振り逃げとは?

ふり にげ [0] 【振(り)逃げ】

( 名 ) スル
野球で,一塁走者がいない,または二死のとき,三振した球を捕手が捕りそこね,その間に打者一塁走りこんでセーフになること。

振り逃げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/20 13:16 UTC 版)

振り逃げ(ふりにげ)とは、野球において、捕手が第3ストライクが宣告された投球を正規に捕球できなかった場合に、三振で直ちにアウトになることを免れた打者が一塁への進塁を試みるプレイを指す俗称である。




  1. ^ 4 Strikeouts In 1 Inning : A Baseball Almanac Fabulous Feat
  2. ^ 楽天木谷が1イニング5奪三振の新記録 - 日刊スポーツ 2010年5月8日
  3. ^ 2009公認野球規則 2.15
  4. ^ a b c d 公認野球規則6・09(b)【原注】。メジャーリーグでは2006年、日本では2007年に改正された。それまでは、打者は三振でアウトになったと思い込んでベンチに戻ろうとしていた場合、ベンチに入るかベンチの階段に足がかかるまでは走塁放棄とは看做されず、途中で振り逃げできることに気づけば、その場所からスリーフットラインに入り一塁に向かって走塁して構わなかった。
  5. ^ 公認野球規則6・05(c)
  6. ^ なお、リトルリーグでは二死の場合でも振り逃げは認められていない。
  7. ^ ISBN 4-638-01124-1 『野球スコアブックのつけ方・新訂版』
  8. ^ ISBN 4-426-40049-X 『ザ・プロ野球 記録と話題の52年』(p.139)
  9. ^ Disputed call under microscope mlb.com 2005年10月13日
  10. ^ 【9月23日】1967年(昭42) 1回表で終わり!阪神が試合放棄 風呂に入った選手もいた!”. 日めくりプロ野球08年9月. スポーツニッポン. 2014年10月31日閲覧。
  11. ^ 公認野球規則4.15(d) 一時停止された試合を再開するために、球審がプレイを宣告してから1分以内に競技を再開しなかった場合、没収試合が宣告され、相手チームに勝利が与えられる。
  12. ^ パ・リーグ/BLUE BOOK
  13. ^ 振り逃げで一気に2者生還!広島“タナボタ”逆転勝ち スポーツニッポン2012年7月3日
  14. ^ 広島2ラン振り逃げ 虎悪夢の逆転負け ニッカンスポーツ2012年7月4日
  15. ^ 「あと1球…虎まさか 振り逃げで逆転負け」中日スポーツ
  16. ^ 2009年プロ野球試合結果 7月3日 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
  17. ^ 松田複雑「半分マン」…イチロー以来のサヨナラ振り逃げ スポニチAnnex 2014年5月7日
  18. ^ 26.審判員に対して規則適用上の疑義を申し出る場合 高校野球では、審判員に対して規則適用上の疑義を申し出ることは、主将、伝令または当該選手に限られている。監督が直接、審判員に対して規則適用上の疑義を申し出ることは本来認められない。
  19. ^ 悔しい敗戦を乗り越え栄冠を!「振り逃げ3ラン」で敗退の横浜高 47news 2007年08月01日
  20. ^ 東海大相模振り逃げ決勝進出/神奈川大会 日刊スポーツ、2007年7月29日







品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「振り逃げ」の関連用語

振り逃げのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




振り逃げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの振り逃げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS