当盤とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鍛金の道具 > 当盤の意味・解説 

当盤

当盤
当盤
鋼材からつくられている手持ち当金です。
作っているものがとても大きく当金に乗せて作業できない時、作品を動かすのではなく金鎚反対の手に当盤を持って腕を伸ばし内側から加工面に当て使用します。
支え強さは腕の力次第なので、腕力鍛えれば色々な作業を可能にします。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「当盤」の関連用語

当盤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木台

ケガキ分回し

ハチノス

長手片口

底打ち当金

金鋸

アンビル

砂袋





当盤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2016 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS