ro69. (2010年10月5日). http://ro69.jp/news/detail/41183 
  78. ^ “星野源@東京キネマ倶楽部”. Ro69. (2010年12月5日). http://ro69.jp/live/detail/43801 
  79. ^ “法政大学多摩祭でフリーライブ、星野源、eastern youthらが出演”. Ro69. (2010年9月16日). http://ro69.jp/news/detail/40430 
  80. ^ “COUNTDOWN JAPAN 10/11星野源”. Ro69. (2010年12月30日). http://ro69.jp/quick/cdj1011/detail/46002 
  81. ^ “磯部正文、大槻ケンヂ、星野源が新宿LOFTでアコースティック共演”. Ro69. (2010年12月17日). http://ro69.jp/news/detail/45107 
  82. ^ “スペシャ主催イベント『VOICES』5月に開催、出演は星野源とハンバートハンバート”. Ro69. (2011年2月10日). http://ro69.jp/news/detail/47654 
  83. ^ 三代目JSB、星野源、マッキー、秦基博らドリフェス2日目の競演(ナタリー・2015年11月23日)
  84. ^ “星野源、最新エッセイ集で「逃げ恥」秘話や「紅白歌合戦」を語る”. スポーツ報知. (2016年12月20日). http://natalie.mu/music/news/213893 2016年12月20日閲覧。 


「星野源」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「星野源」の関連用語

星野源のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

島邑みか

DJBULL

山口康弘

佐野光洋

章平

林とう子

遠藤要

彦摩呂





星野源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2017 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの星野源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS