撞球とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 撞球の意味・解説 

撞球

読み方:ドウキュウ(doukyuu)

ビリヤードのこと


撞球

読み方:つきたま

  1. 〔不〕撞球のことをいうタマツキの逆語。
  2. 撞球。球突き反転語。〔不〕

分類 不、不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビリヤード

(撞球 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/27 18:01 UTC 版)

ビリヤードbilliards: cue sports, billiard sports)は、室内で行われるスポーツ競技のひとつ。ビリアード撞球(どうきゅう)、球撞き玉突き(たまつき)とも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ 千葉国体資料:ビリヤード競技のご紹介
  2. ^ 「POOLPLAYER ISABU」(著:山下東七郎)によると、ビリヤードの才能の一つとして「決して揺れない心」と表現されている。
  3. ^ ロバートバーンが自著で語ったところによれば「ビリヤードの要素の大半は精神力と集中力で占められる」としている。ロバートバーン(1999) p.33
  4. ^ 日本では緑や青地のラシャを見かけることがほとんどであるが、赤やベージュといった色も存在する。
  5. ^ ポケットビリヤード用の9フィートテーブルはスレート重量も併せて総重量が400kg程度になる。
  6. ^ 9フィートサイズのポケットテーブルは概ね3枚のスレートで構成される。
  7. ^ 英語ではshotと表現されるが、日本では「打つ」と表現されることは少ない。
  8. ^ キャロム競技では黄色のものを利用している場合もある。また、ロシアン・ピラミッドでは的球が全て白色となっているためバーガンディなどの色を使っている。
  9. ^ 人によっては状況次第で利き腕と逆のフォームを作ってプレイする人もいる
  10. ^ ショット毎にどちらの白球でも自由に選んで撞いて良い「エニーエニー」と呼ばれるルールも存在する
  11. ^ NBAルールブック(初版、キャロムビリヤード競技規定 第2章 第2条 第3項、および第4項)
  12. ^ プールという言葉には長年悪いイメージがついていたが、それは競馬の「ノミ屋」を指す言葉 poolroom の意味合いが変化したため。観客がレースの合間に遊べるようにノミ屋達がビリヤード台を設置したことが始まりである。長い時間を経て poolroom は「ビリヤードをするための部屋」という印象が強くなり、ビリヤードは次第にギャンブル色が強いものへと認識されるようになった(以上はCUE'S(2006年5月号 p.114)の記述を参照)。また「pool」という単語自体にも「プール賭博」という意味がある。
  13. ^ Billiard Wave(2002/03/16放送)
  14. ^ 1950年代のアメリカでは10フィートサイズのものが公式テーブルとして採用されていた。(CUE'S(2007年7月号 p.25)を参照のこと)
  15. ^ [1]
  16. ^ 『キング・オブ・ザ・ハスラー』(谷津太郎)で詳しく描写されている。
  17. ^ 全日本ポケットビリヤード選手権大会は主なアマチュア全国大会の優勝者や、国内オープン戦のベストアマなどに限定される。
  18. ^ 袴田p.93
  19. ^ 新村p.1674
  20. ^ 作者死去のため未完という説が流れたが、実際は原稿を落とし続けたことで連載中止となった。1~4巻のみ刊行。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「撞球」の関連用語

撞球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

倭竹

連

5000系

排水性トップコート工法

沼袋の水

ベルサイユ宮殿

甘松

肋椎関節





撞球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビリヤード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS