幽遊白書とは?

幽遊白書

原題:
製作国:日本
製作年:1993
配給:東映
スタッフ
監督:阿部紀之 アベノリユキ
製作:布川ゆうじ 
プロデューサー:萩野賢 
原作:富樫義博 トガシヨシヒロ
脚本:大橋志吉 オオハシ
企画:大野実 オオノミノル

金田耕司 カネダコウジ

木村京太郎 

週刊少年ジャンプ 
作画監督:榎本明広 エノモトアキヒロ
撮影:福島敏行 フクシマトシユキ
音楽:本間勇輔 ホンマ
美術:池田祐二 イケダユウジ
編集:厨川治彦 

植松淳一 ウエマツジュンイチ
録音:水本完 ミズモト
スクリプター:清水賢治 シミズケンジ
キャスト(役名
佐々木望 ササキノゾム (浦飯幽助
深雪さなえ  (ぼたん)
田中真弓 タナカマユミ (コエンマ)
西村知道 ニシムラトモミチ (鬼)
千葉繁 チバシゲル (桑原
緒方恵美 オガタ (蔵馬
松本梨香 マツモトリカ (コアシュラ)
檜山修之 ヒヤマノブユキ (飛影
青野武 アオノタケシ (牙瑠餓())
解説
人間界潜り込んだ霊界犯罪人を捕らえる使命を持つ少年浦飯幽助活躍を描くアニメ。『週刊少年ジャンプ』(集英社・刊)に連載中で、TVアニメ放映中の富樫義博原作同名コミックの初の劇場映画化で、“93東映アニメフェア”の一本監督阿部紀之脚本大橋志吉担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
幽助はコエンマがコアシュラに誘拐されたとの知らせを受け、霊界支配する証である金印を携え救出に向かう。途中襲ってくる妖怪たちは桑原蔵馬飛影たちの活躍で倒し、金印をコエンマと交換にコアシュラに渡すが、その時突然部下の牙瑠餓が金印を奪い取った。全て霊界支配するために牙瑠餓の企んだ罠であり、コエンマと幼なじみのコアシュラも利用されていたのだった。牙瑠餓は凶暴嗄ヤシヤに変身幽助たちを襲うが、幽助決死の霊丸レイガンで倒すのだった

幽☆遊☆白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/22 16:13 UTC 版)

(幽遊白書 から転送)

幽☆遊☆白書[注 1]』(ゆうゆうはくしょ)は、冨樫義博による日本漫画作品。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b JCおよび一部での表記は『幽★遊★白書』。
  2. ^ 1994年15号のみ休載。
  3. ^ 前作『てんで性悪キューピッド』の名残であり、暗黒武術会まで、および終盤は主人公とヒロインの恋愛も重視されていた。

出典

  1. ^ MEDIA GUIDE 2013集英社AD NAVI
  2. ^ ジェネレーション天国 史上初!! 少年ジャンプ45周年記念コラボSP」(2013年8月5日放送)
  3. ^ 冨樫義博『HUNTER×HUNTER』第6巻 集英社<JC(ジャンプコミックス)>、1999年、46頁。
  4. ^ 冨樫義博、武内直子『冨樫義博王子♥武内直子姫 '98社会復帰宣言』 同人誌、1998年
  5. ^ 『霊界紳士録』188-189頁。
  6. ^ act.052「暗黒武術会開幕!!の巻」
  7. ^ act.164「幽助の土産」
  8. ^ a b 「パーフェクトファイルNO.1」108頁
  9. ^ a b アニメ第22話「闇の使者!戸愚呂兄弟」
  10. ^ “日本酒「美少年」生んだ熊本の清酒会社が破産 事業は別の会社に譲渡ずみ。”. MSN産経 (産経新聞社). (2014年6月6日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140606/biz14060617100013-n1.htm 2014年6月29日閲覧。 
  11. ^ 連載終了後に発売された『幽☆遊☆白書』関連CDのスタッフクレジットに名前が記載されている。


「幽☆遊☆白書」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幽遊白書」の関連用語

幽遊白書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




幽遊白書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幽☆遊☆白書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS