弔電 とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > > 弔電 の意味・解説 

ちょう でん てう- [0] 【弔電】

人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報。 → 祝電

弔電 【ちょうでん】

遺族向けて発信された弔う電報のこと。

電報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/02 03:26 UTC 版)

(弔電 から転送)

電報(でんぽう)とは、電信を用いた文書(「電文」という情報)の配達サービスである。郵便による信書より高速に通報出来る。


  1. ^ 国際電報のみ。なお、日本国内および一部国外向けの電報類似サービス「でんぽっぽ」を、KDDI100%子会社のKDDIエボルバが行っている。
  2. ^ 国内は「115」番、国際 (KDDI) は0120-44-5124
  3. ^ 外国電報のみ。0120-11-5931
  4. ^ “進化する電報”200社参入で激戦に、喪中見舞いにも最適!?日経トレンディ、2012年11月28日)
  5. ^ 総務省 (2009年6月1日). “電報類似サービス(電報に準ずる特定信書便役務)の受付用への115番の使用について (PDF)”. 2010年5月30日閲覧。
  6. ^ 1904(明治37)年5月7日 電報通信 【『読売新聞百二十年史』(読売新聞社, 1994)掲載】、実業史研究情報センター(公益財団法人渋沢栄一記念財団)、2009年5月7日。
  7. ^ 日露年鑑 1929年 日露貿易通信社
  8. ^ 昭和十四年度版 電務年鑑 ー( 4 )ー P.93 逓信省電務局 1939年12月28日
  9. ^ これ以外の指定略符号も、元々の意味から付けられた欧文モールス符号に対応する和文モールス符号による略符号が使われている。
  10. ^ メッセージ特集・大学合格電報
  11. ^ 『米電信会社、150年以上に及ぶ電報サービスに幕』Wired AP通信 2006年02月07日
  12. ^ American Telegram”. 2013年9月25日閲覧。


「電報」の続きの解説一覧

弔電

出典:『Wiktionary』 (2011/12/21 06:09 UTC 版)

名詞

ちょうでん

  1. 弔辞を記した電報
    わたし大連でその電報受取ったが、何分にも遠く懸け離れているので、単に弔電したにとどまって、その葬儀にもつらなることが出来なかった。(岡本綺堂深見夫人の死』)

発音

ちょ↗ーでん

関連語

翻訳






弔電 と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

弔電 に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「弔電 」の関連用語

弔電 のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




弔電 のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2014 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弔電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS