摩擦帯電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 帯電 > 摩擦帯電の意味・解説 

摩擦帯電


摩擦帯電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/12 02:48 UTC 版)

摩擦帯電(まさつたいでん)とは、静電気現象の一種で、異なる二種の物質を擦り合わせることで、一方から他方へ電荷(多くの場合、電子)が移動して電位差を生じる現象である。摩擦に続いて物体同士を引き離す時、高い電圧が生じる。これら二つの過程をあわせて、一般には「静電気が発生する」などと表現される。また、生じた電気のことを摩擦電気とも言う。




「摩擦帯電」の続きの解説一覧





摩擦帯電と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「摩擦帯電」の関連用語

摩擦帯電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミヤコウミウシ

miniSD

TMAX

コリドラス・グリセウス

アガチス

EX-Z1200

勝沼・一宮のぶどう畑とワイン

梅樹透図鐔





摩擦帯電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2017 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの摩擦帯電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS