御岳とは?

み たけ 【御岳・御嶽】 ◇

東京都青梅市西部にある山。海抜929メートル山上御岳神社御師(おし)集落がある。御岳山
御岳(おんたけ)の別名。木曽御岳

うたき 【御

沖縄地方で,ムイ・ウガン・オンなどと呼ばれる聖地総称多く信仰中心となる聖域村の祭りが催され,神女(のろ)祈願する。

み たけ 【御岳】

〔「み」は美称
山。特に,高い山。 〔和名抄

御嶽

読み方:ウタキutaki

沖縄地方で、ムイ・ウガン・オンなどと呼ばれる聖地総称


御岳

読み方:オタケ(otake)

沖縄人々のあいだで信仰されている聖なる


みたけ 【御岳・御嶽】

奈良県吉野山金峰山異称金峰山に登って参詣する者が参詣に先だって行う精進御岳精進という。→ 金峰山東京都青梅市西部にある山。標高一〇七〇メートル山上御岳神社御師集落がある。③山梨県北部にある標高八七〇メートルの山。山上金桜神社俗に蔵王権現)があり修験道場の地。

おたけ 【御岳】

→ うたき

御嶽

読み方:うたき

神が降臨するといわれる聖地のこと。かつてはごとに御嶽があり、ヌール(ノロ)と呼ばれる女性神官によって祭られている。以前男性不可侵の場所だった。御嶽には鳥居などや境界をあらわすような人工のものは何もなく、祭場広場礼拝拠り所になる自然石石製香炉があるだけでほとんど自然のままで、沖縄には400500も御嶽があるといわれている。グスク原型になっているのが御嶽だともいわれている。

御岳

読み方:ミタケ(mitake)

所在 東京都青梅市


御岳

読み方:ミタケ(mitake)

所在 愛知県愛知郡東郷町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

御嶽

読み方:ミタケ(mitake)

所在 東京都(JR青梅線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

御嶽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 01:04 UTC 版)

御嶽御岳(おんたけ、みたけ、おたけ、うたき、おん)




「御嶽」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

御岳に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「御岳」の関連用語

御岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒラフサノリ

lotta

カイガラカツギ

メリヤス編み

車線数減少

D-sub端子

ヤマハゼ

柳生和紙





御岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウルマックスウルマックス
©2017 Local Information Agent Co,Ltd
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御嶽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS