弘山晴美とは?

弘山 晴美 Harumi Hiroyama

所 属 大麻中(徳島)→鳴門高(徳島)→国士大資生堂
生年月日 1968年9月2日
出身 徳島県出身
身長体重 160cm/47kg
自己ベスト 1500m:4.11.10(1994.4 織田記念日本歴代5位
3000m:8.50.40(1994.6 ヘルシンキ日本歴代2位
5000m:15.03.67(1998.8 ストックホルム日本歴代2位
10000m:31.22.72(1997.10 日本選手権日本歴代8位
マラソン:2.22.56(2000.1 大阪国際日本歴代8位




写真提供/フォートキシモト
主要大会成績
大会 種目 順位 備考
1988年 日本選手権 1500m 9位
1989年 日本選手権 1500m 4位
1990年 日本選手権 1500m 11
1992年 日本選手権 1500m 1位 日本記録=当時
1992年 日本選手権 3000m 1位
1993年 日本選手権 3000m 1位
1993年 世界選手権 1500m 予選
1993年 世界選手権 3000m 予選
1994年 日本選手権 3000m 2位 日本記録=当時
1994年 アジア大会 3000m 2位
1995年 日本選手権 5000m 8位
1996年 日本選手権 10000m 4位
1996年 オリンピック 5000m 予選
1997年 日本選手権 10000m 1位
1997年 世界選手権 5000m 8位
1998年 名古屋国際女子マラソン マラソン 3位
1999年 世界選手権 10000m 4位
1999年 日本選手権 10000m 1位
2000年 大阪国際女子マラソン マラソン 2位
2000年 日本選手権 10000m 1位
2000年 オリンピック 10000m 20
2001年 日本選手権 5000m 8位
2001年 日本選手権 10000m 8位
2002年 大阪国際女子マラソン マラソン 2位
2002年 日本選手権 5000m 12
2002年 アジア大会 マラソン 2位
2003年 日本選手権 5000m 10
2003年 日本選手権 10000m 8位
2004年 大阪国際女子マラソン マラソン 5位
2004年 日本選手権 5000m 10
2004年 日本選手権 10000m 3位
2004年 オリンピック 10000m 18
2005年 日本選手権 5000m 14
2005年 日本選手権 10000m 2位
2005年 世界選手権 マラソン 8位
2006年 名古屋国際女子マラソン マラソン 1位
2007年 名古屋国際女子マラソン マラソン 2位
2007年 日本選手権 5000m 24
2007年 日本選手権 10000m 9位
2007年 名古屋国際女子マラソン マラソン 2位
2007年 北海道マラソン マラソン 3位
2008年 名古屋国際女子マラソン マラソン 9位

年次ベスト
種目 記録 備考
1500m 1992年 4.12.39 日本記録=当時
1993年 4.15.42
1994年 4.11.10 日本記録=当時
2003年 4.21.17
3000m 1992年 9.02.31
1993年 9.01.62
1994年 8.50.40 日本記録2回更新
1998年 9.12.70
5000m 1991年 16.55.00
1993年 15.30.78
1994年 15.33.53
1995年 15.28.17
1996年 15.09.69
1997年 15.07.75 日本記録=当時
1998年 15.03.67 日本記録=当時
1999年 15.21.04
2000年 15.20.36
2001年 15.29.37
2002年 15.57.73
2003年 15.31.78
2004年 15.25.70
2005年 15.42.52
2006年 15.25.43
2007年 16.11.79
10000m 1995年 32.03.35
1996年 31.43.99
1997年 31.22.72
1999年 31.26.84
2000年 31.59.60
2001年 31.39.80
2003年 31.32.27
2004年 31.34.08
2005年 31.34.79
2006年 31.49.15
2007年 33.08.89
マラソン 1991年 2.51.36.
1998年 2.28.12.
2000年 2.22.56.
2001年 2.29.01.
2002年 2.24.34.
2004年 2.31.07.
2005年 2.25.46.
2006年 2.23.26.
2007年 2.28.55.
2008年 2.29.50.

データ2008年4月1日現在のものです。


弘山晴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 06:42 UTC 版)

弘山 晴美(ひろやま はるみ、旧姓・鈴木。1968年9月2日 - )は、日本女子の元陸上競技中距離走長距離走マラソン)選手。現在は陸上競技の指導者及び昭和女子大学非常勤講師などを担当。夫も同じ陸上競技元選手・現指導者(2015年4月より筑波大学陸上部・長距離走コーチ)の弘山勉。現在1児の母。




  1. ^ 翌年の世界陸上パリ大会でも、女子マラソンでまたしても日本人代表選手がハム・ボンシルのコバンザメ走法に翻弄され、大南敬美が転倒しているが、野口みずきが銀メダル、千葉真子が銅メダル、坂本直子が4位入賞と、歴代でも1・2を争う複数入賞の好成績を収めている。
  2. ^ 現在は大阪国際女子マラソンの他、東京国際女子マラソンののち横浜国際女子マラソンを経てさいたま国際マラソンと、名古屋国際女子マラソンに替わり名古屋ウィメンズマラソンが、日本女子の国内三大マラソンとして扱われている。
  3. ^ マラソンの弘山さんが長女出産 母子ともに健康 共同通信 2010年3月9日閲覧


「弘山晴美」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「弘山晴美」の関連用語

弘山晴美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野尻あずさ

髙平慎士

鈴木雄介

石川和義

宇賀地強

松岡佑起

重友梨佐

高岡寿成





弘山晴美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2017 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弘山晴美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS