御嶽山とは?

おんたけ さん 【御岳山・御嶽山】 ◇

長野岐阜両県にまたがる火山海抜3067メートル古来霊峰として信仰対象となる。山麓(ひのき)日本三大美林の一。1979年昭和54),有史以来初め噴火木曽御岳

御嶽山

読み方:おんたけさん
別名:御岳山

長野県岐阜県県境位置する火山標高3067メートル高峰山岳信仰対象であり、山頂には御嶽神社社殿設けられた霊峰でもある。観光訪れ登山客も多い。1979年有史以来初となる噴火水蒸気噴火)が観測された。2014年9月にも水蒸気噴火発生し、複数死者が出ている。

御嶽山と名のつく山は全国各地にあるが、岐阜長野にまたがる御嶽山は同名山々のうち最高峰である。単に御嶽山とのみ呼ばれる場合はこの山を指すことが多い。

御嶽山(岐阜県・長野県)

3067m 北緯355334秒 東経1372849秒 (剣ヶ峰) (世界測地系

御嶽山地図

概 要

 御嶽火山は、乗鞍火山列南端位置する成層火山で、古期・新期火山体が侵食期をはさんで重なり新期御嶽初期にはカルデラが生じたが、引き続く活動によってカルデラ放射谷が埋積されて、ほぼ円錐状の現在の地形がつくられた。最新期の活動では、山頂部に南北方向に並ぶ数個安山岩小成火山を生じた。火口いくつかは現在火口湖となっている。岩石玄武岩安山岩デイサイト(SiO2 5169%)。1979年噴火以降蒸気噴煙続いている。また王滝山頂の西側及び地獄谷内に硫気地域がある。別名、木曽御嶽山以前は「御岳山」とも書かれた。
 新期御嶽火山継母岳(ままははだけ)火山群摩利支天(まりしてん)火山群からなる。約9~11万年前、広域テフラとして有効なPm-I降下軽石層で始まった大量流紋岩質の軽石噴火とそれに伴うカルデラ形成によって活動開始した。約8~9万年前に流紋岩デイサイト質の継母火山群活動があり、カルデラ埋め溶岩ドーム火砕流山体構成した。
 引き続いて約8万年前からは安山岩質の摩利支天火山群活動した。8つの火山からなりカルデラ内で火口移動しながら活動し、カルデラはほぼ埋め立てられて現在の御嶽火山南北に並ぶ山頂群が形成された。この火山群活動はほぼ2万年前に終了した。木曽川泥流堆積物はこの火山群活動中の約5万前に発生した大規模岩屑なだれ土石流堆積物であり、その流下距離は木曽川沿いに約150kmに達している。最近2万年間は、水蒸気爆発中心にした活動期である(首都機能移転火山災害係る検討HP)。
 南東山麓では1978年からしばしば地震多発がみられ、昭和59年1984年9月14日にはマグニチュード6.8の地震昭和59年1984年長野県西部地震)が発生した。

噴煙を上げる御嶽山
噴煙上げる御嶽山(1979年11月8日

御嶽山写真
1999年9月9日状況



最近1万年間の火山活動

 最近2万年間には、温泉噴気などの恒常的な熱放出活動間欠的水蒸気爆発発生している。約6000年前以降1979年爆発含めて少なくとも5回の水蒸気爆発発生している(小林,1993)。



記録に残る火山活動


平成19年6月7日更新



火山観測

気象庁では,地震計空振計,GPS遠望カメラ設置し,御嶽山の火山活動監視観測を行っています。



火山活動解説資料

気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。




御岳山

読み方:ミタケサン(mitakesan)

所在 東京都青梅市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

御嶽山

読み方:オンタケサン(ontakesan)

所在 東京都(東京急行電鉄池上線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

御嶽山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/07 08:01 UTC 版)

御岳山または御嶽山(おんたけさん、みたけさん、みたけやま、みたきさん、みだけやま、おたけやま)とは、以下の日本の事である。山頂に御岳神社(御嶽神社)がある山がある。




「御嶽山」の続きの解説一覧





御嶽山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

御嶽山に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「御嶽山」の関連用語

御嶽山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

海徳海山

御嶽山

羊蹄山

霧島山

十勝岳

南日吉海山

赤城山

赤城山





御嶽山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御嶽山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS