放射線ホルミシスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 放射線ホルミシスの意味・解説 

放射線ホルミシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/25 15:19 UTC 版)

放射線ホルミシスRadiation hormesis)とは、大きな量(高線量)では有害な電離放射線が小さな量(低線量)では生物活性を刺激したり、あるいは以後の高線量照射に対しての抵抗性をもたらす適応応答を起こす仮説である[1]トーマス・D・ラッキーによれば、電離放射線による被曝が慢性・急性のどちらの場合でも確認されている、と主張している[2]




  1. ^ a b c 「放射線ホルミシス」ATOMICA
  2. ^ ラッキー 2011 p.19
  3. ^ a b Luckey 1990 p.47
  4. ^ 新しい放射線の知識を学ぶ会『生命と放射線』(日本電気協会新聞部 1998年) pp.18-19
  5. ^ 少量の紫外線についてはウイルスの活性化、バクテリア胞子形成の誘発、カビの成長・発育・増殖の加速、酵母の成長と発酵の増加が報告されている( Luckey 1990 pp.120-122)
  6. ^ 新しい放射線の知識を学ぶ会『生命と放射線』(日本電気協会新聞部 1998年) p.17
  7. ^ 著作が出版されたのはスリーマイル島原子力発電所事故の起きた翌年の1980年であるが(ラッキー 2011 p.9)、記されたのは原発事故より前とされている。
  8. ^ Hormesis with Ionizing Radiation
  9. ^ 坂本 2011 p.56
  10. ^ Thomas D. Luckey (1980). Hormesis With Ionizing Radiation. CRC Press. ISBN 0849358418. 
  11. ^ a b Luckey T. D.,松平寛通(監訳):放射線ホルミシス、 ソフトサイエンス社(1990)、同:放射線ホルミシス(2),ソフトサイエンス社(1993)。東嶋和子著 『放射線利用の基礎知識』 講談社
  12. ^ T. D. Luckey (2008). “Atomic Bomb Health Benefits”. Dose Response 6. doi:10.2203/dose-response.08-009.Luckey. PMID 19088902. 
  13. ^ 放射線ホルミシスとは何か
  14. ^ Sue Wareham, “20. The Nuclear Industry: A History of Misleading Claims”, The Briefing Papers, energyscience, http://www.energyscience.org.au/BP20%20Misleading.pdf 2011年6月18日閲覧, "The nuclear industry, however, continues to downplay the risks and even promote the largely discredited notion of “hormesis”, the idea that a bit of radiation is good for us." 
  15. ^ Alexey V. Yablokov, Vassily B. Nesterenko, and Alexey V. Nesterenko (2009). Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) (paperback ed.). Wiley-Blackwell. p. vii. ISBN 978-1573317573. "When it became impossible to hide the obvious increase in radiation-related diseases, attempts were made to explain it away as being a result of nationwide fear. At the same time some concepts of modern radiobiology were suddenly revised. For example, contrary to elementary observations about the nature of the primary interactions of ionizing radiation and the molecular structure of cells, a campaign began to deny nonthreshold radiation effects. On the basis of the effects of small doses of radiation in some nonhuman systems where hormesis was noted, some scientists began to insist that such doses from Chernobyl would actually benefit humans and all other living things." 
