広澤克実とは?

広澤 克実

広澤克実の画像 広澤克実の画像
芸名広澤 克実
芸名フリガナひろさわ かつみ
性別男性
生年月日1962/04/10
星座おひつじ座
干支寅年
身長185 cm
体重99 kg
URLhttp://www.bigbenn.jp/clients/katsumi-hirosawa/
ブログURLhttp://ameblo.jp/hirosawa-katsumi/
プロフィール栃木県生まれ。元プロ野球選手、現スポーツ解説者である。1983年東京六大学史上二人目の2シーズン連続首位打者獲得したほか、4試合連続本塁打リーグ新記録達成した。翌年ロサンゼルスオリンピック野球日本代表チーム一員として出場決勝戦ホームラン放ち金メダル獲得貢献する。1984年ドラフト1位ヤクルト入団ヤクルト主軸成し2度リーグ優勝(うち1度日本一)に貢献した。1994年オフFA宣言し、巨人入団メークドラマと呼ばれた1996年リーグ優勝にも貢献その後巨人自由契約となり、2000年野村監督率いる阪神移籍阪神時代お立ち台で「六甲おろし」を歌い、ファン愛され選手に。プロ野球史上巨人・阪神の両球団で4番を打っ唯一の選手となる。引退後はNHKスポーツニッポン野球解説務めるなど活躍し、2006年2008年までは阪神1軍打撃コーチ就任。またプロ野球選手には珍しい、柔道有段者でもある。
代表作品1ラジオ広澤克実とDr.イトーのレーザー交遊録!
代表作品2テレビコメンテーター『亀ちゃんのタイガースに檄!
職種スポーツ

» タレントデータバンクはこちら

広澤克実

以下の映画広澤克実関連しています。


広澤克実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/21 08:11 UTC 版)

広澤 克実(ひろさわ かつみ、本名:広沢 克己[要出典](読み同じ)、1962年4月10日 - )は、茨城県結城市[要出典][1]出身の元プロ野球選手内野手外野手)・指導者、野球解説者




  1. ^ 結城紬の魅力発信 大使に広沢克実さんら8人 茨城新聞 2012年11月6日配信 2013年1月18日閲覧 
  2. ^ この時にアメリカ代表チームだったシェーン・マックとは、後に巨人でチームメイトとなっている
  3. ^ 後年の文献では永久欠番と記述している物が見受けられるが(ベースボール・マガジン社『週刊プロ野球データファイル』等)、引退表明を1面で大きく扱ったサンケイスポーツ(東京版・1983年11月10日付)では、「球団は「背番号8」を保留欠番とし、来春3月下旬に引退試合を行うことを決めた。」とあり、明らかに誤りである。
  4. ^ 広沢氏「子供たちに夢を」=カンボジアコーチ就任を発表-野球”. 時事通信 (2011年11月28日). 2011年11月28日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ “広澤克実氏がカンボジア代表コーチ就任「五輪で野球復活を」”. スポーツニッポン. (2011年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/29/kiji/K20111129002133040.html 2013年8月23日閲覧。 
  6. ^ 本塁打・単打・三塁打・二塁打の順。この年は三塁打を1本しか打っていない。


「広澤克実」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

広澤克実に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「広澤克実」の関連用語

広澤克実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




広澤克実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2014 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広澤克実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS