感染研とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 感染研の意味・解説 

国立感染症研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/20 05:36 UTC 版)

(感染研 から転送)

国立感染症研究所(こくりつかんせんしょうけんきゅうしょ、英語: National Institute of Infectious Diseases, NIID)は、厚生労働省施設等機関1947年に設立された国立予防衛生研究所英語: National Institute of Health, NIH)を前身とする。




  1. ^ ただし、例えばエボラ出血熱については、遺伝子・血清学的診断などのウイルス学的検査は、村山庁舎のウイルス第一部第一室において対応可能である[3]
  1. ^ 藤野基文 (2014年11月17日). “エボラ出血熱:国立感染研村山庁舎の施設稼働で協議”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000m040061000c.html 2014年11月18日閲覧。 
  2. ^ a b c “【エボラ出血熱】実験施設稼働に向け協議へ 塩崎厚労相が武蔵村山市長と合意”. 産経ニュース. (2014年11月17日). http://www.sankei.com/life/news/141117/lif1411170029-n1.html 2014年11月18日閲覧。 
  3. ^ 国立感染症研究所 (2012年3月). “エボラ出血熱診断マニュアル (PDF)”. 2014年8月10日閲覧。
  4. ^ a b 日本経済新聞社 (2015年8月7日). “「BSL4」施設、国内初の指定 国立感染症研・村山庁舎”. 2016年2月6日閲覧。
  5. ^ 昭和22年政令第58号NDLJP:2962617/1
  6. ^ 昭和23年厚生省訓令第419号NDLJP:2963069/4
  7. ^ 昭和24年法律第151号NDLJP:2963253/58
  8. ^ a b c d 『予研40年のあゆみ』 国立予防衛生研究所、1988年NCID BN03570372
  9. ^ 捏造問題にもっと怒りを 日本の科学を考える
  10. ^ ネットで論文画像の「類似」、「匿名A」が指摘 東大や阪大などの生命科学系約80本 産経新聞 2015年1月9日
  11. ^ 名大や東京医科歯科大、不正指摘受け本調査へ m3.com 2015年2月9日
  12. ^ 【超STAP事件】日本の学会は捏造論文だらけ!大スキャンダルに発展か 堀川大樹「むしマガ」Vol.272 2015年1月11日
  13. ^ [1] 世界変動展望 著者 Twitter 2015年2月16日 2016年12月9日閲覧
  14. ^ インターネット上で指摘のあった論文の画像データに係る調査結果について 東京大学 2015年7月31日
  15. ^ [東大、論文画像「不正行為なし」 調査結果を発表]日本経済新聞 2015年8月1日
  16. ^ [東大「論文に不正行為ない」] 朝日新聞 2015年8月1日


「国立感染症研究所」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

感染研に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「感染研」の関連用語

感染研のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

葵葉透図鐔

粗飼料

鼻骨

docomo STYLE series N-03B

ロープ

T-38

ボーイング式747SR-100型

揖斐関ヶ原養老国定公園





感染研のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立感染症研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS