指宿知林ヶ島の潮風とは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > 指宿知林ヶ島の潮風の意味・解説 

指宿知林ヶ島の潮風

鹿児島湾錦江湾)の入り口に浮かび、干潮時には砂の道(砂州)で薩摩半島陸続きになる無人島であり、砂州渡って多く観光客家族連れ訪れ潮の香り満喫している。また、島内では四季折々草花広く分布し、島の東南部では森林発達てきている。さらに、砂州及び知林ヶ島一帯は、自然海岸そのまま残されており、国立公園区域内に位置していることから、国や県と連携しながら海岸環境保全努めており、市民総出環境美化運動クリーン指宿」も年に2回行われている。
 
所在地 鹿児島県指宿市
かおりの源 潮、草花樹木
季節 一年中

指宿知林ヶ島の潮風





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「指宿知林ヶ島の潮風」の関連用語

指宿知林ヶ島の潮風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

愛媛西宇和の温州みかん

大石田町そばの里

なら燈花会のろうそく

北見のハッカとハーブ

厳島神社潮のかおり

那須八幡のツツジ

柳川川下りとうなぎのせいろ蒸し

登別地獄谷の湯けむり





指宿知林ヶ島の潮風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS