散文とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文章 > 散文の意味・解説 

さん ぶん [0] 【散文】

韻律字数句法などに制限のない通常の文章をいう。小説随筆日記論文手紙などに用いられる文章。 ↔ 韻文

散文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/06 14:27 UTC 版)

散文(さんぶん)とは、小説評論のように、5・7・5などの韻律や句法にとらわれずに書かれた文章のことである。狭義には、そのようにして書かれた文学韻文反意語。散文で書かれたのことは散文詩と言う。また、散文的という言葉は「味気なく、情趣が薄い」という意味で使われることもある。






「散文」の続きの解説一覧

散文

出典:『Wiktionary』 (2011/07/11 17:56 UTC 版)

名詞

さんぶん

  1. 形式とらわれず全く自由文章





散文と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「散文」の関連用語

散文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フランス国立宇宙研究センター

イスト

白川水源

雌阿寒岳

カンマストローク

畝打組

肋椎関節

Golf Plus





散文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの散文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの散文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS