廣瀬英行とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本陸上競技連盟選手名鑑 > 廣瀬英行の意味・解説 

廣瀬 英行 Hideyuki Hirose

所 属 佐賀北高(佐賀)→慶應義塾
生年月日 1989年7月20日
出身 佐賀県
身長体重 176cm/62kg
自己ベスト 400m:45.84(2009.6 日本選手権




写真提供/フォート・キシモト アジャンシー・ショット

廣瀬英行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/11 04:44 UTC 版)

廣瀬 英行(ひろせ ひでゆき、1989年7月20日 - )は、佐賀県出身で短距離走が専門の陸上競技選手400mで45秒84の自己ベストを持つ。2009年ベルリン世界選手権2011年大邱世界選手権2013年モスクワ世界選手権と、3大会連続で世界選手権に出場した実績を持つ。


  1. ^ 富士通は決勝を棄権
  2. ^ 予選のみ出場。決勝の富士通は3分09秒56で優勝
  1. ^ 塾生インタビュー # 63 世界陸上経験者! 競走部廣瀬英行選手(環4)”. 慶應ジャーナル (2011年6月4日). 2015年1月28日閲覧。
  2. ^ 世陸代表メンバーに山崎謙吾ら3人追加”. 日刊スポーツ (2013年7月17日). 2015年1月28日閲覧。
  3. ^ 陸上競技部 選手引退のお知らせ”. 富士通 (2015年11月7日). 2015年11月8日閲覧。


「廣瀬英行」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「廣瀬英行」の関連用語

廣瀬英行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岩水嘉孝

早狩実紀

坂倉良子

桝見咲智子

重友梨佐

江里口匡史

大前祐介

嶋原清子





廣瀬英行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2017 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの廣瀬英行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS