復水器とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 復水器の意味・解説 

ふく すいき [3] 【復水器】

蒸気機関で,一度動力として用いた水蒸気冷却して凝固させるとともに機関内圧力を大気圧以下に保つ働きをする装置コンデンサー。凝汽器。

復水器

読み方:ふくすいき
英語:condenser

蒸気タービン動力として使用した水蒸気冷却してに戻す装置水蒸気急冷されてに戻されることで体積端に減少し、装置内の圧力低下する。この気圧差によって水蒸気循環促進され、タービン回転効率上昇する。

火力発電原子力発電はじめとする蒸気タービン発電装置として用いる機関では、タービン建屋に復水器が備え付けられている。冷却のために大量などを必要とするが、日本多く発電施設では海水使用しており、そのため施設沿岸設けられている。

復水器

復水器は、蒸気タービン使用した蒸気を、冷却水との熱交換によって冷却凝縮し、にして体積を減らすことにより高い真空状態作り蒸気流れをよくしてタービン効率を高くする装置をいう。 回収された復水は、沸騰水型原子炉BWR)の場合原子炉へ、加圧水型原子炉PWR)、高速炉二次系のあるプラントでは蒸気発生器に戻される。冷却には原子力発電プラント場合多量冷却水が必要であるが、わが国では海水が使われている。冷却管25~32mm程度外径で、冷却水13~18mの長さをもつ多数冷却管内部流れ管外凝縮する。

復水器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/05 23:30 UTC 版)

復水器 (ふくすいき、: condenser) は、タービンシリンダー内で仕事を取り出した後の水蒸気(低圧の湿り蒸気)を等圧冷却して凝縮させ、低圧の飽和液に戻す装置である。ここでできた飽和液(水)は給水ポンプへ行く。(ランキンサイクルの状態で4→1)


  1. ^ 但し、北海道電力奈井江発電所砂川発電所は海から遠いため、河川水を冷却水に用いている。
  2. ^ 例えば南アフリカ国鉄25型ではこの復水器の補機群だけで700馬力のもの出力が消費された。


「復水器」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「復水器」の関連用語

復水器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MOX燃料

国際原子力事象評価尺度

高レベル放射性廃棄物

被ばく経路

オフサイトセンター

再処理

サイクロトロン

急性障害





復水器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの復水器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS