愛野美奈子とは?

愛野美奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 08:46 UTC 版)

愛野 美奈子(あいの みなこ)は、武内直子作の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』、『コードネームはセーラーV』に登場する架空の人物。




[ヘルプ]

  1. ^ 第163話のみ住友七絵が代役。第163話のEDでは、深見梨加と住友七絵の名前が同時にクレジットされている。
  2. ^ リボンで髪型を整えることになったきっかけは、『セーラーV』で想いを寄せていた東先輩(正体はダーク・エージェンシー構成員「ナルキッソス」)から薦められたからである。
  3. ^ フィルムコミックスでは「美奈ちゃん」。
  4. ^ ただし『Crystal』、実写版では原作同様、第1話冒頭からセーラーVの存在が明かされている。
  5. ^ 現実にセーラーVのアニメ化も企画されていたのだが、結局頓挫してしまった
  6. ^ 同級生には付き合いが悪いと言われ、何故かセーラーVだとばれてしまっている。
  7. ^ 美奈子の夢の鏡を覗いたホークス・アイとタイガーズ・アイは、「この子すごすぎるわ」「世の中のためにも始末すべき」とコメントしている。
  8. ^ 仲間のフォローによって何とかごまかし通せたものの、視聴者には明らかにニセモノとわかる外見であり、カオリナイトは訝しがり、うさぎ本人も絶句していた。
  9. ^ 戦士の姿で変身ペンを投げ出すのは命を投げ出すのを意味するらしい
  10. ^ 「案ずるより産むが易し」を「杏より梅が安い」、「春眠暁を覚えず」を「春眠赤土を耕す」、「待てば海路の日和あり」を「待てばカイロもあったまる」、「明日は明日の風が吹く」を「明日は明日の風邪を引く」、「犬も歩けば棒に当たる」を「猫も歩けば悪党に当たる」、「河童の川流れ」を「河童の腹下し」、「人の振り見て我が振り直せ」を「人のふりして我振り回される」など。劇場版『亜美ちゃんの初恋』でも「命短し恋せよ乙女」を「命短し鯉の滝登り」と言い間違え、アルテミスに指摘されている。
  11. ^ テレビアニメ第107話で、ギャグのレベルが下がっているとまことから指摘されている。
  12. ^ この封印は普通は自力で破ることは不可能らしい。
  13. ^ ジュピターも凍らされて戦闘不能、マーズは炎系の技で抵抗するも押し返され、凍らされて戦闘不能。
  14. ^ SFCゲーム『ANOTHER STORY』に登場する反セーラーチーム「オポシティオ戦士」に、美奈子に似た容姿・性格と属性を持つオポシティオ・イシュタルが存在する。
  15. ^ ただし、新装版以降は材質が『幻の銀水晶』であることを明言するモノローグが削除されており、洗脳されたタキシード仮面の「このちっぽけなカケラや剣の他に『幻の銀水晶』があるのか」というセリフから推測できるのみとなっている。
  16. ^ 本編では美奈子が急死したため、最終決戦で美奈子の力を借りたレイがマーズ・デッガーズとして召喚している。
  17. ^ 演出は幾原邦彦
  18. ^ 只野和子描き下ろし。

出典

  1. ^ 「美少女戦士セーラームーン 取扱い説明書」第18頁より。
  2. ^ 『テレビマガジンデラックス46 決定版 美少女戦士セーラームーンR 2 - 対決!ブラック・ムーン』第23頁より。
  3. ^ 『決戦 / トランシルバニアの森 〜新登場! ちびムーンを護る戦士達〜』。
  4. ^ 『美少女戦士セーラームーン ひみつじてん』第28頁より「プリンセス・ヴィーナス」と名付けられた。」
  5. ^ 『UCHUSEN YEAR BOOK 2004』第147頁より。
  6. ^ 『美少女戦士セーラームーン ひみつじてん』第26頁より。


「愛野美奈子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

愛野美奈子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「愛野美奈子」の関連用語

愛野美奈子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

docomo STYLE series N-03A

ツーバルブ型水栓

5000形車両

サンショウ

斜め包み

大雪山国立公園

峠竹

第二しょうどしま丸





愛野美奈子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛野美奈子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS