抉るとは?

えぐ・る ゑぐる [2] 【抉る・刳る・剔る】

( 動五[四] )
刃物などをつきさしぐるりと回してくり抜く。 「木を-・った
人の心に激し苦痛動揺などを与える。 「肺腑(はいふ)を-・る話」
[可能]えぐれる
( 動下二

くじ・る [2] 【抉る】

( 動五[四] )
穴に棒などを押し込んでかき回す。 「穴に棒をつっこんで-・る」
えぐって中の物を取りだす。 「眼(まなこ)を-・りて其眼玉をゑぐり/女房殺し
穴をうがつ。 「穴を-・り/竹取」

こじ・る [2] 【抉る】

( 動五 )
上一段動詞「こじる(抉)」の五段化〕
こじる(上一) 」に同じ。 「戸を-・って開ける」

さく・る [2] 【決る・抉る】

( 動五[四] )
地面に溝などを掘る。 「は挫(くじ)けて其先が庭の土を-・つた/土 」 「横しまの源うなかみを-・り,海に通はせ/日本書紀 仁徳

しゃく・る [0] 【決る・抉る・刳る】

( 動五[四] )
〔「さくる」の転〕
中をえぐる。また,溝を切る。 「西瓜スプーンで-・って食べる」
液体や粉などをすくい取る。しゃくう。 「ひしゃくを-・る」
綱などを,すくうような動作上下左右に動かす。 「鞭ヲ-・ル/ヘボン
あごを軽く突き出すようにして上げる。人に横柄指示する時の動作。 「あっちへ行け,とあごを-・った」
戸を持ち上げるようにして動かす。 「こりや何で門口閉めたと言ひつつ-・る潜戸くぐりどの/浄瑠璃夏祭
おだてて,そそのかす。 「お前小林から何か-・られたね/明暗 漱石
[可能]しゃくれる


抉る

読み方:ゑぐる

ラ行下二段活用動詞「抉る」の終止形
「抉る」の口語形としては、ラ行下一段活用動詞抉れる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

抉る

読み方:えぐる・くじる・こじる

物を突き刺してかき回し中にまっているものをくりぬいて取り出す動作を意味する表現。心がひどく動揺痛む、といった意味にも用いられる。読み方複数あるが「えぐる」が一般的





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

抉るに関連した本

抉るに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「抉る」の関連用語

抉るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




抉るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS