情処とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 情処の意味・解説 

情処

読み方:なさけところなさけどころ

  1. 女陰を云ふ。性慾の情を満足せしむる所との意なり。又「情の穴」とも云へり。『松屋筆記』に曰く女陰を情竇といふは心の奥情を通ずる穴といふ義なり」上古は男陰をも云ひしか。『古史伝』に曰く「最(いと)古く男女ともに、此処陰部)を那佐祁(なさけ)と云ひて甚(いた)く隠し、名をさへ避けていはざる処なり」。
  2. 情処。男女陰部をいふ。「古史伝」に「最も古く男女ともに此処を那佐祁(ナサケ)といひ甚だしく隠し名をさへ避けて云はざるところなり」。
  3. 陰部
  4. 女の陰門のこと、情を通じるところの意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

情処に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「情処」の関連用語

情処のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

姫萎蕤

チャイルドシート使用義務

街路

オオクワガタ

紙袋の口止め

リボン刺しゅう

トウヨウモウミウシ

ミネラルウォーターの製造工程





情処のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS