幻住庵跡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 幻住庵 > 幻住庵跡の意味・解説 

幻住庵跡

読み方げんじゅうあんあと

国分二丁目近津尾(ちかつお)神社境内松尾芭蕉貞享2年(1685)初め大津訪れ以降大津風光こよなく愛し多く門人をもった。その門人一人菅沼曲水叔父の庵を改修して芭蕉に提供したのが幻住庵である。この地で、名文として有名な「幻住庵記」が生まれた。平成3年幻住庵建物新築公開されている。

交通アクセス

JR石山駅から京阪バス国分団地国分町下車徒歩10

関連事項

義仲寺 竜が丘俳人墓地 

幻住庵跡






幻住庵跡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幻住庵跡」の関連用語

幻住庵跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

近江八景

還来神社

比叡山坂本ケーブル

みたらし祭り

和田神社

聖衆来迎寺

佐久奈度神社

御所の山





幻住庵跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2017 Weblio RSS