探偵文学とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 探偵文学の意味・解説 

探偵文学(たんていぶんがく)

探偵文学創刊号表紙1935年(昭10)3月創刊。探偵文学社発行。のちに発禁処分きっかけとして学芸書院古今荘に移る。
1934年(昭9)に「ぷろふいる」の寄稿家だった鮫島竜介(野島淳介)、荻一之介らが中心となって創刊した探偵作家新人倶楽部機関誌「新探偵」だったが、甲賀三郎に代表される本格探偵小説に偏っていたため、のちに評論中島親小説蘭郁二郎らが分派して創刊した。第二号は雑誌として初めて「江戸川乱歩号」と銘打った。
1936年(昭11)12月21冊で廃刊し、「シュピオ」に引き継がれた。写真は「探偵文学」創刊号表紙






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

探偵文学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「探偵文学」の関連用語

探偵文学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

探偵趣味

猟奇

探偵倶楽部

探偵小説

ヒッチコック・マガジン

別冊宝石

密室

探偵実話





探偵文学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。

©2016 Weblio RSS