  16. ^ BEIR VII – Phase 2 一般向けの概要 (PDF)
  17. ^ 低線量放射線被曝リスクをめぐる最近の動向──BEIR VII報告を中心として (PDF)
  18. ^ a b c d Science News Online 2007年1月20日記事邦訳
  19. ^ a b c d e f 財団法人 電力中央研究所 放射線安全研究センターによる放射線ホルミシス効果検証プロジェクト
  20. ^ 酒井一夫, 解明すすむ微量放射線の影響 (PDF) , 電中研ニュース401号
  21. ^ 放射線ホルミシス効果に関する見解 電力中央研究所 放射線安全研究センター 2014年6月13日
  22. ^ 坂本 2011 p.58
  23. ^ a b c 原子力青年ネットワーク連絡会『放射線ホルミシス』 (PDF)
  24. ^ 財団法人 電力中央研究所 放射線安全研究センターによる放射線ホルミシス効果検証プロジェクト
  25. ^ 児玉龍彦さん発言まとめ
  26. ^ 航空機乗務員の宇宙線に起因する放射線被爆の問題 4 JAL健康講演会について 放射線ホルミシスとは何か
  27. ^ 突然変異と細胞がん化の原因となる放射線誘発長寿命ラジカルの性質 (PDF)
  28. ^ 中村 (2011b) p.3
  29. ^ a b c ATOMICA 放射線のDNAへの影響
  30. ^ 中村 (2011b) p.1
  31. ^ 中村 (2011a) p.98
  32. ^ 中村 (2011b) pp.1-2
  33. ^ a b c d 中村 (2011b) p.2
  34. ^ 服部 2011 pp.91-92
  35. ^ 中村 (2011a) pp.99-100
  36. ^ 児玉龍彦さん発言まとめ
  37. ^ 放射線は癌を引き起こすか?
  38. ^ a b 中村 (2011a) p.100
  39. ^ 中村 (2011b) p.3
  40. ^ 低線量率放射線照射によるC57BL/6N マウスの免疫機能の変動 (PDF)
  41. ^ pp.6-7
  42. ^ あゆみ ― 放射線安全研究センター ―
  43. ^ センター設立趣旨 ― 放射線安全研究センター ―
  44. ^ a b Radon and cancer - 世界保健機関
  45. ^ a b Radon, Radiation Protection, U.S. Environmental Protection Agency
  46. ^ http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.1992.tb02342.x/pdf
  47. ^ Masaaki Mifune et al. (1992). “Cancer Mortality Survey in a Spa Area (Misasa, Japan) with a High Radon Background”. Japanese Journal of Cancer Research (2003年にCancer Science誌に改題) 83 (1): 1-5. doi:10.1111/j.1349-7006.1992.tb02342.x. 
  48. ^ Weimin Ye et al. (1998). “Mortality and Cancer Incidence in Misasa, Japan, a Spa Area with Elevated Radon Levels”. Japanese Journal of Cancer Research (2003年にCancer Science誌に改題) 89 (8): 789–796. doi:10.1111/j.1349-7006.1998.tb00630.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.1998.tb00630.x/abstract. "The mortality rates from all causes exhibited no difference between the elevated radon level area and the control area for both sexes." 
  49. ^ Weimin Ye et al. (2000). “Residential Radon Exposure and Lung Cancer Risk in Misasa, Japan: a Case-control Study”. Journal of Radiation Research 41 (2): 81-92. doi:10.1269/jrr.41.81. http://dx.doi.org/10.1269/jrr.41.81. 
  50. ^ ラッキー 2011 pp.61-92
  51. ^ a b c 多田 2011 p.106
  52. ^ アーリック 2004 p.92
  53. ^ 死因別死亡確率(厚生労働省)
  54. ^ 「主要疾患(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患)死亡率の地域差」(厚生労働省)
  55. ^ 輪嶋隆博 (2008). “放射線被ばくの説明の知恵 –「しきい値なし直線仮説」LNT:Linear No threshold Theoryを検証する–”. 日本放射線技術学会雑誌 (公益社団法人 日本放射線技術学会) 64 (11): 1404-1409. doi:10.6009/jjrt.64.1404. "近藤教授が国際専門誌に掲載された最近の疫学調査の論文やレポートをまとめて紹介しておられるので、一部を転用する6)。…(中略)…台湾の一般人のがん死亡率が1983年以降毎年増加の傾向を示すのに、被ばくした住民群では1983年以降激減の傾向をたどった。これが事実であるならば低線量慢性被ばくは、がん死亡を劇的に予防することを意味する10)。" 
  56. ^ 中村 (2011b) p.4
  57. ^ W.L. Chen et al. (2007). “Effects of Cobalt-60 Exposure on Health of Taiwan Residents Suggest New Approach Needed in Radiation Protection”. Dose Response 5 (1): 63–75. doi:10.2203/dose-response.06-105.Chen. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2477708/. "On the contrary, the incidence of cancer deaths in this population was greatly reduced—to about 3 per cent of the incidence of spontaneous cancer death in the general Taiwan public. In addition, the incidence of congenital malformations was also reduced—to about 7 per cent of the incidence in the general public." 
  58. ^ Su-Lun Hwang et al. (2008). “Estimates of relative risks for cancers in a population after prolonged low-dose-rate radiation exposure: a follow-up assessment from 1983 to 2005”. Radiation Research 170 (2): 143-148. doi:10.1667/RR0732.1. http://www.rrjournal.org/doi/abs/10.1667/RR0732.1. "Cases were identified from Taiwan's National Cancer Registry. Radiation effects on cancer risk were estimated using proportional hazards models and were summarized in terms of the hazard ratio associated with a 100-mGy increase in dose (HR100mGy). A significant radiation risk was observed for leukemia excluding chronic lymphocytic leukemia (HR100mGy 1.19, 90% CI 1.01–1.31). Breast cancer exhibited a marginally significant dose response (HR100mGy 1.12, 90% CI 0.99–1.21)." 
  59. ^ アリソン 2011 pp.120-121
  60. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、232頁。ISBN 4062572389。「まず、被ばく手帳をもっている人たちの間で、被ばく量が適当に増えると、死亡数(一九七〇~一九八八年間の合計)が、へる傾向にあるかどうかを調べた(7)。その結果、図Ⅵ7に示すように、男性の場合、五〇~一〇〇ラドを被ばくした人たちの全死亡数は、被ばくしていない人より約一〇%少ないことがわかった。しかし、この一〇%の利益効果は、統計的には有意でない。そこで、がん以外の病気による死亡で調べたところ、三五%も死亡数が少なかった。この三五%という値は、統計的に有意である。つまり、五〇~一〇〇ラドの放射線が男性に長生き効果を与えた。」
  61. ^ Evan B. Douple et al. (2011). “Long-term Radiation-Related Health Effects in a Unique Human Population: Lessons Learned from the Atomic Bomb Survivors of Hiroshima and Nagasaki”. Disaster Medicine and Public Health Preparedness 5 (1): S122-S133. http://www.dmphp.org/cgi/content/full/5/Supplement_1/S122. "Life Span Shortening. Median life expectancy decreased with increasing doses at a rate of about 1.3 years/Gy, but declined more rapidly at high doses.58" 
  62. ^ Evan B. Douple et al. (2011). “Long-term Radiation-Related Health Effects in a Unique Human Population: Lessons Learned from the Atomic Bomb Survivors of Hiroshima and Nagasaki”. Disaster Medicine and Public Health Preparedness 5 (1): S122-S133. http://www.dmphp.org/cgi/content/full/5/Supplement_1/S122. "It was estimated that at 1 Gy, the proportion of total life lost was roughly 60% from solid cancer, 30% from diseases other than cancer, and 10% from leukemia." 
  63. ^ ロバート・アーリック 『トンデモ科学の見破りかた もしかしたら本当かもしれない9つの奇説』 草思社、2004年2月、98-100頁。ISBN 4794212828。「ここで統計的に有意であると主張することの主たる統計的誤りは、統計的に有意とみなすためにどれだけ多くの標準偏差(x±nσ)を選んだかということにではなく、自分が探し求めているまさに当の効果を増幅させるために、全体的なデータのなかから特定の部分データを恣意的に選んで使っていることにある。」
  64. ^ ロバート・アーリック 『トンデモ科学の見破りかた もしかしたら本当かもしれない9つの奇説』 草思社、2004年2月、100頁。ISBN 4794212828。「たとえば、なぜ癌以外の病気の死亡率だけを考慮するのか?なぜ男性だけを考慮するのか?なぜ一九七〇~一九八八年のあいだだけの死亡を考慮するのか?なぜ広島ではなく長崎だけの被爆者を考慮するのか?その答えは、こうした特殊な選択をおこなわないかぎり、そのような効果は見られないからである。実際に、女性に関するデータ、癌による死亡についてのデータ、あるいは一九七〇~一九八八年以外の年における死亡のデータを調べてみれば、五〇~九九センチグレイの線量での相対危険度の減少は存在しない(むしろ増加している)。」
  65. ^ 近藤宗平 (2007年4月号). “放射線の功罪 - 放射線の危険性に対する防御 -”. Isotope News. p. 14. 2012年2月5日閲覧。 “中国広東省陽江県には,自然放射線が普通地区より約3倍高い地区が存在する 2)7)。この高自然放射線地区と比較するため,隣の恩平県に普通レベルの自然放射線地区(対照地区)を選んで,両地区のがん死亡数を1970~1986年間にわたって調べた7・8)。表1に示すように,毎年の自然放射線披ばく量が約3 mSV 高い高自然放射線地区のがん死亡率が対照地区より低い。この差は統計的に有意ではないが,年間被ばく線量が数mSV高くてもがん死亡リスク増加の危険はないことを示唆する。”
  66. ^ 近藤誠 『放射線被ばく CT検査でがんになる』 亜紀書房、2011年6月、161-162頁。ISBN 4750511137。「論文で最初に紹介し、ホルミシスの根拠としているのは、中国のある地域は、自然放射線量が周辺地域より低い、という疫学研究です。しかしこの研究は、調査期間を延ばしたところ、がん死率は周辺地域と変わりがなくなってしまった(元の論文は入手しにくいので、J Radiol Prot 2009;29:A29を参照した)。」
  67. ^ E. P. Ivanov et al. (1996). “Childhood leukemia in Belarus before and after the Chernobyl accident”. Radiation and Environmental Biophysics 35 (2): 75-80. doi:10.1007/BF02434028. 
  68. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、77頁。ISBN 4062572389。「実際は、白血病の発症率は事故前とおなじで、上昇しなかった。直線仮説による放射線防護用のリスク推定は、被ばく者にウソの被害を真実と思い込ませたことになり、その責任は大きい。」
  69. ^ 近藤宗平 『人は放射線になぜ弱いか 第3版 (ブルーバックス)』 講談社、1998年12月、244頁。ISBN 4062572389。「子どもの白血病の発病率は、Ⅱ章の図Ⅱ11にもとづいて記述したように、事故後八年間に増加していない。チェルノブイリ事故は、人類史上最大の発電用原子炉事故で、このような大量の放射性降下物汚染を被ばくした子どもに白血病の危険が発生しなかった。 したがって、万一に原発事故で放射能を被ばくした場合、白血病の心配は無用という確証がえられた。」
  70. ^ ロシア科学アカデミー原子力エネルギー安全発展問題研究所副所長(副島 2011 p.15)
  71. ^ 副島 2011 p.34
  72. ^ Andriy G. Noshchenko et al. (2010). “Radiation-induced leukemia among children aged 0-5 years at the time of the Chernobyl accident”. International Journal of Cancer 127 (2): 412–426. doi:10.1002/ijc.24834. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ijc.24834/full. 
  73. ^ 赤羽恵一 (1999), 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム「放射線と健康」印象記, “日本保健物理学会 NewsLetter”, 日本保健物理学会 (日本保健物理学会) 19: 8, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/pdf/n19.pdf 2012年2月3日閲覧, "また、Luckey 氏の線量応答曲線は、ホルミシスは全身照射が自然放射線レベルから 10Gy/y の間で生じ、許容値は「保守的に」1Gy/y としているが、これは、既存の放射線影響の報告とかけ離れた数値である。" 
  74. ^ 赤羽恵一 (1999), 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム「放射線と健康」印象記, “日本保健物理学会 NewsLetter”, 日本保健物理学会 (日本保健物理学会) 19: 8, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/pdf/n19.pdf 2012年2月3日閲覧, "さらに、服部氏からは「自然放射線の100 倍を自由に被ばくできる健康センター施設を全国につくりたい」という発言があった。それを作るためにはリミットは Luckey 氏の示す 1Gy/y が適当である、と主張する。" 
  75. ^ 服部禎男元電力中央研究所名誉特別顧問と意見交換, “一般財団法人 国家基本問題研究所”, 一般財団法人 国家基本問題研究所, http://jinf.jp/news/archives/4873 2012年2月3日閲覧, "服部氏は「国際放射線防護委員会(ICRP)の放射能安全基準はDNAの修復機能を無視している」と批判し、「がんはDNAの異常から発生するが、放射線量率が毎時10 ミリシーベルト(mSv)以下ならDNAは完全修復し、毎時100 mSv(あるいは毎時1000 mSv)以下ではがんにならないという学者の研究発表がある」と説明しました。" 
  76. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "This work was supported in part by the U.S. Department of Energy Low-Dose Radiation Research Program." 
  77. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS(2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 
  78. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "First, what is the lowest dose of x- or γ-radiation for which good evidence exists of increased cancer risks in humans? The epidemiological data suggest that it is ≈10–50 mSv for an acute exposure and ≈50–100 mSv for a protracted exposure." 
  79. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "Second, what is the most appropriate way to extrapolate such cancer risk estimates to still lower doses? Given that it is supported by experimentally grounded, quantifiable, biophysical arguments, a linear extrapolation of cancer risks from intermediate to very low doses currently appears to be the most appropriate methodology. This linearity assumption is not necessarily the most conservative approach, and it is likely that it will result in an underestimate of some radiation-induced cancer risks and an overestimate of others." 
  80. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "Fig. 2 shows low-dose risk estimates (2) for solid-cancer mortality in the atomic bomb survivors (1950–1997). The individuals in the dose category from 5 to 125 mSv (mean dose, 34 mSv) show a significant (P = 0.025) increase in solid-cancer-related mortality. It is possible that bias exists in these low-dose cancer-mortality risk estimates; for example, individuals nearer the blast might be more likely to have cancer recorded on their death certificates. Less potential for such bias exists in the cancer incidence studies, and the atomic bomb survivors in the dose range from 5 to 100 mSv (mean dose, 29 mSv) show a significantly increased incidence of solid cancer (P = 0.05) compared with the population who were exposed to <5 mSv (12)." 
  81. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS(2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 
  82. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "First, what is the lowest dose of x- or γ-radiation for which good evidence exists of increased cancer risks in humans? The epidemiological data suggest that it is ≈10–50 mSv for an acute exposure and ≈50–100 mSv for a protracted exposure." 
  83. ^ 財団法人環境科学技術研究所 放射線と白血病(線量率による違い)
  84. ^ 財団法人放射線影響協会「原子力発電施設等 放射線業務従事者等に係る疫学的調査」平成17年度~平成21年度(第IV調査) (PDF)
  85. ^ Our Stolen Future (OSF)記事 2005年6月15日
  86. ^ ジョーン・ピータソン・マイヤーズによる批判,OSF2006年10月5日邦訳
  87. ^ “Alice Stewart (UK)”, Right Livelihood Award, Right Livelihood Award Foundation, http://www.rightlivelihood.org/stewart.pdf 2011年6月18日閲覧, "While her earlier conclusions showed that there was no such thing as a harmless dose of radiation, these findings implied that all radiation protection committees had been grossly underestimating the number of cancers caused by background radiation and other low-dose situations." 
  88. ^ a b c “Editorial Board/Masthead”, Dose-Response, Assessing the Nature, Mechanisms, and Implications of Dose-Response Relationships: Welcome, Dose-Response, http://dose-response.com/pdf/FrontMatter.pdf 2012年2月5日閲覧。 
  89. ^ Janet Raloff PDF (PDF) Cite 概要の紹介 (2007). “Counterintuitive toxicity: Increasingly, scientists are finding that they can't predict a poison's low-dose effects”. Science News 171 (3): 40–42. doi:10.1002/scin.2007.5591710310. 
  90. ^ 訳:安間武 (掲載日:2005年10月1日). “公衆の健康政策決定のためのホルミシスは基本的に欠陥がある”. 化学物質問題市民研究会. 2012年2月5日閲覧。 “キャラブレスらがこの資金提供の結果、研究を歪めたという証拠はないが、彼らの文献の主な調査が統計的な有意さに基づく基準を用いていないことは不適切である。一方、彼らの研究を政策提言にまとめるやり方には明らかに偏向がある。まず簡単に低用量刺激の有害影響を認めるが、それからホルメティック概念を規制に適用することを主張するというやり方で基準をより緩和する方向に導く。 毒物学的論文に関する最近のふたつの調査は資金供与源が研究結果に非常に強く影響を与えるということを示している。カエルの発達に与えるアトラジンの影響に関する研究、及び、ビスフェノールAの低用量影響に関する研究においては、研究結果に強い経済的利害を持つところからの資金供与はその研究結果が都合が良い方向に強くバイアスをかけている。同様なことがホルミシス研究において起きているかどうか調査中である。”
  91. ^ The Nuclear Energy Option, University of Pittsburgh, http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/BOOK.html 2012年2月5日閲覧。 
  92. ^ 米国で開催された低線量放射線の健康影響についてのシンポジウム―経緯と概要―, 放射線と健康を考える会, http://www.iips.co.jp/rah/n&i/n&i_rsh2.htm 2012年2月5日閲覧。 
  93. ^ Founding Board of Directors and Officers, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/About/board_directors.html 2012年2月5日閲覧。 
  94. ^ Radiation, Science, and Health: Low Dose Radiation Health Effects, Hormesis, and Policy, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/index.html 2012年2月5日閲覧, "Government agencies suppress data, including radiation hormesis, and foster radiation fear." 
  95. ^ Radiation, Science, and Health: Low Dose Radiation Health Effects, Hormesis, and Policy, Radiation, Science, and Health, http://www.radscihealth.org/RSH/index.html 2012年2月5日閲覧, "Government agencies suppress data, including radiation hormesis, and foster radiation fear." 
  96. ^ 近藤宗平 (2003年2月), “序章 放射線を正しく怖がろう”, 低線量放射線の健康影響に関する調査, 安全安心科学アカデミー, http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/HELR.htm, "米国の非営利団体“ Radiation,cience & Health Incorporation ”は、放射線ホルミシス効果を示唆する証拠を世界中の文献・報告などから集め、科学的証拠に基づいて、過剰な放射線防護規制に抗議する運動を活発に行っている。" 
  97. ^ 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム, 日本保健物理学会, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/n18/13.html 2012年2月5日閲覧, "主催:「低線量放射線影響に関する公開シンポジウム」実行委員会 共催:(社)日本機械学会、米国機械学会、仏国原子力学会 後援:米国放射線・科学・健康協会(RSH)、(社)日本原子力学会、日本放射線影響学会、日本保健物理学会、(財)放射線影響協会、(財)原子力安全研究協会、(財)体質研究会、(財)原子力発電技術機構、(社)日本原子力産業会議、(財)日本原子力文化振興財団、(社)日本電機工業会、(財)電力中央研究所 協賛:電気事業連合会" 
  98. ^ シンポジウムの後援は、RSHの他に、日本原子力学会、日本放射線影響学会、日本保健物理学会、放射線影響協会原子力安全研究協会、体質研究会、原子力発電技術機構、日本原子力産業会議日本原子力文化振興財団日本電機工業会電力中央研究所[97]
  99. ^ 低線量放射線影響に関する公開シンポジウム, 日本保健物理学会, http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/newsletter/n18/13.html 2012年2月5日閲覧。 
  100. ^ Studies of the Mortality of Atomic Bomb Survivors, Report 14, 1950–2003: An Overview of Cancer and Noncancer Diseases






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

放射線ホルミシスに関連した本

放射線ホルミシスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「放射線ホルミシス」の関連用語

放射線ホルミシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




放射線ホルミシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放射線ホルミシス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS