投壺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 遊び > 投壺の意味・解説 

つぼ なげ [0] 【〈投壺〉・壺投げ】

とうこ(投壺)

つぼ うち 【投・壺打ち】

「投壺(とうこ)」に同じ。 〔和名抄

とう こ [1] 【投壺

壺の中へ矢を投げ入れ,その数・入り方などで点を争う遊び中国周代始まり古く宴席での興とされた。奈良時代中国から伝わり,江戸時代再び盛行つぼうちつぼなげ

投壺

読み方:ツボナゲ(tsubonage)

左右に耳のある壺へ12本の矢を投げ込んで、そのいれ形や数で勝負決め遊戯


投壺

読み方:トウコ(touko)

矢を壺に投げ入れ勝負する遊戯一種

別名 つぼなげつぼうち


投壺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/25 05:04 UTC 版)

投壺(とうこ)は、中国の宴会の余興用のゲームである。壺(通常は金属製)に向かって矢(実際には木の棒)を投げ入れるゲームで、原理的には輪投げダーツに近い。


  1. ^ 『礼記』投壺「勝飲不勝者」
  2. ^ 『春秋左氏伝』昭公十二年伝「晋侯以斉侯宴。中行穆子相。投壺。」
  3. ^ 『西京雑記』巻5「武帝時、郭舎人善投壺。以竹為矢、不用棘也。古之投壺、取中而不求還。故実小豆於中、悪其矢躍而出也。郭舎人則激矢令還、一矢百余反、謂之為驍。」
  4. ^ 『顔氏家訓』雑芸「投壺之礼、近世愈精。古者実以小豆、為其矢之躍也。今則唯欲其驍、益多益喜。乃有倚竿・帯剣・狼壺・豹尾・竜首之名。」
  5. ^ 司馬光 『投壺新格』。 「世伝投壺格図、皆以奇雋難得者為右、是亦投瓊探鬮之類耳、非古礼之本意也。」
  6. ^ Culin, Stewart (1895). Korean games with notes on the corresponding games of China and Japan. University of Pennsylvania. pp. 65-66. 
  7. ^ 田中菊輔 『投壺指南』、1770年 (近代デジタルライブラリー、雑芸叢書(1915)第二所収)。田中菊輔は田中江南の子
  8. ^ 西沢一鳳 『皇都午睡(みやこのひるね)初編』、1850年


「投壺」の続きの解説一覧





投壺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「投壺」の関連用語

投壺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

秋楡

ミメット鉱

輸送容器

橈骨

BMW 3 シリーズ・カブリオレ

真名井の清水

本福寺

メキシコウサギ





投壺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの投壺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS