日本航空の労働組合とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本航空の労働組合の意味・解説 

日本航空の労働組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/02 02:43 UTC 版)

このページでは、日本航空の労働組合(にほんこうくうのろうどうくみあい)について述べる。




[ヘルプ]
  1. ^ 週刊朝日2007年3月9日号「驚愕のスクープ! JAL極秘客室乗務員監視ファイル 社内スパイ暗躍」
  2. ^ 「外国人乗員問題」 日本航空機長組合
  3. ^ 平成27年3月期 JALグループ 有価証券報告書等 (PDF)”. 日本航空 (2014年3月31日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ 日航、旧JAS系と統合へ 6労組に 共同通信2010年4月22日
  5. ^ 『JAL再建 組合とビジネスプランが大問題』 日経BPビズカレッジ2010年1月29日
  6. ^ a b 池田信夫エコノMIX異論正論『JAL年金問題は日本経済の縮図』ニューズウィーク2009年10月01日
  7. ^ 『乗員速報』2003年5月27日 日本航空乗員組合
  8. ^ 桐山秀樹『JAL崩壊! パイロットも需要減、再就職は…』 プレジデント2010年6月14日
  9. ^ 『Yahoo!ファイナンス』日本航空
  10. ^ 『日本航空再建問題についての見解』 (PDF) 日本航空キャビンクルーユニオン2009年11月10日
  11. ^ 『一連のマスコミ報道と日本航空再建計画について-抗議並びに申し入れ-』 (PDF) 日本航空キャビンクルーユニオン2009年9月14日
  12. ^ 『経営再建に向けた乗員組合の考え方』日本航空乗員組合2010年2月11日
  13. ^ a b 『パイロット搭乗時間保証カット 日航、高給温床の“特権”にメス』 フジサンケイ ビジネスアイ2010年6月9日
  14. ^ 『新人事賃金制度に関する8.27組合方針』 日本航空機長組合2010年8月27日
  15. ^ 『大阪・福岡基地閉鎖に関わる雇用問題について』 (PDF) 日本航空キャビンクルーユニオン2010年3月20日
  16. ^ 『「拠点閉鎖は整理解雇」日航方針に客室乗務員が大阪で会見』 産経新聞2010年4月6日
  17. ^ 「日航:退職強要禁止の仮処分命令申し立て-乗員組合が地裁に」ブルームバーグ
  18. ^ 日本航空台湾支店はわが国の関連する労働法令の規定を順守するよう訴える台湾行政院労工委員会労使関係処、2010年12月27日(中国語)レイバーネット日本による和訳文
  19. ^ 新規採用するなら復職協議を 日航解雇事件 ILOが追加勧告 しんぶん赤旗 2013年11月18日
  20. ^ 機構の不当労働行為認定=日航労組のスト権確立に介入-都労委時事通信
  21. ^ 日航側、経営危機でも献金 2250万円自民に 07~09年 しんぶん赤旗 2010年12月3日
  22. ^ 金曜アンテナ「放漫経営のツケを従業員に 日本航空が整理解雇を強行週刊金曜日2010年12月24日号
  23. ^ 人権とメディア「日航165人の不当解雇を擁護する全国紙社説 日航「整理解雇」集団提訴」 週刊金曜日2011年1月21日号


「日本航空の労働組合」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本航空の労働組合」の関連用語

日本航空の労働組合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

φ2.5 4極プラグ

A5525SA

石井 邦生

サフラワー油

ふくさ包み

大壁

ミズオオトカゲ

アグラ城





日本航空の労働組合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本航空の労働組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS