弥生人とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 弥生人の意味・解説 

弥生人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 06:38 UTC 版)

弥生人(やよいじん、Yayoi people)とは弥生時代の人々を指す,朝鮮半島から渡来し縄文人と交流して新文化を形成した人びと(渡来系弥生人)、縄文人が新文化を受け入れて弥生人となった人びと(縄文系弥生人)、そして両者の混血で生まれた人びと、およびその子孫たち(混血系弥生人)が含まれるとされている[1]。古い資料では、渡来系弥生人のみを指して弥生人として書かれている場合があるため注意が必要である。




  1. ^ 世界大百科事典
  2. ^ 片山一道『骨が語る日本人の歴史』
  3. ^ 溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)』
  4. ^ 春成秀爾(国立歴史民俗博物館研究部教授)は「弥生時代が始まるころの東アジア情勢について、従来は戦国時代のことと想定してきたが、殷(商)の滅亡、西周の成立のころのことであったと、認識を根本的に改めなければならなくなる。弥生前期の始まりも、西周の滅亡、春秋の初めの頃のことになるから、これまた大幅な変更を余儀なくされる。」と述べている。(『歴博特別講演会配布資料弥生時代の開始年代-AMS年代測定法の現状と可能性-AMS年代測定法の現状と可能性 -』)。
  5. ^ 中国(長江文明)における稲作は、長江中流域における陸稲が約10000 - 12000年前に遡り、同下流域の水稲(水田)は約6000 - 7000年前に遡ると言われている。
  6. ^ a b 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  7. ^ 異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成 言叢社 1979
  8. ^ 『異人その他 他十二篇 岡正雄論文集』岩波文庫、1994年
  9. ^ 『鳥居龍蔵全集』第1巻、朝日新聞社、1975年
  10. ^ ロシア極東新石器時代研究の新展開
  11. ^ 岡正雄『異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成』 言叢社 1979
  12. ^ 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部,東京:宝島社,p264-p280
  13. ^ 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei 』(42), 4-9, 東京:勉誠出版
  14. ^ 中国江南・江淮の古人骨-渡来系弥生人の原郷をたずねる-山口 敏・中嶋孝博 2007年
  15. ^ 「なぜ農耕文化は終わったのか」岡村道雄『日本の考古学』奈良文化財研究所編 学生社 2007年4月
  16. ^ 東アジアと『半島空間』―山東半島と遼東半島 千田 稔 ,宇野 隆夫
  17. ^ 金関の渡来説”. 九州大学総合研究博物館. 2013年4月19日閲覧。
  18. ^ 今日の渡来説”. 九州大学総合研究博物館. 2013年4月19日閲覧。
  19. ^ 佐原真「農業の開始と階級社会の形成」、金関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事4 戦争の考古学』岩波書店 2005年


「弥生人」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

弥生人に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「弥生人」の関連用語

弥生人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

尖晶石

たんせい

常陸山谷右衛門

アイドル安定性

ステレオ標準プラグ

平光 尚

広帯域移動無線アクセスシステム

神葬祭





弥生人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弥生人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS