弥勒菩薩半跏思惟像とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 弥勒菩薩半跏思惟像の意味・解説 

弥勒菩薩半跏思惟像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/24 16:26 UTC 版)

弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかし(ゆ)いぞう) は、仏像の一形式で、台座に腰掛けて左足を下げ、右足先を左大腿部にのせて足を組み(半跏)、折り曲げた右膝頭の上に右肘をつき、右手の指先を軽く右頰にふれて思索する(思惟)姿の弥勒菩薩像である[1]日本には大陸より6世紀から7世紀弥勒信仰の流入と共に伝えられ、飛鳥奈良時代の作品が多く残されている。


[ヘルプ]


「弥勒菩薩半跏思惟像」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「弥勒菩薩半跏思惟像」の関連用語

弥勒菩薩半跏思惟像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

換気

クチナシイロウミウシ

飯田弘之

頤和園

松平容保

栂峰渓流水

岩座神

土系舗装





弥勒菩薩半跏思惟像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弥勒菩薩半跏思惟像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS