徳冨蘆花とは?

徳冨蘆花 とくとみ ろか

徳冨蘆花の肖像 その1
徳冨蘆花の肖像 その2
明治元年10月25日昭和2年9月18日1868~1927)

熊本生まれ小説家少年時に同志社入学洗礼を受ける。同志社中退後、明治22年(1889)兄徳富蘇峰経営する民友社に入る。明治31年(1898)から国民新聞連載した「不如帰」は明治屈指のベストセラーとなり、それに続く「自然と人生」「思出の記」などにより小説家としての地位確立した。39年(1906)エルサレム巡礼に出、トルストイ訪問する。40年(1907)東京府千歳村粕谷現世田谷区)へ転居半農生活に入る。兄蘇峰とは長らく絶交状態であったが、昭和2年(1927)伊香保療養中和解、その翌日死去した。

キーワード 芸術家
号・別称 徳富健次郎(とくとみけんじろう)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 如温武雷土伝 / 徳富蘆花民友社, 明22.9 <YDM7763>
  2. 理査土格武電 / 徳富健次郎民友社, 明22.12 <YDM7659>
  3. 武雷土 / 徳富蘆花編訳 . 改正4版 民友社, 明24.9 <YDM7764>
  4. グラッドストン伝 / 徳富蘆花(健次郎)編 民友社, 明25.11 <YDM7634>
  5. 格武電 / 徳富健次郎訳 . 3版 民友社, 明25.1 <YDM7658>
  6. 近世欧米歴史之片影 / 徳富蘆花(健次郎)編 民友社, 明26.7 <YDM3565>
  7. トルストイ / 徳富蘆花(健次郎)著 民友社, 明30.4 (十二文豪 ; 第10巻) <YDM84788>
  8. 外交奇譚 / Allen Upward〔著〕 ; 徳富蘆花(健次郎訳述 民友社, 明31.10 <YDM29484>
  9. 青山白雲 / 徳富蘆花民友社, 明31.3 <YDM96139>
  10. 世界古今名婦鑑 / 徳富蘆花民友社, 明31.4 <YDM3925>
  11. 思出の記 / 徳富蘆花(健次郎)著 民友社, 明34.5 <YDM93114>
  12. ゴルドン将軍伝 / 徳富健次郎警醒社書店, 1901 (日本学生及市基督教青年会同盟叢書) <YDM7664>
  13. 青蘆集 / 徳富蘆花民友社, 明35.8 <YDM96143>
  14. 黒潮 第1 / 徳富蘆花黒潮社, 明36.2 <YDM93551>
  15. 不如帰 / 徳富蘆花著 . 29民友社, 明36.5 <YDM95336>
  16. 理趣情景 / 剣南道士著 東亜堂, 明38.7 <YDM96318>
  17. 順礼紀行 / 徳富蘆花警醒社, 明39.12 <YDM96105>
  18. 外交奇譚 / 蘆花訳述 . 5版 民友社, 1908 <YDM93190>
  19. 不如帰 / 徳富蘆花著 ; 柳川春葉脚色 今古堂, 明42.2 <YDM88917>
  20. 寄生木 / 徳富蘆花警醒社, 明42.12 <YDM95589>
  21. 不如帰 / 徳富蘆花著 ; 杉原夷山(幸)訳 千代田書房〔ほか〕, 明44.4 <YDM95341>
  22. 不如帰画譜 / 徳富蘆花著 ; 中沢弘光編画 左久良書房, 明44.1 <YDM95343>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

徳冨蘆花

読み方とくとみ ろか

小説家熊本県生。漢学者徳富一敬次男評論家蘇峰の弟。名は健次郎キリスト教洗礼を受け伝道従事したのち「国民新聞」に連載した『不如帰』が単行本として刊行され、名を知られた。ついで『自然と人生』『思ひ出の記』『みみずのたはごと』等を発表する昭和2年(1927)歿、60才。

徳冨蘆花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/15 08:44 UTC 版)

徳冨 蘆花(とくとみ ろか、1868年12月8日明治元年10月25日) - 1927年昭和2年)9月18日)は、日本小説家。「徳冨」の表記にこだわり、各種の文学事典、文学館、記念公園などは「冨」の字を採用している。本名は徳富健次郎(とくとみ けんじろう)。




[ヘルプ]
  1. ^ 徳富蘇峰・蘆花生家 熊本県HP”. 2013年11月26日閲覧。
  2. ^ 徳富記念園・熊本市HP”. 2013年11月25日閲覧。


「徳冨蘆花」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「徳冨蘆花」の関連用語

徳冨蘆花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

北里柴三郎

佐佐木信綱

横山大観

若槻礼次郎

大山巌

奥村五百子

川村景明

高橋秀松





徳冨蘆花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳冨蘆花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS