明石元二郎とは?

あかしもとじろう -もとじらう 【明石元二郎】 ○


明石元二郎 あかし もとじろう

明石元二郎の肖像 その1
明石元二郎の肖像 その2

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

明石元二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/07 19:01 UTC 版)

明石 元二郎(あかし もとじろう、元治元年8月1日1864年9月1日) - 大正8年(1919年10月26日)は明治・大正期の日本陸軍軍人陸軍大将正三位勲一等功三級男爵。第7代台湾総督福岡藩出身。夫人は国子、後妻に黒田信子(黒田一葦の娘)。




[ヘルプ]
  1. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ 『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』 PHP研究所、2013年、152頁。
  2. ^ 今井公雄「大国ロシアを震撼させた陰の将軍」『歴史群像シリーズ(日露戦争)』24 1991年平成3年)6月(リンク先の著者のウェブサイトで同記事が読める)
  3. ^ 『明石工作 謀略の日露戦争』丸善ライブラリー 1995年(平成7年)
  4. ^ 秦郁彦「明石元二郎の破壊活動は失敗した」『明治・大正・昭和30の「真実」』文藝春秋 2003年(平成15年)8月
    なお、同書では乃木希典についても司馬が揶揄したような愚将ではないことを実証的に主張した。
  5. ^ 稲葉千晴「スウェーデンに於ける日本の工作は失敗だったか~」北欧文化協会 2000年(平成12年)12月
  6. ^ 西原『スパイひみつ大作戦』、小学館入門百科 シリーズ37
  7. ^ 半藤一利・横山恵一・秦郁彦・原剛『歴代陸軍大将全覧(大正篇)』 中公新書ラクレ
  8. ^ ドミトリー・パブロフ(Dmitri Pavlov)名越陽子訳「[Foresight Nonfiction]日露戦争で暗躍した「もう一人のゾルゲ」」『フォーサイト』新潮社 2005年(平成17年)7月
    著者は1954年昭和29年)生まれ。モスクワ大学歴史学部卒、歴史学博士。投稿当時モスクワ工科大学教授。著書に『露日戦争』『メンシェビキ』『第一次ロシア革命』など。
  9. ^ 後に第8〜9期中華民国総統をつとめた李登輝京都帝国大学出身である。
  10. ^ ただし元の位置に正確に戻されたわけではなく、秘書官を務めた鎌田正威の墓前にあった小鳥居と並べて建てられている(日本李登輝友の会台北事務所[1])。
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1889年12月29日。
  12. ^ 『官報』第2558号「叙任及辞令」1892年1月13日。
  13. ^ 『官報』第3741号「叙任及辞令」1895年12月16日。
  14. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  15. ^ 『官報』第7808号・付録「辞令」1909年7月6日。
  16. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  17. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  18. ^ 『官報』第979号「叙任及辞令」1915年11月4日。
  19. ^ 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  20. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  21. ^ 『官報』第1799号「叙任及辞令」1918年8月1日。
  22. ^ 『官報』第5039号「叙任及辞令」1900年4月23日。
  23. ^ 半藤一利・横山恵一・秦郁彦・原剛『歴代陸軍大将全覧(大正篇)』 中公新書ラクレ
  24. ^ “古寧頭戦役60周年に日本の軍事顧問団関係者の家族らが台湾を訪問”. 台湾週報 (台北駐日経済文化代表処). (2009年10月27日). http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=114725&ctNode=3591&mp=202 2011年11月25日閲覧。 


「明石元二郎」の続きの解説一覧





明石元二郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

明石元二郎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「明石元二郎」の関連用語

明石元二郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

尾崎行雄

伊藤鶴吉

原田真義

川上操六

黒木為

曾禰荒助

大谷光瑞

三井三郎助





明石元二郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明石元二郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS