手のひらARとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 手のひらARの意味・解説 

手のひらAR

読み方てのひらエーアール

手のひらARとは、KDDI研究所開発したAR拡張現実技術で、撮影した手の画像の上リアルタイム3DCG合成して表示し、CGキャラクターなどを「手のひらに乗せる」ことを実現する技術のことである。

手のひらARでは、手の肌色と指の位置角度などから手のひら認識し、座標変化によって位置変化傾き計算する。合成された3DCGは手の位置角度変化合わせて妙に見え方が変化する。自分の手連動したデータを見ることによって、より身近な、または現実に近い感覚体験できると期待されている。


参照リンク
画像認識技術による「手のひらAR」 - (KDDI研究所PDFファイル
先端技術のほかの用語一覧
バーチャルリアリティー:  拡張現実  SFX  SmartAR  手のひらAR  VFX
ユビキタス:  Auto-ID Labs  アクティブ型ICタグ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

手のひらARに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

手のひらARのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xperia ray

Windows Vista

BlackBerry Leap

iPad 2

レグザ 55XS5

Apple Ⅱ

Kindle Touch

Xperia Z SO-02E





手のひらARのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ手のひらARの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS