強熱減量とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 減量 > 強熱減量の意味・解説 

強熱減量(lg-Loss)

蒸発残留物強熱600±25で約30分間)したときに揮散する物質をいい,主に有機物質の量を示す。蒸発残留物強熱残留物の濃度の差を強熱減量の値としています。 
 

強熱減量

975±25高炉セメント場合700±25)でセメント加熱したとき、揮発してしまう成分合計量である。揮発成分大半炭酸分である。強熱減量は新鮮度目安となり風化が進むと大きくなる

強熱減量(IL)

試料105110蒸発乾固したときに残る物質蒸発残留物といい、強熱減量とはこの蒸発残留物をさらに600で灰化したときに揮散する物質のことをいいます。強熱減量は水中有機物量の目安となります。また、浮遊物SS)の強熱減量をVSSといい、水中有機浮遊物量の目安となります。富栄養化関連では、強熱減量やVSS藻類発生量を推定する指標として用いられます。

強熱減量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/01/21 11:30 UTC 版)

強熱減量(きょうねつげんりょう、Ignition Loss、IL、ig.loss)は、分析化学において、土壌鉱物中に含まれる揮発性物質(主に有機物)の質量を指す。強熱減量は、強熱減量試験(Ignition Loss Test)による質量の減少率から算出される。強熱減量試験は、マッフル炉などによって試料を高温で加熱することによって行われる。


  1. ^ 新城俊也、他(2003)「強熱減量試験による石灰質土の炭酸カルシウム含有量の測定」土と基礎 51(4), pp.32-34
  2. ^ セメントJIS改正のお知らせ 項目 改正内容 対象規格
  3. ^ 斎藤二郎他(1980)「有機質土の強熱減量法による測定結果について」土質工学会論文報告集 20(1) pp.7
  4. ^ 土の強熱減量試験方法


「強熱減量」の続きの解説一覧





強熱減量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「強熱減量」の関連用語

強熱減量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

800形

トリプルステッチ

裁判所制度100周年記念5,000円銀貨幣

ホペイ

TE250

2000系

サイフォン

今市竜蔵寺の藤と線香





強熱減量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2017 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2017 住友大阪セメント All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強熱減量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS