文化大革命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 革命 > 文化大革命の意味・解説 

ぶん かだいかくめい -くわ- [6] 【文化大革命】

〔「プロレタリア文化大革命」の略〕
1966年に始まる中華人民共和国内の大規模思想政治闘争毛沢東林彪らは学生中心紅衛兵や軍を動員し,劉少奇国家主席ら党や行政の幹部を「資本主義の道を歩む実権派」(走資派)として実権を奪い,多数粛清者を出した。しかし,全国混乱がつづき,林彪失脚など内部対立はやまず,76年には天安門事件が起こるに及び,毛の死後77年終結宣言された。プロ文革文革

文化大革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/14 14:23 UTC 版)

プロレタリア文化大革命(簡体字:无产阶级文化大革命 繁体字:無產階級文化大革命)、通称文化大革命(ぶんかだいかくめい)は、中華人民共和国1966年から1977年まで続いた、「封建的文化、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しよう」という名目で行われた改革運動。略称は文革(ぶんかく)。




  1. ^ 『入門中国の歴史-中国中学校歴史教科書』1157頁 (明石書店 2001年11月発行)
  2. ^ 『解放軍報』(1980年12月9日)の記事「迫害狂・江青」
  3. ^ 『毎日新聞』1979年2月5日付記事。
  4. ^ 訳文は外文出版社版『毛主席語録』(1966年)による。文章の出典は「湖南省農民運動の視察報告」である。
  5. ^ 当時週刊朝日にいた稲垣武『朝日新聞血風録』(文藝春秋)も参照
  6. ^ 加々美 『歴史のなかの中国文化大革命』(岩波現代文庫2001年 ISBN 978-4006000448
  7. ^ 平岡正明「若松プロ、夜の三銃士」愛育社
  8. ^ “毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望”. 毎日新聞. (2009年11月12日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091113k0000m040079000c.html 
  9. ^ ヤンヤン (2009年12月9日). “【ワイドショー通信簿】「独法新設おかしい!」 仙谷大臣の反論は…”. J-CASTテレビウォッチ (ライブドア). http://news.livedoor.com/article/detail/4494734/ 2010年3月24日閲覧。 
  10. ^ ちなみに「中華人民共和国は国定教科書制度である」という意見がしばしば見られるが、すでに1980年代後半から教科用図書を多様化する改革が行われ、現在では教科用図書検定制度を導入している。諸外国における教科書制度及び教科書事情に関する調査研究報告書(財団法人教科書センター/2000年3月発行)
  11. ^ 『クローズアップ現代』NHK2012年5月21日放送分
  12. ^ “文革当時の中国切手1枚に4300万円、香港オークション 写真4枚 国際ニュース”. AFPBB. (2009年11月2日). http://www.afpbb.com/article/economy/2658748/4839318 


「文化大革命」の続きの解説一覧





文化大革命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「文化大革命」の用例一覧


文化大革命に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「文化大革命」の関連用語

文化大革命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




文化大革命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化大革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS