接着結合とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 接着結合の意味・解説 

接着結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/13 00:44 UTC 版)

接着結合(せっちゃくけつごう 英:adherens junction)。別名、アドヘレンス・ジャンクション、接着帯(zonula adherens、adhesion belt )、intermediate junction、"belt desmosome" 。多細胞生物細胞-細胞間接着および細胞-基質間接着の接着装置の1つである。細胞結合(anchoring junction)の大枠の下に3種類の中枠の結合様式がある。中枠の1つが固定結合で、固定結合の下にさらに2種類の結合様式があり、1つが接着結合である。接着結合は、「細胞接着」全部の代表格である




「接着結合」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

接着結合に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「接着結合」の関連用語

接着結合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アクリルビーズ

法要

TB

スーパースポーツ

ジョンコン

桜生水

甲州

ショートテニス





接着結合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接着結合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS