愛と死の間でとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 愛と死の間での意味・解説 

愛と死の間で

原題:ALL ABOUT LOVE
製作国:香港
製作年:2005
配給:ムービーアイ
スタッフ
監督:Daniel Yu [余國偉] ダニエル・ユー

Lee Kung-Lok [李公樂] リー・コンロッ
プロデューサー:Daniel Yu [余國偉] ダニエル・ユー
脚本:Daniel Yu [余國偉] ダニエル・ユー

Lee Kung-Lok [李公樂] リー・コンロッ
撮影:Jason Kwan ジェイソン・クワン
主題曲:Andy Lau [劉徳華] アンディ・ラウ
美術:Crystal Pa クルスタル・パー
編集:Stanley Tam スタンリー・タム
EP:Andy Lau [劉徳華] アンディ・ラウ

Yan Minjun リ・ナン

Yu Dong ユー・ドン
キャスト(役名
Andy Lau [劉徳華] アンディ・ラウ (Dr.Ko/Derek
Charlie Yeung [楊采■ ※■は[女尼] ] チャーリー・ヤン (Yuen Sam
Charlene Choi [蔡卓妍] シャーリーン・チョイ (Zi Qing/Mrs.Ko)
黄秋生 アンソニー・ウォン (Dr.Ho)
Hui Shiu Hung [許紹雄] ホイ・シウホン (Mr.Fong/Zi Qing's father
GiGi Wong [黄淑儀] ジジ・ウォン (Mrs.Leung/Zi Qing's Mother
Lam Suet [林雪] ラム・シュー (Lam Lai-mun/Ko's colleague)
解説
インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ演じる妻を亡くした男と、亡き妻の心臓を移植された女性との恋を描いたラブストーリー共演は「セブンソード」のチャーリー・ヤンと、人気アイドルデュオ“ツインズ”のシャーリーン・チョイ監督は「メイド・イン・ホンコン」を製作したダニエル・ユー
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
外科医コウアンディ・ラウ)は多忙日々送り、妻のチーチン(シャーリン・チョイ)と一緒に過ごす時間も作れない。ある晩、コウ夕食を食べる約束取りやめになり、一人帰宅しようとしたチーチンは交通事故死してしまう。最愛の妻を失った痛みうちひしがれるコウは、医師をやめて救護隊員となる。ある夜出動したコウ交通事故遭遇する。車に閉じこめられた女性ユンサム(チャーリー・ヤン)に救急処置を施そうとした彼は、彼女の胸の鼓動に特別なものを感じる。その後コウは、ユンサムの主治医ホーアンソニー・ウォン)から、ユンサムの心臓亡き妻チーチンから移植されたものだということ聞き出す。ユンサムの体の中最愛の妻が生きていることを実感したコウは、ユンサムに興味をもち始める。そして、ユンサムが末期の病に侵され悪化一途をたどっていること、彼女が夫のデレク病弱自分から解放してあげようと別れる芝居をしたことを知る。妻を孤独に死なせてしまったことを今も悔いるコウは、せめてユンサムだけでも一人で逝かせてはならないと、彼女の残された時間を共に過ごそうと決意次第にユンサムを愛し始めてゆくのだった

愛と死の間で

原題:Dead Again
製作国:アメリカ
製作年:1991
配給:パラマウント映画UIP配給
スタッフ
監督:Kenneth Branagh ケネス・ブラナー
製作:Lindsay Doran リンゼイ・ドラン

Charles H.Maguire チャールズ・H・マグワイアー
製作総指揮:Sydney Pollack シドニー・ポラック
脚本:Scott Frank スコット・フランク
撮影:Matthew F. Leonetti マシュー・F・レオネッティ
音楽:Patrick Doyle パトリック・ドイル
美術:Tim Harvey ティム・ハーヴィ
編集:Peter E. Berger ピーター・E・バーガー
衣装(デザイン):Phyllis Dalton フィリス・ダルトン
字幕:進藤光太 シンドウコウタ
キャスト(役名
Kenneth Branagh ケネス・ブラナー (Roman Strauss
Kenneth Branagh ケネス・ブラナー (Mike Church
Andy Garcia アンディ・ガルシア (Gray Baker
Emma Thompson エマ・トンプソン (Margaret Strauss
Emma Thompson エマ・トンプソン (Grace
Hanna Schygulla ハンナ・シグラ (Inga
Wayne Knight ウェイン・ナイト (Picclo Pete
Robin Williams ロビン・ウィリアムズ (Doctor Cozy Carlisle
Campbell Scott キャンベル・スコット (Doug
解説
殺人者被害者として愛を成就できずにともに死んだ夫婦が、40年後転生し自らの死の謎を解くスリラー近年ヒッチコックタッチの映画量産されているが、本作それのみならずヒッチ独特のガジェットまで大胆取り入れ奇妙な味一編監督主演に「ヘンリー五世」でオリビエ再来と評されたケネス・ブラナー美術のティム・ハービー、音楽パトリック・ドイル衣裳のフィル・ダルトンも同作品のスタッフである。製作はリンゼイ・ドランチャールズ・H・マグワイアーエグゼクティヴ・プロデューサーは「ハバナ」の監督シドニー・ポラック脚本弱冠30歳のスコット・フランク撮影マシュー・F・レオネッティ担当。特別主演としてロビン・ウィリアムズキャンベル・スコット顔を出す
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1949年新進作曲家ローマン・ストラウス(ケネス・ブラナー)は妻マーガレットエマ・トンプソン)を鋏で惨殺した罪で死刑宣告された。執行の日、ローマン事件追跡していた新聞記者グレイ・ベーカー(アンディ・ガルシア)を呼び、「妻を愛していた。永遠に愛し続ける」と告げた。40年後、その悪夢見て絶叫した女性トンプソン二役)がいた。記憶喪失彼女は修道院世話になっていたが、院長は彼女を厄介払いするため、修道院育ち私立探偵マイク・チャーチ(ブラナー二役)を呼ぶ。マイク友人記者ピートウェイン・ナイト)に彼女の記事新聞載せるよう手配すると、言われた通り彼女を精神病院に連れて行った。だが病院のあまりの醜悪さに気の毒になり自宅に連れて帰る記事が出ると悪戯電話が相次いだが、それより彼女が夜中にあげる叫び声の方がマイクを驚かせた。ある時、マドソン(デレク・ジャコビ)と名乗る男が現れ、彼女に催眠術をかけ、鋭い反応引き出した。翌日、マドソンの古美術店で被術者過去を語らせる催眠療法が始まった。だが、彼女が語り出したのは前世自分だった。交響楽団指揮者ピアニストとして出会ったローマンマーガレット幸せな結婚現世の彼女とマイクの間にも恋が芽生えるマイク好きだった修道女の名を採り、彼女をグレース名付けた。やがてローマンマーガレット近付いてきたクレイ嫉妬感じ2人の間に溝ができ始める。その様子を見つめる家政婦インガハンナ・シグラ)と吃音症息子フランクリン。そして、ローマンマーガレットあの夜惨劇が・・・・。グレースはやがてマイクローマン転生した姿だと知り、マドソンの「現世前世は繁がっている。因果繰り返される」の言葉マイク自分を殺すのではと怯え判明した自分の家に閉じこもる美術家の彼女の家は鋏のオブジェ一杯だった。一方催眠療法を受けたマイクは、実は自分マーガレットの、そしてグレースローマン生まれ変わりだと知る。病院生き永らえていたグレイ示唆により、事件鍵を握るインガに会う。彼女の息子はフランクリン・マドソンだった。全てを知ったマイクグレースの許へ。だが、怯え彼女はマイクを撃つ。そこへ母を殺したマドソンが現れ、鋏をかざしグレースに迫る。マーガレット殺したのはローマンではなく、母の彼への愛を察し憎しみを募らせた幼いマドソンだった。急所外れていたマイクはマドソンにとびかかり、グレースの銃が火を吹いた。そして、マイクグレースしっかりと抱き合うのだった前世因縁越えて。

愛と死の間で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/07 09:43 UTC 版)

  • 愛と死の間で (1991年の映画) (あいとしのあいだで) - 1991年のアメリカ映画
  • 愛と死の間で (2005年の映画) (あいとしのはざまで) - 2005年の香港映画






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「愛と死の間で」の関連用語

愛と死の間でのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鯉魚図揃金具

オオバモク

伊藤果

ゲットアップシステム

杵

石畑

テレメーターシステム

LT30D/54A





愛と死の間でのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛と死の間で (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS