形質人類学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 人類学 > 形質人類学の意味・解説 

自然人類学

(形質人類学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/10 00:55 UTC 版)

自然人類学(しぜんじんるいがく、英語:biological anthropology)は、別名形質人類学(けいしつじんるいがく、physical anthropology)と 生物人類学 (せいぶつじんるいがく、bioanthropology) とも呼ばれる[1]人類学の一分野である。 人類チンパンジーゴリラなどヒト科の共通祖先からどのように原生人類が進化してきたのかを解明する学問である。主に発掘された霊長類人類化石を対象に、その形態を分析する。形態からその古人類の運動様式・食性生活環境社会構造などを明らかにする。進化の過程ではなく、進化のメカニズムに焦点を当てた下位分野は進化人類学とも呼ばれる。分子人類学を自然人類学に含むこともあるが、形質人類学と言う場合には分子人類学は含まない。




  1. ^ a b 鈴木 1988, p. 140.
  2. ^ 鈴木 1988, p. 140-141.


「自然人類学」の続きの解説一覧





形質人類学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「形質人類学」の関連用語

形質人類学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Microsoft SideWinder Mouse

越前加賀海岸国定公園

大型乗用自動車通行止め

猫目ボタン

F4-1000R 312

中山鳥居

核燃料サイクル

超高速半導体素子





形質人類学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然人類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS