手取川とは?

手取川

白山恵み能登までつなぐ手取川
手取川は、その源を霊峰白山標高2,702m)に発し、尾添川大日川、その他の支川合流して白山市鶴来大国町付近に至り、これより山間部離れ石川県の誇る穀倉地帯である加賀平野西流し、白山市湊町にて日本海に注ぐ流域面積809km2幹川流路延長72kmの石川県最大河川です。

加賀平野を流れる手取川。石川県最大の河川です。
加賀平野流れる手取川。石川県最大河川です。

河川概要
水系手取川水系
河川手取川
幹川流路延長72km
流域面積 809km2
流域内人 32万人
流域関係都県石川県

手取川流域図
○拡大図
1.手取川の歴史
"手取川は、古くより流域人々恵みをもたらしてきた一方、度々洪水起こす荒ぶる川」でもありました。 昔ながら治水技術と、近年治水事業手取川ダム完成により、現在では、河川氾濫による被害激減し、安全な郷土形成確固たる土台となっています。"

高度な水利用と洪水とのたたかい

流路変遷の年代図
流路変遷年代
水流趣くままに流路を変えてきた手取川
手取川の下流部は、鶴来町扇頂部として典型的扇状地地形形成していますが、その形成が始まったのは今からおよそ200万年前と考えられています。その後扇状地が海になる海進時代海岸線後退する海退時代繰り返され、現在のような地形概ね完成されたのは、およそ縄文時代後期頃になってからです。
手取川本流現在の山島川(山島用水)の南川水系であったと考えられおり、日本海海退進行につれて左岸分流し、奈良時代には水流趣くままに扇状地を広がって流れ、比楽河川呼ばれていました。その後本流大慶寺川比良瀬川へと移り、さらに冷川、今湊川北川中島用水)、南川へと移動して、現在の手取川へとその姿呼び名を変えています。

荒ぶる
昭和9年7月洪水の状況
昭和9年7月洪水状況
手取川は古くより、石川県穀倉地帯である加賀平野を潤し、流域人々恵みをもたらしてきた一方、その急流河川天井川という河道特性ゆえに、度々洪水起こす荒ぶる川」でもありました。特に被害大きかったのは、昭和9年7月11日洪水です。活発な梅雨前線による記録的豪雨に、残雪による融雪出水も加わり大氾濫となり、堤防越水侵食により数カ所で破堤し、97名の人命が奪われ、2,113町歩耕地が手取川から流出した土砂などにより埋没したという記録が残されています。
昭和41年には一級河川指定され、水衝部補強堤防嵩上げなどの治水事業が進められました。昭和43年完成大日川ダム昭和55年完成の手取川ダム合わせ洪水調節が可能となり、現在は河川氾濫による被害激減し、手取川は安全な郷土形成確固たる土台となっています。

霞堤(河口から7.0k付近)
霞堤河口から7.0k付近
霞堤」「囲堤」
洪水歴史とともに治水事業歴史古く下流河道部には、洪水との闘い歴史から生み出された治水技術である「霞堤」や「囲堤」などが今も残っています。
2.地域の中の手取川
"手取川の豊富なは、数々伝統産業先端産業支えとともに石川県民の3/4飲み水として供給されるなど、流域人々の生活をも支えています。
全国屈指の清流である手取川は、野外学習や、祭りイベントの場としても利用されており、自然と出会える場としての水辺づくりが進められています。"

地域産業豊富な水利
 手取川ダム
手取川ダム
手取川流域伝統産業としては、全国的にも有名な九谷焼寺井町)や酒造りなどがありますまた、稲作は手取川扇状地上の市町村行われており、加賀早場米として全国的に有名ですが、年々第1次産業割合減少しているのが現状です。一方、中・下流部では、扇状地上にある市町村工場誘致行いそれに伴い第2次産業などの割合大きく増加しています。これは近年、手取川扇状地良質伏流水利用したビール工場電子産業などの企業立地したことが大きな要因として挙げられます。
また、手取川の豊富なは、上流域では水力発電下流扇状地では農業用水等への利用がなされているとともに手取川ダムに貯められた石川県民の約3/4飲み水として供給されており、石川県民の生活を根底から支えているといえます。


屈指の清流
手取川は全国屈指の清流であり、夏には子供たち水辺で遊ぶほか、小学校などの野外学習の場や手取川を利用した祭りイベントにも盛んに利用されています。そうした中、手取川がふるさとの川として人々利用され、もっと親しまれるよう、地域方々協力しながら水辺自然体験の場、遊びの場として活用されるような活動を進めています。また、水辺あり方についても自然の状態を極力保全して、生態系配慮した自然環境創出努めています。水辺の楽校や水辺プラザなど、人が自然と出会える安全な水辺づくりを進めています。

水辺の楽校(川北町)水辺の楽校(川北町)
水辺の楽校(川北町手取火まつり川北町
3.手取川の自然環境
"白山源流とする手取川は、その多雨多雪気候豊かな自然から、非常に良好水質豊富な水量をほこっており、そこを棲みかとする数多く動植物生命を育んでいます。
また、中上流部には岩間噴泉塔手取峡谷など、数多く景勝地存在し、美し自然景観となっています。"


 手取峡谷
手取峡谷
手取川流域のうち、最上流部は中部日本縦断する山岳地帯の西縁にあたる加賀美濃山地の端にあり、白山中心とした急峻地形となっています。白山火山至近噴火1659年)よる温泉変質を受けた手取中生層の岩石柔らかいため、地すべり崩壊原因となっています。
岩間噴泉塔群
岩間噴泉塔
中、上流部には、日本最古岩石といわれる飛騨変成岩植物化石を含む手取中生層が分布しており、上流部には昭和9年に起きた洪水流れ出た「百万貫の岩」と呼ばれる体積1,890m3重量4,839トンの岩や、温泉溶解していた石灰成分沈殿してできる石灰華が塔状をなした岩間噴泉塔群(国指定特別天然記念物)などがあるほか、中流部には河成段丘の下に河床浸食してできた高さ約30mの断崖渓谷手取峡谷)が続いており、特に美し景観となっています。
下流部は、鶴来町扇頂部として典型的扇状地形成しています。

手取川の水質は、環境基準点における近年水質変化を見ると、いずれの地点でも環境基準大きく下回っていることから、非常に清浄であることがわかります。

手取川の上流部は、白山国立公園指定されており、全国有数良好ブナ自然林分布し、また高山植物宝庫ともなっています。こうした豊かな自然を棲みかとして、動物相も豊富であり、哺乳類ではニホンツキノワグマニホンカモシカ(国指定特別天然記念物)、ニホンザルヤマネ(国指定天然記念物)など、鳥類ではイワヒバリイヌワシ(国指定天然記念物)など、両生類爬虫類ではハコネサンショウウオイシガメタカチホヘビなど、魚類ではイワナヤマメなどが生息しています。
また、下流扇状地においてはツルヨシ群落ススキ群落ヤナギ低木群落、ヨシクラス、トクサなどが生育しており、魚類としてはアユトミヨなどが生息し、サケ遡上する自然度の高い河川となっています。
4.手取川の主な災害

発生発生原因被災市町村被害状況
昭和9年7月梅雨前線川北村
白峰村
他沿川24市町村
死者97
行方不明15
負傷者35
埋没耕地2113町歩
流出耕地695町歩
家屋流出172
倒壊65
床上浸水586戸
昭和11年6月梅雨前線半壊家屋1戸
床上浸水486
床下浸水1251戸
昭和19年7月死者2名
床下浸水1485名
昭和27年7月鶴来町
川北村
辰口町
昭和34年8月台風7号死者1名
負傷者1名
床上浸水3210戸
床下浸水1251戸
昭和36年9月台風18号
第2室戸台風
白峰村
尾口村
鳥越村
鶴来町
床上浸水57
田畑浸水18ha
昭和39年7月梅雨前線堤防の欠壊
昭和40年9月梅雨前線辰口町堤防の欠壊
昭和56年7月梅雨前線手取川ダム完成により氾濫被害なし蛇籠流出
護岸の欠壊
昭和58年7月梅雨前線
蛇籠流出
護岸の欠壊
昭和59年7月梅雨前線
根固護岸の洗堀破損
天然河川の欠壊
平成10年9月台風7号
導流提の洗堀破損
河川の欠壊

(注:この情報2008年2月現在のものです)

手取川

読み方:テドリガワ(tedorigawa)

所在 石川県

水系 手取川水系

等級 1級


手取川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 02:28 UTC 版)

手取川(てどりがわ)は、石川県の主に白山市を流れて日本海へ注いでいる一級河川石川の通称で呼ばれた時代もあり、郡名(石川郡)および県名の由来となっている。別名「あばれ川」




  1. ^ 木曽義仲の伝説 鶴来町”. 石川新情報府. 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ 昔々の手取川は「比楽河」”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2010年7月20日閲覧。
  3. ^ 2.中・近世(1)中世の本吉湊、比楽湊・本吉湊(美川漁港)の「みなと文化」 (PDF)”. pp. 4-5/19 ページ. 2010年7月20日閲覧。
  4. ^ 白山・手取川と生きる、白山砂防通信 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所. pp. 2/4ページ (2005年冬号、VOL.10). 2010年7月20日閲覧。
  5. ^ 手取川サケ有効利用調査
  6. ^ 千葉真一 (1989年1月13日) (日本語) (Color). なんだ、こいつら。JACスーパーアクション in 激突 (VHS). 東映ビデオ. 


「手取川」の続きの解説一覧





手取川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「手取川」の関連用語

手取川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

姫川

鈴鹿川

筑後川

由良川

常願寺川

常呂川

荒川

木曽川





手取川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手取川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS