日本の経済とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の経済の意味・解説 

日本の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 20:34 UTC 版)

日本の経済(にほんのけいざい、Economy of Japan)は2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国中華人民共和国に次いで3番目に大きく[13]、PPP換算でもアメリカ合衆国中華人民共和国インドに次いで4番目に大きい[2]




[ヘルプ]
  1. ^ 内閣府『国民経済計算』内閣府 四半期別GDP速報 時系列表(平成23年1-3月期 2次速報値 名目(暦年)〈平成23年6月9日公表〉)”. 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database April 2011 Edition”. 2011年4月22日閲覧。1
  3. ^ 第1次産業は農林水産業、第2次産業は鉱業・製造業・建設業、第3次産業は第1次産業と第2次産業以外を指す。第3次産業には和を100%にするために便宜上、輸入品に課される税・関税、(控除)総資本形成にかかる消費税、(控除)帰属利子、統計上の不突合を算入している。矢野恒太記念会編 (2008) p.93 表7-5 経済活動国内総生産(暦年)
  4. ^ 総務省統計局 平成17年基準 消費者物価指数(平成20年8月29日公表)”. 2008年9月15日閲覧。
  5. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.71 表6-1 労働力と非労働力(大本は厚生労働省 労働力調査)
  6. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.73 表6-3 労働力調査による産業3部門別就業人口割合。第1次産業は農林水産業、第2次産業は鉱業・製造業・建設業、第3次産業は第1次産業と第2次産業以外を指す。
  7. ^ a b 総務省統計局〈2〉(就業状態、完全失業者数、完全失業率等)”. 2001年5月9日閲覧。
  8. ^ 財務省貿易統計 年別輸出入総額(確定値)”. 2012年12月4日閲覧。
  9. ^ 財務省貿易統計 最近の輸出入動向”. 2012年12月4日閲覧。
  10. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.379
  11. ^ 矢野恒太記念会編 (2008) p.368
  12. ^ 外貨準備等の状況(平成25年12月末現在)”. 2014年4月11日閲覧。
  13. ^ a b 日本のGDP、中国に抜かれ世界3位に”. CNN (2011年2月14日). 2017年10月7日閲覧。
  14. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.44-53
  15. ^ a b 内閣府『国民経済計算』〜昭和30年からの需要項目別一覧〜旧68SNA・平成2年基準のGDP_実質暦年(前年比)”. 2008年9月15日閲覧。
  16. ^ a b 金森・香西・加藤編 (2007) pp.30-32
  17. ^ 内閣府経済社会総合研究所_景気基準日付について”. 2008年11月22日閲覧。
  18. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.187-190
  19. ^ 1997年から続く「給料デフレ」 - 日本人の貧富拡大”. 2009年3月21日閲覧。
  20. ^ 景気動向指数研究会”. 2009年1月30日閲覧。内閣府経済動向指数研究会は2009年1月29日に、第14循環の景気の山を暫定的に2007年10月と決定した。
  21. ^ 5. Report for Selected Countries and SubjectsIMF公式サイト
  22. ^ 2008年1月18日 衆議院本会議 大田弘子国務大臣 日本経済研究室
  23. ^ [1] The World Bank(英語)
  24. ^ 国際収支状況Ⅰ.国際収支総括表s-1-3 四半期 財務省
  25. ^ 平成26年1月中 国際収支状況(速報)の概要 財務省
  26. ^ 国土交通省第5回自立地域社会専門委員会議事概要
  27. ^ 『日本は硬直的かもしれない しかし非効率ではない』2008年4月30日付配信 ファイナンシャルタイム
  28. ^ 総務省統計局HP 労働力調査 長期時系列データ 職業別就業者数[2]
  29. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.134 表13-6および脚注。農家の分類は、以下の通り(脚注より)「主業農家は農業所得が主(農家所得の50%以上が農業所得)で、準主業農家は農外所得が主のもので、いずれも65歳未満の農業従事60日以上の者がいる農家。副業的農家は65歳未満の農業従事60日以上の者がいない農家を言う。」
  30. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.136 表13-8 大本は農業構造動態調査。農業労働力(15歳以上)の高齢化(販売農家)によると1990年の調査では19.5%だった65歳以上の割合が、2006年には32.4%まで上昇している。
  31. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.132-133 大本は農業構造動態調査、欧米諸国はEU16ヘクタール、アメリカ合衆国178ヘクタール、オーストラリア3,385ヘクタールとのこと(農林水産省『2007年版食料・農業・農林白書』
  32. ^ a b c d e f g h i 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.146 表14-1 わが国の農作物収穫量
  33. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.148 表14-3 米の収穫量(水陸稲合計)(2007年産)
  34. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.151 表14-11 麦類の主産県の収穫量(2007年産)
  35. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.139 表13-13 食料の自給率の推移
  36. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.152 表14-13 わが国の小麦輸入先
  37. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.161-162 表14-32 野菜の主産地の生産量(2006年産)
  38. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.158
  39. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.159-160 表14-30 果物の生産量(2006年産)
  40. ^ 農林水産省 畜産統計(平成19年2月1日現在)〈平成19年7月20日公表〉p.47 大本は農林水産省統計部『畜産統計』による”. 2008年10月11日閲覧。
  41. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.172
  42. ^ a b c d e 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.169 表15-2 家畜の府県別頭数(2007年2月1日現在)
  43. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.170 図15 - 1 わが国の肉類供給量
  44. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.171 表15-6 わが国の生乳生産高
  45. ^ 農林水産省 平成19年牛乳乳製品統計調査(基礎調査)結果の概要 p.2”. 2008年10月11日閲覧。
  46. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.29 表2 - 2 国土利用の変化(2005年)
  47. ^ a b c d e f g h 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-43 漁業部門別生産量および生産額(昭和31年〜平成16年)”. 2008年10月11日閲覧。
  48. ^ 農林水産省 漁業生産額”. 2009年3月21日閲覧。
  49. ^ 農林水産省 平成19年漁業・養殖業生産統計”. 2009年3月21日閲覧。
  50. ^ 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-39 海面漁業の世帯数、世帯員数および就業者数(昭和28年〜平成15年)”. 2008年10月11日閲覧。 大本は〔資料〕 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課「漁業動態統計年報」「漁業センサス」「漁業就業動向統計年報」
  51. ^ 農林水産省 平成19年漁業就業動向調査結果の概要(平成19年11月1日現在)(平成20年3月31日公表)”. 2008年10月11日閲覧。
  52. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.179 表17-1 漁業種類別生産量と生産額
  53. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.184 表17-11 世界の漁獲量 大本のデータはFAO Fishstat "Capture prodution 1950-2005"
  54. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.181 表17-4 わが国の養殖業の魚種別収穫量
  55. ^ 財団法人矢野恒太記念会 pp.179-180
  56. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.182
  57. ^ 財団法人矢野恒太記念会 p.182 表17 - 6 わが国の主要水産物輸入高(2006年,2007年)
  58. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.192 工業製品出荷額に見る工業地帯の変化(大本は経済産業省「工業統計表 産業編」
  59. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.166-167
  60. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.246
  61. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.139-148
  62. ^ 震災で見直しを迫られる製油所の過剰設備削減(3) - 週刊東洋経済(2011年4月2日)、2011年9月16日閲覧
  63. ^ 新基準で「設備投資か削減か」迫られるエクソンやコスモ石油 - ブルームバーグ(2010年7月6日)、2011年9月16日閲覧
  64. ^ 石油(3)減少続くGS-経済ナビゲーター - 朝日新聞(2011年3月19日)、2011年9月16日閲覧
  65. ^ 【世界の製薬企業ランキング】減収もファイザーがトップ守る - 武田薬品が「100億ドルクラブ」に”. 2008年8月17日閲覧。
  66. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.153-154
  67. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) pp.271-273 表24-2 窯業・土石製品製造業の構成 (2007)
  68. ^ 読売新聞オンライン(2006年2月28日)「日本板硝子 英大手買収を発表”. 2008年10月4日閲覧。
  69. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.275
  70. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.273 表24-6 セメントの生産と輸出
  71. ^ "日本の長期統計系列 第8章 鉱工業 8-9-i 主要品目の生産量及び生産額 - セメント及び窯業製品の生産量及び販売額(昭和60年 - 平成15年)”. 2008年10月18日閲覧。
  72. ^ 印刷産業の現状と課題 (pdf) - 経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課(平成16年1月)、2011年9月17日閲覧
  73. ^ 『平成21年工業統計表』、経済産業省
  74. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) 表31-8 わが国の主要輸出品の推移 (2007年)によると、重電機器、電気回路用品、テレビ受像機、映像記録・再生機器、音響・映像機器部品、通信機、家庭用電気機器、電池、半導体等電子部品、電気計測機器、精密機械の輸出構成より算出。
  75. ^ 経済産業省HP 電気・電子分野の通商政策
  76. ^ 財務省 法人企業統計年次別調査”. 2008年10月17日閲覧。 電気機械器具製造業10億円以上より算出
  77. ^ 佐藤文昭 (2006) p.25 大手電機メーカー10社はNEC富士通日立製作所東芝三菱電機ソニー松下電器産業シャープ三洋電機パイオニア。大本の出所は日経NEEDSの情報を元にドイツ証券作成。
  78. ^ a b 橋本・長谷川・宮島 (2006) p.128
  79. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.236 表20-31 民生用電子機器の生産
  80. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.239 表20-34 日系企業による家電製品の海外生産(会計年度)
  81. ^ 日経エレクトロニクス2008年1月14日号「液晶軸にテレビ・メーカー再編、次の焦点はPDPの動向か」”. 2008年11月8日閲覧。
  82. ^ 日本半導体産業・復活への提言 - 経営者も技術者も「もうける決意」が必要だ - (日経エレクトロニクス2006年10月9日号)[3]
  83. ^ 日本半導体産業のジレンマ (3) - 技術とは何か?Technologyとは何か? - (前編)[4]
  84. ^ Gooカテゴリー検索[5]
  85. ^ 三菱UFJ銀行 経済・産業レポートとマーケット情報 2007年度:自動車[6]
  86. ^ ウォッチ・ザ・カンパンニー(ラジオ NIKKEI)[7]
  87. ^ 橋本・長谷川・宮島 (2006) pp.92-99
  88. ^ 日本経済新聞(2008年7月18日)ゼファーが民事再生法を申請 負債総額949億円”. 2008年8月24日閲覧。
  89. ^ 日本経済新聞(2008年8月14日)アーバンコーポが再生法申請 負債2558億円、08年最大の倒産”. 2008年8月24日閲覧。
  90. ^ 日本経済新聞(2008年10月9日)上場REIT、初の破綻 ニューシティ、負債1123億円”. 2008年10月25日閲覧。
  91. ^ CGC加入企業の売上規模は4兆2,428億円(2011年6月1日現在)。
  92. ^ 販売額、前年比 (pdf) - 日本チェーンストア協会(2011年4月25日)、2012年1月21日閲覧。
  93. ^ イオン、マルナカを440億円で買収 - 産経新聞(2011年10月5日)、2012年1月21日閲覧。
  94. ^ 「日本航空の経営改善のための有識者会議」の開催について”. 日本航空 (2009年8月18日). 2010年1月30日閲覧。
  95. ^ 株式会社企業再生支援機構による支援決定及び会社更生手続の開始決定等に関するお知らせ”. 日本航空 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  96. ^ 株式会社企業再生支援機構に対する再生支援申し込み及び支援決定、並びに会社更生手続開始申立て及び開始決定に関するお知らせ”. 日本航空、企業再生支援機構 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  97. ^ JALが会社更生法適用を申請、事業会社で戦後最大の破たん”. ロイター (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  98. ^ 更生計画の認可決定について”. 日本航空 (2010年11月30日). 2011年6月25日閲覧。
  99. ^ 日本航空等に対する出資決定について”. 企業再生支援機構 (2010年8月31日). 2011年6月25日閲覧。
  100. ^ 更生手続の終結決定について”. 日本航空 (2011年3月28日). 2011年6月25日閲覧。
  101. ^ 電気事業連合会統計委員会編 (2010) pp.45-45 1.発電電力量 9電力の発電量は昭和26年度(1951年度)には水力32,227百万kWh、火力7,011百万kWhだったが昭和40年度(1965年度)には水力55,335百万kWh、火力88,011百万kWhと逆転している
  102. ^ 首相、「原発推進」明記の意向 温暖化基本法案で”. 共同通信原子力安全・保安院 (2010年3月6日). 2011年6月25日閲覧。
  103. ^ 浜岡原子力発電所の津波に対する防護対策の確実な実施とそれまでの間の運転の停止について”. 経済産業省原子力安全・保安院 (2011年5月6日). 2011年6月25日閲覧。
  104. ^ 浜岡原子力発電所の運転停止要請への対応について”. 中部電力 (2011年5月9日). 2011年6月25日閲覧。
  105. ^ 全国で水道管の老朽化が進む。全体の6.2%が耐用年数超え - 世界の水事情、2010年5月12日(2011年9月11日閲覧)
  106. ^ mixiユーザー数2000万人突破 - J-CASTニュース、2010年4月14日
  107. ^ モバゲーvsグリー世界に誇るソーシャルゲーム2強のガチンコ実力比較 - 週刊東洋経済、2011年9月8日(2011年9月10日閲覧)
  108. ^ 新聞の流通・取引慣行の現状 - 公正取引委員会 (PDF) (2008年6月19日)、2011年9月20日閲覧
  109. ^ 新聞の発行部数と世帯数の推移 - 社団法人日本新聞協会、2011年9月20日閲覧
  110. ^ テレビ視聴率とメディアの利用の現在(1) - NHK文化研究所(2010年8月号)、2011年9月21日閲覧
  111. ^ 2010年の日本の広告費は5兆8,427億円、前年比1.5%減 - 電通(2011年2月23日)、2011年9月21日
  112. ^ 『会社四季報業界地図 2012年版』92・93ページ、東洋経済新報社(2011年9月15日)
  113. ^ a b コンテンツ産業政策 2000年、経済産業省資料
  114. ^ 『レジャー白書2011』、日本生産性本部(2010年)
  115. ^ デリヘルの経済学 - すべてのビジネスに応用できる究極のマーケティングノウハウ極秘公開!. こう書房. (2007年7月1日). ISBN 9784769609445. 
  116. ^ 日本のアダルトビデオは中国でどのように浸透していったのか? - 米華字紙”. レコードチャイナ (2011年2月14日). 2011年5月17日閲覧。
  117. ^ 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  118. ^ 総務省『労働力調査』
  119. ^ 総務省『労働力調査特別調査』
  120. ^ a b c d e OECD (2006-07-20). Economic Survey of Japan 2006 (Report). doi:10.1787/16097513. オリジナルの2015年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924130801/http://www.oecd.org/document/55/0,3343,en_2649_33733_37127031_1_1_1_1,00.html. 
  121. ^ 日本製品の品質低下をもたらした現場の軽視と行き過ぎたコスト削減”. ダイヤモンド・オンライン (2010年4月2日). 2013年1月28日閲覧。
  122. ^ OECD. OECD Employment Outlook 2008 - Statistical Annex. OECD, Paris, 2008, p. 358.
  123. ^ 3月の完全失業率は4・6%と変わらず、失業者数は304万人に増加”. 東洋経済オンライン (2011年4月28日). 2011年5月9日閲覧。
  124. ^ 第一生命経済研究所調査部 レポート[8]
  125. ^ 株式会社アイ・アールジャパン 平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(外国投資ファンド等の動向調査)に関する報告書 p.7.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本の経済に関連した本

「日本の経済」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の経済」の関連用語

日本の経済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高梁川

サシバ

ジョグZR

ヘアライン

スパッタリング

猟奇

角島灯台

FLTRX103





日本の経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS