数珠繋図鍔とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 数珠繋図鍔の意味・解説 

数珠繋図鍔

じゅずつなぎ
江戸時代初期
丸形蔭透土手耳
縦;85.8ミリ横;85.2ミリ
同心円状大小突起連続させ、その鋳物のような地相見所とした、室町時代の鏡師の系統受け継ぐ金工の作。鏡師には、鋳造による鏡直し鍔がその違例としてあるが、この鍔は小田原覆輪鍔にみられるような打ち出しによる連続文様を表した真鍮の皮板で挟んだ、手溜まり頗る良い実用具。しっくりと手に馴染み表面突起滑り止めにもなるのであろう覆輪には亀甲文が廻らされ、渋い色合いの漆が塗り施されてその年月を重ね表情にも魅力がある。
数珠繋図鍔






数珠繋図鍔と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「数珠繋図鍔」の関連用語

1
94% |||||

数珠繋図鍔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

這龍図目貫

草図小柄

能道具図小柄

輪違松毬菊文図鐔

月烏図鐔

桐紋雁金鍵透図鐔

白梅図鍔

愛宕飛脚図鐔





数珠繋図鍔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS