感染研とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 感染研の意味・解説 

国立感染症研究所

(感染研 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/02 07:51 UTC 版)

国立感染症研究所(こくりつかんせんしょうけんきゅうしょ、英語: National Institute of Infectious Diseases, NIID)は、厚生労働省施設等機関1947年に設立された国立予防衛生研究所英語: National Institute of Health, NIH)を前身とする。




  1. ^ ただし、例えばエボラ出血熱については、遺伝子・血清学的診断などのウイルス学的検査は、村山庁舎のウイルス第一部第一室において対応可能である[3]
  1. ^ 藤野基文 (2014年11月17日). “エボラ出血熱:国立感染研村山庁舎の施設稼働で協議”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000m040061000c.html 2014年11月18日閲覧。 
  2. ^ a b c “【エボラ出血熱】実験施設稼働に向け協議へ 塩崎厚労相が武蔵村山市長と合意”. 産経ニュース. (2014年11月17日). http://www.sankei.com/life/news/141117/lif1411170029-n1.html 2014年11月18日閲覧。 
  3. ^ 国立感染症研究所 (2012年3月). “エボラ出血熱診断マニュアル (PDF)”. 2014年8月10日閲覧。
  4. ^ a b 日本経済新聞社 (2015年8月7日). “「BSL4」施設、国内初の指定 国立感染症研・村山庁舎”. 2016年2月6日閲覧。
  5. ^ 昭和22年政令第58号NDLJP:2962617/1
  6. ^ 昭和23年厚生省訓令第419号NDLJP:2963069/4
  7. ^ 昭和24年法律第151号NDLJP:2963253/58
  8. ^ a b c d 『予研40年のあゆみ』 国立予防衛生研究所、1988年NCID BN03570372
  9. ^ 捏造問題にもっと怒りを 日本の科学を考える(2017年2月現在は休止中)
  10. ^ ネットで論文画像の「類似」、「匿名A」が指摘 東大や阪大などの生命科学系約80本 産経新聞 2015年1月9日
  11. ^ 名大や東京医科歯科大、不正指摘受け本調査へ m3.com 2015年2月9日
  12. ^ 【超STAP事件】日本の学会は捏造論文だらけ!大スキャンダルに発展か 堀川大樹「むしマガ」Vol.272 2015年1月11日
  13. ^ [1] 世界変動展望 著者 Twitter 2015年2月16日 2016年12月9日閲覧
  14. ^ インターネット上で指摘のあった論文の画像データに係る調査結果について 東京大学 2015年7月31日
  15. ^ [東大、論文画像「不正行為なし」 調査結果を発表]日本経済新聞 2015年8月1日
  16. ^ [東大「論文に不正行為ない」] 朝日新聞 2015年8月1日
  17. ^ 元感染研職員ら逮捕 東京地検、200万円贈収賄容疑 日本経済新聞 2010年6月22日付
  18. ^ 感染研職員ら起訴、工事入札巡る贈収賄事件 2010年7月10日付


「国立感染症研究所」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「感染研」の関連用語

感染研のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小長井 克

Franklin Pierce

カブトムシ

牧野富太郎

スタンダードデッカー

ビル・ゲイツ

メガネ留め

ジョンソン





感染研のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立感染症研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS