建築士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 建築士の意味・解説 

建築士

資格区分 国家資格
資格概要取得方法 【資格概要建築物設計工事監理などの業務を行うことができる資格です。建築構造違い規模大小により、一級二級木造の3つにわかれますが、中でも最上級一級とそれに順ずる二級人気が集まっています。 【取得方法国家試験に合格すれば資格を取得できますあらゆる構造規模建築物を扱うことのできる一級建築士は、建設業界の最高峰の資格となります。ぜひ一級取得目指したいところですが、建築土木に関する学歴持ち一定上の実務経験を積まなければ試験を受けることができません。そこで、条件に合う学歴を持たなければ、まず7年上の実務経験経て二級建築士取得し、その後4年上の実務経験を積んでから一級チャレンジする形になります。専門学校などで学び二級一級へとステップアップしていく方法あります
受験資格 二級: 1)最終学歴に応じ次の期間の実務経験を持つ者=建築に関する大学短大高等専門学校実務経験不要土木に関する大学短大高等専門学校1年以上、建築土木に関する高等学校3年以上 2)学歴を問わず7年上の実務経験を持つ者、ほか。 一級: 1)最終学歴に応じ次の期間の実務経験を持つ者=建築土木に関する大学2年以上、3年短大3年以上、2年短大高等専門学校4年以上 2)二級建築士取得4年上の実務経験を持つ者
受験料 1万5100円(一級二級とも)
合格率 一級10.5%、二級27.6%(2004年度)
試験日程 2級学科7月上旬設計製図9月下旬、1級学科7月下旬設計製図10月中旬
試験会場 全国主要都市実施
問い合わせ先 財団法人建築技術教育普及センター 104-0031東京都中央区京橋2-14-1 03-5524-3105 http://www.jaeic.or.jp/
取得後の職業/活かせる仕事 建築士の仕事は、設計工事監理をはじめ契約に関する事務法令条例にもとづく手続き代行のほか、建築コンサルティングにいたるまで多種多様となっています。建設会社住宅メーカー建築設計事務所工務店などに勤務するのが一般的です。また最近では、空間構造設計する知識技能などを応用し、ゲームクリエーター映像分野活躍するケースもあるようです

建築士

読み方ケンチクシ

概要解説 建築士の主な仕事は、一般住宅からオフィス公共建築物まであらゆる建築物企画設計工事監理。その他、建築確認申請建築物調査鑑定など、建築に関するさまざまな業務あります自分考えが実寸大で表現できるとてもやり甲斐のある職業です。資格には1級建築士2級建築士木造建築士があり、扱える建築物規模異なります。おもには1級は500m2以上の大型建築物を、2級は一般住宅店舗を、木造は300m2以下の木造建築を扱うことになります。 必要な能力資格など 建築士になるためには、専門学校大学など専門知識を学ぶことが必要です。また、建築士の資格を得るためには、実務経験が必要ですが、これらの学校で学ぶことで、実務経験期間を短縮することも可能です。建築士の多くは、建築設計事務所建設会社勤務しており、おもに設計業務工事監理あるいは現場監督などの仕事従事しています。また、一定期間勤務の後独立して設計事務所経営することも可能です。 関連する職業

けんちくし 建築士

建築士法によって定められた一級建築士及び二級建築士総称で、 免許を受けて設計工事監理等の業務を行うもの。 一級二級の別は一定規模により分けられるほか、一級建設大臣の、 二級都道府県知事の行う試験合格して免許与えられる

建築士

【用  語】建築士
よみがなけんちくし
【意  味】
 報酬得て設計を行う場合、持たねばならない公的資格有する者をいいます。
 
 ●一級建築士 すべての建物設計ができ、国家試験合格した者に与えられます。
 ●二級建築士 1000までの木造と、300までの鉄骨鉄筋建物設計できます
 ●木造建築士 300までの木造設計できます
 【関   連一級建築士二級建築士木造建築士

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

建築士

建築士法によって定められた一級二級木造建築士総称免許を受けて設計工事監理業務を行う。

建築士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/27 01:15 UTC 版)

建築士(けんちくし、英語: Architect)とは、建築物の設計及び工事監理を行う職業、あるいはその資格を持った者である。




  1. ^ ダグラス・ハーパー『オンライン・エティモロジー・ディクショナリー』(www.etymonline.com)
  2. ^ 法務省『日本法令外国語訳データベースシステム』(www.japaneselawtranslation.go.jp)
  3. ^ 公益財団法人建築技術教育普及センター(www.jaeic.or.jp)
  4. ^ 新しい建築士制度について 一般社団法人 新・建築士制度普及協会、2016年10月10日閲覧
  5. ^ 森博嗣著 森博嗣の浮遊研究室  ISBN 978-4840107501
  6. ^ a b c 「還暦を迎える建築士法 第10回:誰を建築士とするか」清水清孝、会誌「建築士」、社団法人日本建築士連合会、2010年8月号
  7. ^ 早野透『田中角栄』中央公論新社2012年、144頁。







建築士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「建築士」の関連用語

建築士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

別棟

内法

階段

2階床組

框

北側斜線制限

遣方

基礎





建築士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2017 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2017 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2017 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建築士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS