愛のコリーダとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 愛のコリーダの意味・解説 

愛のコリーダ

原題:L'empire Des Sens
製作国:フランス 日本
製作年:1976
配給:東宝東和
スタッフ
監督:大島渚 オオシマナギサ
製作:若松孝二 ワカマツコウジ
製作総指揮:Anatole Dauman アナトール・ドーマン
脚本:大島渚 オオシマナギサ
撮影:伊東英男 イトウヒデオ
音楽:三木稔 ミキミノル
音楽演奏:日本音楽集団 
美術:戸田重昌 トダジュウショウ
セット:下石坂成典 シモイシザカシゲノリ
編集:浦岡敬一 ウラオカケイイチ
衣装(デザイン):加藤昌廣 カトウマサヒロ
録音:安田哲男 ヤスダテツオ
スクリプター:大沢菊江 
スチール:小山田幸生 オヤマダユキオ
その他:荒川大 アラカワマサル

竹村幸二 タケムラコウジ

フランス映画社 
照明:岡本健一 オカモトケンイチ
キャスト(役名
藤竜也 フジタツヤ (吉蔵
松田英子 マツダエイコ (定)
中島葵 ナカジマアオイ (「吉田屋」のおかみ・トク
芹明香 セリメイカ (同女中・松子)
阿部マリ子 アベマリコ (同・キヌ
三星東美  (同・千恵子)
殿山泰司 トノヤマタイジ (老乞食
藤ひろ子 フジヒロコ (「吉田屋」の女中頭・お常
白石奈緒美 シライシナオミ (芸者八重次)
青木真知子 アオキマチコ (「みつわ」の女中
東祐里子 アズマユリコ (同・芸者
安田清美 ヤスダキヨミ (同)
南黎  (同)
堀小美吉  (同)
岡田京子 オカダキョウコ (半玉
松廼家喜久平  (幇間
松井康子 マツイヤスコ (「田川」のおかみ)
九重京司 ココノエキョウジ (大宮先生
富山加津江 トヤマカツエ (「満左喜」の女中
福原ひとみ フクハラヒトミ (蛇の目の娘)
野田真吉 ノダシンキチ (小料理のおやじ)
小林加奈枝 コバヤシカナエ (芸者竜)
小山明子 コヤマアキコ (「満左喜」の芸者
解説
昭和11年に起きた“阿部定事件”を題材にした作品で、セックス表現日本では十分に撮影できないとのことで、脚本監督大島渚が、フランスアナトール・ドーマン協力得て撮影日本行ないフランス編集するという新システム完成させた。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
昭和11年2月1日東京中野料亭吉田屋」に、30過ぎの女が、女中として住み込んだ。名は阿部定と言ったが、店では、加代と名付けられた。定は神田繁昌している畳屋末娘だったが、15歳時に大学生に犯されて以来不良となり、18歳で芸者に出され、以後娼妓私娼、妾などの生活を転々としてきたのだった。しかし、最近彼女のパトロンになった名古屋商業高校校長は、定が浮草のような生活を止めて、真面目になるなら小料理屋出してくれることになり、修業のために定は女中奉公に出たのだった。だが、定は吉田屋主人吉蔵一目惚れしてしまった。吉蔵も、水商売歳月重ねてきた定の小粋な姿に惹きつけられた。二人夜更け応接間や、早朝離れ座敷などで密会重ねていくうちに、ついに吉蔵の妻に知れてしまった。そして、その翌日二人駆け落ちした。最初一日二日のつもりで家を出て来吉蔵も、いつしか定の情熱に引きずられていった。やがて金のなくなった定は、吉蔵自分の赤い長襦袢を着せて部屋閉じ込め自分名古屋パトロンのもとへ金策に行った。その離れている時間切なさ再会した二人は、さらに待合転々として愛欲世界に浸り込んでいくのだった二人駈け落ちしてから二週間経った。吉蔵は「二人末長く楽しむために」どうしても一度家へ戻って処理しなければならないことがあると言った。定はいやいや承知した。互いに想いを慕らせた二人再会したのは5日目の5月11日だった。二人待合一室に篭ったまま果てしない愛欲の生活にのめり込んでいった。定は戯れに「今度別れようとしたら殺してやる!」と叫んで出刃包丁ふりかざすのだった5月16日夜、戯れ吉蔵の首を締めていた定の手に力が入りすぎ、吉蔵の顔は赤く腫れあがってしまった。定は懸命に介抱するが直らず、吉歳は一旦、家へ帰って養生する結論出した。しかし、定は前に別れていた時の切なさ思い出し、吉蔵自分一人のものにするため、吉蔵を殺す決意をした。定は疲れ果てまどろむ吉蔵の首に腰紐巻きつけ、力を込めた。しばし死んだ吉蔵添寝していた定は、吉蔵への愛絶ちがたく、その陰部出刃包丁切り取り肌身につけるのだった

愛のコリーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 09:56 UTC 版)

愛のコリーダ』 (あいのコリーダ、フランス語: L'Empire des sens英語: In the Realm of the Senses)は、1976年公開の日本フランス合作映画大島渚監督、藤竜也松田暎子主演。




  1. ^ 外部リンク「大島渚プロダクション」より(2015年8月4日閲覧)。
  2. ^ 「愛のコリーダ」事件控訴審判決(憲法判例研究(3)),松本 昌悦,中亰法學 17(2)22-43,1983年(CiNii論文情報ナビゲータ掲載)


「愛のコリーダ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「愛のコリーダ」の関連用語

愛のコリーダのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

窓高

おれんじHOPE

七五三

猫足形菱台

FWD

地方自治法施行60周年記念 秋田県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

ガラス固化

雲紋竹





愛のコリーダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛のコリーダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS