性教育とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 教育 > 性教育の意味・解説 

せい きょういく -けういく [3] 【性教育】

性についての科学的知識与えとともに性道徳を身につけさせる教育

性教育

Sex education

【概要】 人間が自らの性を選び取り生きること目指す教育。これには身体や性の仕組科学的に学ぶこと、生命について考えること、人間同士触れあいを考えること、そして人権を学ぶことなどが含まれるエイズについて語る場合性行為感染症そして予防について具体的に伝え必要がある。 

【URL】http://www.jase.or.jp/

《参照》 セーファーセックス


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 13:59 UTC 版)

性教育(せいきょういく、英語:Sex education)は、性器生殖性交人間の他の性行動についての教育全般を意味する言葉。性教育は、学校だけで行われるものではなく、両親教師看護師など子どもの世話をする人々が直接的に行ったり、公衆衛生の宣伝活動の一環として行ったりする。日本学校では、保健科や家庭科の時間を中心に行われ、体や心の変化(第一次性徴及び第二次性徴妊娠出産、男女の相互理解と男女共同参画社会性別にとらわれない自分らしさを求めること、性感染症の予防や避妊などの内容が扱われている。




  1. ^ a b c 澁谷 2008, pp. 41-68.
  2. ^ http://www.apa.org/releases/sexeducation.html [リンク切れ]
  3. ^ Abstinence Only vs. Comprehensive Sex Education: What are the arguments? What is the evidence? (PDF) - AIDS Research Institute University of California, San Francisco, Policy Monograph Series – March 2002.
  4. ^ 小学校学習指導要綱体育
  5. ^ 中学校学習指導要綱保健体育
  6. ^ たなか成長クリニック・思春期 男子は約11歳6ヶ月で小学校5・6年生頃、女子は約9歳9ヶ月で小学校3・4年生頃
  7. ^ ワコール探検隊|実は…お母さんも自信がないはじめてのブラ
  8. ^ ワコール探検隊|「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバストブラジャー着乗率はstep1(思春期初来から初経の1年以上前)で31%、step2(初経前後)で56%、step3(初経の1年以上後から成人型乳房になるまで)で90%(大人用のブラジャー57%)
  9. ^ 朝日新聞2002年2月25日朝刊家庭欄
  10. ^ これでいいのか?性教育
  11. ^ 「ラブ&ボディBOOK」問題
  12. ^ これでいいのか?性教育—教室はまるでアダルトショップ—
  13. ^ a b http://www.gikai.metro.tokyo.jp/gijiroku/yotoku/2004/d6214412.htm [リンク切れ]
  14. ^ ジェンダーフリーとの戦い―「過激な性教育」実態と克服世界日報


「性教育」の続きの解説一覧





性教育と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「性教育」の関連用語

性教育のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Chester A. Arthur

fホール

サイレントW

Sストローク

キベリクロスジウミウシ

フェース・バランスド

菖蒲根

8808号車





性教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS