成層圏無線プラットフォームに関する研究開発とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 電波利用システムの種類 > 成層圏無線プラットフォームに関する研究開発の意味・解説 

成層圏無線プラットフォームに関する研究開発

成層圏プラットフォームは、気象条件安定している高度20km程度にある「成層圏」に通信機材等を搭載した飛行船滞空させ、無線中継基地として利用する近未来通信システムです。このシステムは、衛星通信比べ地上との距離が短く、ミリ波帯等の未利用周波数利用することによって、地上利用する通信端末小型高速・大容量通信実現が可能となるなど、新たな通信手段として期待集めています。

1.成層圏無線プラットフォーム概要

だれでも時間や距離の制約なく、容易に必要な情報を受発信できる高度情報通信社会実現するために始まった研究開発です。

(1) 高度20kmの成層圏飛行船通信放送等の中継基地地球観測等に利用

(2) 特徴

ア 衛星比べ地上との距離が短く、端末小型化高速・大容量通信が可能

イ 空中移動できるため、地上網に比べ回線設定システム構築が容易

ウ 地球環境計測にも活用


表:成層圏無線プラットフォーム研究開発計画線表

2.研究開発体制

文部科学省と共同して産業界、学識経験者等産学官の関係者とともに「成層圏プラットフォーム開発協議会」
(会長:東昭東京大学名誉教授)を設立し、平成10年度から平成16年度まで研究開発を実施しました。
研究開発分野
実施機関
総務省
(旧郵政省)
 追跡管制システム 成層圏無線プラットフォームに関する研究開発  情報通信研究機構
 (旧通信・放送機構
 通信・放送ミッション 成層圏無線プラットフォームに関する研究開発  情報通信研究機構
 (旧通信・放送機構
 旧通信総合研究所
文部科学省
(旧科学技術庁
 飛行船全体システム
 (電源系を含む)
 宇宙航空研究開発機構
 (旧航空宇宙技術研究所
 地球観測ミッション  海洋研究開発機構
 (旧海洋科学技術センター
 宇宙航空研究開発機構
 (旧宇宙開発事業団

3.周波数の国際分配の状況

(1)世界無線通信会議(WRC-97)

47GHz帯で300MHz幅×2を分配されています。

(2)WRC-2000

31/28GHz帯がアジア・太平洋地域12カ国に追加分配されています。 IMT-2000第三世代移動衛星システム)の基地局としての利用が可能となります。

(3)WRC-2003

31.0-31.3GHz帯のうち、使用制限されていた31.15-31.3GHz帯が使用可能となります。 31/28GHz帯は、我が国を含む12カ国から、ロシア韓国等が加わり、計20カ国の他、米州地域希望する国も使用可能となります。

関連リンク先

・ 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)成層圏無線プラットフォームに関する研究開発

・ 独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)成層圏無線プラットフォームに関する研究開発

・ 成層圏プラットフォーム評価・助言会議成層圏無線プラットフォームに関する研究開発

・ 成層圏プラットフォーム研究開発に関する懇談会成層圏無線プラットフォームに関する研究開発





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

成層圏無線プラットフォームに関する研究開発のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

市町村防災無線システムの整備数

高度道路交通システム

アマチュア無線

高度道路交通システム

定点滞空飛行試験

コミュニティ放送

高度道路交通システム

高度道路交通システム





成層圏無線プラットフォームに関する研究開発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS